« ガンバ戦こぼれ話 | トップページ | 明日は千葉戦だけど »

2007年3月15日 (木)

U22マレーシア戦

とにかく、チュンソン、おめでとう!


平山に代わってピッチに入った時から気合入った顔してるなーと思って
いたら、さっそく結果を出した。ゴールを見て涙出たよ・・・
二週間前国立で試合終了後しょぼんとした顔を見てるだけにね。


家長のドリブルと切り替えしは見事(ああいうのを篤人がしないと)、
ふくらみながらあそこに走りこんだチュンソンも見事だった。
あのゴールはストライカー李の面目躍如と思う。
昨年もDFと競ったああいうゴールを多く決めていたっけね。
やっとU22代表の一員になれた気持ちだろうなあ、これからだよね。
彼は2トップの一角または中央で勝負する選手だと思う。
182cmと高さもそれなりにあるんだから、平山のかわりの1トップ起用も
いけるんではないか。少なくとも3トップのサイド向きではないと思う。


試合の方は、水がたまるヒドいピッチコンディションを理解するのに
時間がかかったのか、ショートでつなごうとしては取られ大きく運ばれ
ボールが奪われゴール前まで運ばれたりで、厳しかった。
先制点は本田のCKミス(んー、相変わらず何とかしてくれ)がフェイントに
なり、そこへ平山が混戦を押し込んだもの。
まあ、実況青島アナの言うようにどんな形でもゴールはゴールだけどね。


あとは皆疲れていたのかDFをひきつける動きが少なかった気がする。
誓志は、ミスが多くて空回っていたかなあ。
#にしても、いつのまに手を怪我したんだ?

しかし、シュートが枠を捉えられない。
誓志・青山・そしてやっぱり家長ーー。
ホント、一度は見たいよ、君の枠をとらえたシュート。


失点シーンは林君の指示ミスだったのか。林君、こういう経験を次に
いかそう。大器なのは間違いない。



それにしても、昨晩は残業後帰宅し、フジ739の生中継に何とか間に
合いマレーシア戦を見て、続けて相棒最終回の録画をうつらうつらしつつ
何とか最後まで見てと、ハードな一晩を過ごしたもんだ。
また半年後であろうシーズンⅥが待ち遠しい。

|

« ガンバ戦こぼれ話 | トップページ | 明日は千葉戦だけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14267725

この記事へのトラックバック一覧です: U22マレーシア戦:

« ガンバ戦こぼれ話 | トップページ | 明日は千葉戦だけど »