« せつない週末 PartⅠ | トップページ | さあ前向きに »

2007年4月23日 (月)

せつない週末 PartⅡ

PartⅠでは、何がせつないのかおそらくわからないですね(^^;)。
ではPartⅡで詳細を、と、その前に。
鹿島オフィシャルにヤナギは全治3ケ月(!)、岩政が全治6週間と
発表されました。これが一番せつない話になるとは、うわん(涙)。
ヤナギの復帰は8月の後半戦からかなあ。とにかくじっくり治して・・。



さて、日本平での勝利後山越えシャトルバス(今回も少し酔った)で
静岡へ。
ホテルでは缶ビール片手に祝杯をあげつつスーパーサッカーを見る。
この時点ではヤナギ・岩政の負傷は知らず、ヤナギ2点目を生んだ
マルキ・拓也の動きにうっとり。(現地で見損ねてますから)
また小瀬の悲劇にorz。これがせつない・・・。
頭を負傷し救急車に運ばれる石川・まー君退場・チュンソン魂のゴール・
終盤の逆転劇と次々起こるアクシデント。まー君グラ戦はアウトか・・。



翌日はのんびりと静岡⇒名古屋⇒岐阜と移動し、ラーメンを食べた後
長良川陸上競技場へ。ここは初めてだった。


ここで教訓2つ。
1.JFLの試合はサッカー後援会特典でなく正規にカテ1を購入すべし。
    特典のカテ3はバックゴール裏の芝生席。トラックがありとても遠い。
    大学サッカー観戦慣れした目ではメインで観戦したいところ。
    しかも試合終了後にプログラムを購入したのでFC岐阜の選手は
    よくわからないまま。(ザスパを退団した齋藤竜が出てたとは・・)
    電光掲示板に両チーム選手名を表示していれば良かったのになー。

2.トイレは早めにこまめに行っておくこと--私は子供か?(笑)。
    メインのトイレを眺めつつバックの席を確保してからでいいやと移動
    したがバックにはトイレがない!(階段下通路は鍵がかかり出られず)
    結局一周してメインに戻る羽目にあい、ギリギリセーフ(何が?)。
    席に戻ったときはキックオフ5分経過、情けなー。



さて、まず流経のメンバーを見て驚く。
昨日臨海でフル出場の鎌田主将・宮崎君らがピッチに立っている!
鎌田君は主将の責任を感じてるのか昨日の敗戦を受けてなのかな。
また、昨日控えだった武井君・金久保君・楠瀬君・徐君・飯塚君がスタメン。


雨でスリッピーな中、出だしは両チーム結構互角だったと思う。
流経は前日の試合よりもスペースを意識したサッカーを展開していた。
楠瀬君・金久保君あたりがサイドにうまく進入していたのには相手も
手を焼いていたんじゃないかな。
さすがにジョルジーニョ@ウェズレイ弟や片桐の2トップは怖くて、
何度もゴール付近に迫るものの鎌田君を始め落ち着いて対応していた。



ところが、一瞬の隙を突かれ最後は片桐が見事に抜け出してのループを
決め失点を食らう。あれは仕方ないか。

前半終了間際に金久保君が足を痛めそのまま交代。
昨年のインカレの時から結構注目している選手なだけに残念・・・。
後半は徐々に焦りが見え始め、そこをうまく突かれ守備に追われる。
片桐からのパスを受けジョルジーニョがゴールで二点目。
三点目は北村主将@やりすぎジダンかと思ったら菊池だったのね、
あら、そうですか。
この後は防戦一方で一本惜しいシュートがあったくらいで3-0で敗戦。


一方のFC岐阜はというと。
片桐は故あって(たいした理由ではない)わりと応援していた選手。
地元岐阜でエースの貫禄を見せつける勇姿には当方も感慨深い。
宏美ちゃんも頑張っていたし小峯ブーは徐君とやりあった後爽やかに
挨拶してたし(笑)、お目当て平岡が見られなかったのが残念なくらいかな。


応援でいえば、岐阜はあっこちゃん@ジェフ多用(東学もそうだった)。
一方、臨海では「おー、カシマ」の替歌を使う流経、地元茨城だからかな。
偉い、やっぱりこっちを応援しちゃう(笑)。(長良川には応援団不在)


終了後流経の選手達は挨拶後ベンチ脇で座り込みしばらくそのまま。
せつない彼らの姿。
特に二日連続フル出場の鎌田主将の心境はいかに・・・・。
これにはさらに続きがあって。


名古屋に戻り、駅地下で山本屋煮込みうどんを食べ太閤口へ上がると、
あらら、目の前に青赤ジャージの流経選手達ご一行様が。
悄然としていた(ように見えた)鎌田君の姿にこちらはさらにせつなくなり。
プロと違い大学生は自分達で何事もするので、お弁当・お茶を買う
後輩達を待っていたのだろうけど。
心の中で「次は頑張って」と声をかけその場を離れる。


新幹線ホームに上がりぷらっとこだま乗車口で待っていると、前に出発
するのぞみを待つ数名の男性。
あら、あれは岡ちゃん@岡田元Fマリ監督ではあるまいか。
講演か何かでもあったのでしょうか。
先週に引き続き偶然の重なる日曜日でもあった。
携帯をチェックしていたのは、もしかしてマリノス爆勝の速報かな・・・?
長身で浅黒くやや白髪混じりも若々しい印象。(ヒロミより2才年上よね)
ちなみにグリーン車両ではないです。そんなところも好感度アップか。


若者達のせつない姿を見た後に岡ちゃんに救われるとはまさかの顛末
でした(^^;)。

|

« せつない週末 PartⅠ | トップページ | さあ前向きに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14821604

この記事へのトラックバック一覧です: せつない週末 PartⅡ:

« せつない週末 PartⅠ | トップページ | さあ前向きに »