« さあ前向きに | トップページ | 34試合中の1試合として »

2007年4月26日 (木)

なんだかんだ安心した---練習試合鹿島流大戦

小雨降るクラブハウス、アップ中笑顔で話している。
---先週末せつなさ全開だった鎌田君@流経キャプテン。
当然だけど、彼もまた気持ちを切り替え目の前の試合に前向きに取り
組むつもりだったようだ。おばちゃん、安心したよ(笑)。
鹿島の選手で一人だけ先にピッチに現れたのが船山兄君。
後輩達が挨拶する中コーチの方としばし談笑。
大岩も流経のコーチの方に会釈していた。清商か筑波での知合いか?



流大は東学大戦のメンバーがベースで、GK飯塚君、MF武井君、楠瀬
君あたりが加わったメンバー--だと思う、たぶん?(適当です)
林君は広島のU20合宿から戻ったばかりだから来なかった模様。
とはいえ広島で一緒だった遠藤君@ハットおめでとう は鹿島のスタメン
だったのだけど。 それと、飯田君はどうしたことだろう?
まだメンバーは流動的だけど一応昨日現在のベストメンバーと判断して
よいのかな。



一方鹿島はサブメンバーで臨む(オフィシャル参照)
怪我から復帰した田代・大岩のプレーが一番の注目だった。
それとやはり兄弟対決ですわな。
拓也は実戦慣れのための出場だったのでしょう。


互角の時間帯が結構あり、というか流大の攻撃がなかなか良かったのを
見て、これなら次節国士大戦はいけそうに思えた。
#プロである相手がそれでいいんかという問題はこの際置いとく(爆)。


攻撃の中心は7番楠瀬君@加地君似の左サイド。
彼はFC岐阜戦でも良かったのだ。
果敢に飛び出していきドリブルで切れ込んだりマイナスクロスなど攻撃の
チャンスを多く作っていた。
本来は平木君のポジション、平木君もあんなプレーを昨年はしてたような。


昨年その平木君によって右サイドにポジション移動していた船山兄君は
昨日はボランチのポジション。
昨年は右サイドで手を上げてもボールがあまり来ないシーンを何度か
見たけど、昨日はさすがにそんなことはなく、インターセプトしてはうまく
ボールを散らしたり遠藤君とチャンスを作ったりとさすがのプレーを
見せていた(と思う)。
やっぱり、ボールに触ってなんぼの選手なんだろうな。もう左SBは見たく
ないっす。


一対一のシーンでは、兄弟対決・新旧10番対決・鎌田君との対決など
いろいろあり面白かった。
鎌田君が厳しめのファウルで倒し笑顔で先輩の手を引っ張ったりね。
彼は指示が的確でヨミがあり足元は巧いしでやはり良いCBだ。
同じピッチに剛ちゃんというお手本がいたから、いろいろと吸収してくれ
たら良いなと思う(余計なお世話でしょうが)。


弟君もキレがあってなかなか頑張っていたと思う。池田君はシュートを
果敢に打っていたのだけど、あとは精度ね(これが一番難しい・・か)。



さて鹿島で切実な問題、次節誰がマルキの相方になるかですが。
田代は戻ったばかりだからか、接触プレーですぐ倒れたり今ひとつ消
えてたり(高さは相変わらず見事だったけど)で、スタメンは厳しいかも
しれない。
では慎三かというと、遠藤君のクロスにフリーでヘッドを決めたのは見事
(一昨年のナビ清水戦?と同じようなプレー)だったけど、最近の癖なの
かペナ付近で踏ん張ってシュートの前に倒れちゃう。
なかなかファウルをもらえない現状だと逆襲を食らうことになる。
うーん、二階で観戦していたオリベイラも悩んでることでしょう。
清水戦の左サイド守備が良かったダニーロ、浦和の右はそれほど怖くな
い(よね、たぶん・・・)から浦和戦では彼をFWにするのが妥当かも。
スピードなくてもヘッドで競う高さがあるから。
拓也FWはオリベイラの発想にはなさそうだし。


このメンバーでは拓也・剛ちゃんは反則だろう。
拓也は低めの位置からのインターセプトや散らし・飛び出し・シュートと
流しつつもさすがのプレーが見られた。
剛ちゃんはね、もうなんと言うか見ていて安心する。
指示をしインターセプトしまくってね。
ちなみに失点は彼が下がって大道君がCBに入って(!)からだった。
#いくら二列目過多でCBが薄いからって大道君のCBは泣けるよ・・・。


四六時中小澤・大岩らから指示されまくっていたのが右SBの當間君。
「青木!」は超えたと思われ。
実際、ポジショニングが悪くてボールが出てからあわててうごいたり
パスミスが多かったりで、指示されっぱなしなのは仕方ないかも。
頑張れ當間君、不慣れな右SB、今は何でも吸収の時。



遠藤君は広島から戻ったばかりなのに疲れはあまり感じさせなかった。
ただ、相変わらず左SB(昨日は石神君)にパスを出さないシーンが何
度かありせっかくのチャンスをつぶしたりもあった。
#それなのに自分がボールが来ないと「あー、もう」とぼやく、若いね(笑)。
    彼に「ヤス」と声をかける船山君、さすが弟より年下の扱いはわかって
    いる(笑)。


ぼやくというか指示で語っていたのは後半入ったよっしー。
ボランチで安定感あるプレーをしていた。でも展開力ではさすがに船山
君には負けるかな。いいぞいいぞ、どんどん競争してくれないと。
小谷野君のスピード・キレや竜太のゴール、どちらも今後が楽しみ。
ちなみに、康平は別メらしくランニングしていた。どこを傷めたのかな。



一番気になっていた鹿島スカウト陣両氏とも試合を見学していたのが
昨日最大の安心材料でした(笑)。
個人的に見てほしかった武井君は無難な出来だったけど。

|

« さあ前向きに | トップページ | 34試合中の1試合として »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14849832

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかんだ安心した---練習試合鹿島流大戦:

» 敵状視察 アウェー 鹿島戦 [與野レッズBlog]
2004年に勝っているからそんなに強烈な印象は無いですが、苦手なというか勝ちの少 [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 21時59分

« さあ前向きに | トップページ | 34試合中の1試合として »