« 34試合中の1試合として | トップページ | 2日経過後レッズ戦を少し振り返る »

2007年4月29日 (日)

雷を吹き飛ばせ---柏名古屋戦@日立台

今日も日立台劇場は健在だった。
いや、雷雨を引きつれていつも以上にパワーアップしていたと思われ。
キックオフ50分間遅れの間、メイン女子トイレでひたすら待った(笑)
甲斐あった良い試合だった。



前エントリーで書いたポイント、
「チュンソン・ミノルの活躍で苦しいチームを救えるか真価が問われ」
たわけだけど、結果はアベックゴール、また選手全員の気迫と執念が
実った勝利だった。
甲府戦の敗戦からまー君&フランサまで不在と状況はさらに厳しい
中で勝利をもぎとった。これは大きいね。



序盤名古屋の方が押し気味に見えた時間帯、チュンソンがCKこぼれ
球を押し込みゴールしてから、柏のプレスが実を結びだす。
一番効いていたのはアルセウ。
ノブリンはエルゴラによると「アルセウに比べ山根はボールを奪う」と
言ったらしいけど、なんのなんの、今日は奪いまくり散らしのパスを
連発していたもの(次節出場停止が痛い・・・)。
ちばぎん・磐田戦・そして今日と、アルセウを見れば見るほど鹿島が
ほしいボランチはまさに彼みたいな選手と、鹿サポ的には涎を垂らし
たのは内緒にしたい事実です。
だから、謎のイエロー二枚で彼が退場した時「お疲れ様」の拍手を
送った柏サポと一緒に私も拍手した次第(本人もそれに応えていたな)。



それと。
蔵川の守備に戻る時の速さに改めて驚嘆する。
ターボ的加速がナラっぽい。いい右SBだわ、ホントに。
イバもスピードあるんだからあれくらいの速度で戻ってボールをサイドで
クリアしてほしい。ずるずる下がるだけでなくね。。。。
今日は大谷も守備が良く両SB守備に貢献していた(杉本対策か?)


ミノルの二点目、相変わらずシュートがホント巧い!
本当は左サイドでやりたいだろうけど。
でも左45度以外に右45度も得意だったのか。彼も守備に戻る速度や
ボールの奪い方が巧くて、様々な場面でチームに貢献していた。


谷澤は良い時の谷澤だった。
いろんな場面で気の利いたプレーをしていたし、仲良しチュンソンとの
パス交換などはあはあするシーンもあった。
あの谷澤が(爆)守備で貢献するなんて、驚くわーー(ごめん)


さてチュンソン。1トップで孤立しないか試合前の心配は杞憂だった。
浮き球・ヒールなどフランサ師匠を彷彿とさせるプレーもあった(成功
率はそれほど高くはなく)けど、彼にしかできないプレーも多かったと思う。
相手との競い合いで倒れながらも体を入れてボールを奪い、そこから
起点となってミノル・谷澤・平山へパスを供給。
何よりミノルとのコンビ力がアップ、これは大きい。#反町、見たかーー。
チュンソンなりの1トップはかくあるべしを見せてくれたと思う。
ぶっちゃけ、ゴールキック後の空中戦は増川らに完敗、ロングボールの
目測・ポジショニングは今後の課題と見た。



ところで、50分遅れだったためにヒーローインタビュー直前でスカパー
録画が終わってしまったけど、ミノルとのピーピー(笑)インタビューを
フルで見るには再放送まで待たなきゃダメでしょうか?
聞き取れないところがあったもので。
あの2人が仲良さそうにしててそれが萌えーだった(笑)。
チュンソン、相変わらずピーピーと甲高い声でノリノリで、・・・あれは
やばい----うん、軽いわー(笑)。
気迫溢れたプレーとプレーを離れた時との落差が激しいのが彼の魅力
だとはわかってるんだけどね、うひゃひゃひゃーー・・・
----ま、可愛いからいっか(笑)。にんにくパワーのおかげね。

柏の集中力・状況に応じた戦い方には大きな力をもらえた気がする。
チームで戦うサッカーっていいなとしみじみ思う。
鹿島もこんな試合が明日できるようにと心の底から願います。
(明日の試合の展望は書く時間なさそうだ・・)

|

« 34試合中の1試合として | トップページ | 2日経過後レッズ戦を少し振り返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14880138

この記事へのトラックバック一覧です: 雷を吹き飛ばせ---柏名古屋戦@日立台:

« 34試合中の1試合として | トップページ | 2日経過後レッズ戦を少し振り返る »