« お誕生日おめでとう | トップページ | ヤナギはわかっている---ナビ新潟戦(H) »

2007年3月25日 (日)

久しぶりの練習見学

結局あまり眠らないまま必死に支度して、クラブハウスまで行って
まいりました。

着いたのは9時半過ぎ。
うららかな春の日差しが降りそそぎ、うとうとすること数回。
いかんいかん、チームの様子が心配で来たっつーのに。



スタメンらしきメンバーに長いことミーティングするオリヴェイラ。
控え組はその間パス交換などして待ってました。


紅白戦かと思いきや、セットプレー守備練習を始める。
そうそう、今年はほとんどこれで失点してるからしっかり修正せねばね。
これがねー、今ひとつクリアがはっきりしないとかゴールされたりとかで
まだまだ修正の道は厳しいのかも・・・なんて心配にはなりました。



途中で岩政がうつぶせに倒れしばらく動かず。
ピッチの外に出た後はしばらく立ったまま。ストレッチ・ジョギングを
していつの間にか引き上げてました。
私は気がつかなかったのだけど、新潟戦でも矢野貴章と競って腰から
落ちたので、大事を取ったのではと知合いが言ってたんですが、
どうだろう・・・?
#貴章、ゴールをプレゼントし代表選出に力を大いに貸した(爆)鹿島
   には感謝してよね。ペルー戦ゴール決めてくれたら良かったのに。



練習はここでメンバー攻守逆となり、CK・FKの攻撃練習。
ただし、GKは引き続いてソガ、人数は攻撃側が一枚少ないまま。
練習からやっておけば二度あることは三度あってもあわてないね(^^;)。
攻撃のパターンをいろいろと試ししました。成功を祈る。

このときセンターサークル付近にいるイバ・篤人、そして慎三はボールが
来ないので何度か笑顔で話してました。
あ、でも、攻撃に転じミスをした中後にはイバが「最後のは余計だ」と
指摘してました。ちゃんと見るところは見て指示もしてますよー。
モトのシュートに精度がないのが気になる。お疲れか?



数名がFKの練習。面白シーンがいくつかあったけどそれは割愛。
若手組は、ハーフコートで攻撃練習。このとき船山君は最後まで
左SBとして守備側要員。そう、そうなのか・・・。
このときのオリベイラ、大声出しまくり。セレーゾっぽい気がしたりして。



徐々に皆引き上げ、残ったのはブラジル人3人に本山・中後・篤人の
三人組。

その時。  私は見た。
中後が右手に握り締めた白いものがファボンの手に渡るのを。



ファンサラインでのファンサを最初に終わった中後がロッカールーム
付近にたたずんでいる。
次に来たのはファボン、そしてマルキ。

マルキがロッカールームのドアを開けた瞬間後ろから中後・ファボンの
卵爆弾がどかーん(笑)。
マルキ、固まって呆然としてた(笑)。心配のひとつはここで解消(^^)。
長年の練習見学でブラジル式誕生祝を見たのは今日が初めてだったよ。



拓也はウォーキング、そしてジョギングまで進んでいた。
完全合流はもう少しかな。
大岩は普通のスピードでランニング。一日も早く合流を。
そして田代は見かけず・・。もしかして拓也の方が早いかも。


夜帰宅後ペルー戦をテレビ観戦。
前半の既視感はなんだ。
なんだか、21日のナビ新潟戦の鹿島ではあるまいか。
後ろから左右に回し続けるもののペナ内のいざというところで打てず
奪われ、または打つが目の前のDFにかっとされ。
なーんだ、代表=鹿島なのか(自爆)。
つーか、鹿島じゃあるまいしオシムジャパンなのに足元が多い。
スペースを使っているのは駒野だけ。


なんて思っていたら、後半憲剛・羽生が入ったら様子が一変した。
やっぱり憲剛はいい選手だ。
ここに家長が入ったらなーなんて思ったら、藤本・水野と三枚変えで
出てきた。やはりU22世代が入ると叱咤激励モードで応援したくなるわ。
ま、家長の出来は5分では推し量れなかった。エンジンかかるの遅いん
だものね、いつも。


前半と後半の違いが、99年頃のフル代表とU22代表の違いのよう
に見えた。またこうして世代交代していくのだなあ。


さて、不安を心に残しつつも明日のナビ新潟戦こそ初勝利すると信じて
もう寝ましょう。雨あがるといいな。

|

« お誕生日おめでとう | トップページ | ヤナギはわかっている---ナビ新潟戦(H) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14376873

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの練習見学:

« お誕生日おめでとう | トップページ | ヤナギはわかっている---ナビ新潟戦(H) »