« 夢の島・フクアリ掛け持ち観戦 | トップページ | 何でそうなるの »

2007年4月10日 (火)

ボランチの重要性

ここで数回書いてきた成田君@流経新一年生 の動向ですが。



早くググれば良かったのですが、こちらによると高校選抜が出場した
デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会でFWとして全試合スタメン
出場した模様です。
相方はその都度変わるのに彼だけは常に先発。期待が大きい・・?
残念ながら、全敗でかつ無得点。それは悔しいでしょう。
そろそろ帰国する頃か。
新たな舞台でまたイチから精進していってくれたらと願ってます。
昨日夢の島で配布していたエルゴラ大学リーグ版には注目ルーキーと
して「動き出しの鋭さは天下一品」と紹介されてました。
やはり楽しみですね。
船山君と2人ピッチに並ぶ姿がいつか見られるか。



ところで。
昨日のフクアリで思ったのは、当たり前のことだけどボランチの視野の
広さと運動量がチームの肝だと。
千葉は下村がうまくインターセプトしては散らし時に飛び出しを繰り返し
てました。
ちばぎんの頃と比べるとやっとチームにフィットしてきた様子です。
こういう選手がいると崩れない気がします。


鹿島には核となるボランチが不在(と何年言ってきたろう)。
バックパス多様の青木・誓志・中後らにドリブルなりランなり前への
突進力を求めるのは間違いなんでしょうかね。
この中では中後に期待してますが。
青木は正直向いてないと思うし、誓志も二列目の選手。
いっそのことヨミが素晴らしい剛ちゃんがボランチやったらと思う。


そういえば、剛ちゃんの清商・筑波の先輩藤田は今は1ボランチで
頑張ってるらしい。
広島戦で得点機会阻止で一発退場だったそうですが、1ボランチと
してそういうファウルをおかした彼は役割を果たしていると変に感心
してしまいました(もともと警告が少ない彼だけにね)。



来年の補強を考えると、ここは即戦力ボランチがほしい。
で、流経の武井君なんて良いなあと(他所に行ってしまいそうだけど)。
彼はインターセプトと運動量と散らしとありますからね。
ルックスが良い選手を狙う点も鹿島向き(笑)。
ボランチといえば本田拓也もいるが・・・こちらはパスしたいような(ぼそ)。


日程的になかなか流経の試合を見られないところ、またまた掛け持ち
観戦計画をたてました。

21日 ⇒ 流大東学大戦@臨海と鹿島清水戦@日本平(指定)の掛け持ち
22日 ⇒ FC岐阜流大戦@長良川


流経の2チームが見られるわけです。これは楽しみ。 
一方FC岐阜も今年ぜひとも見たかったチーム。
現在JFL首位。片桐・平岡・宏美・和多田・小峯と多士済々ですからね
(大友君はベンチ入りしてないのか。つーか、JFLの7人ベンチに驚く)

|

« 夢の島・フクアリ掛け持ち観戦 | トップページ | 何でそうなるの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14618711

この記事へのトラックバック一覧です: ボランチの重要性:

« 夢の島・フクアリ掛け持ち観戦 | トップページ | 何でそうなるの »