« CLもACLもあるけど | トップページ | 試練は乗り越えるもの--ガンバ戦 »

2007年3月11日 (日)

」明日は我が--

いよいよついにホーム開幕ガンバ戦。
正直、ホーム開幕がこれほど怖いいシーズンも近年あまりなかったか
もしれない。
そういえば、ヒロミ初陣の東京に4-0で負けた2002年も次ホーム清水
戦で当時は敵のバロンにVゴール決められたっけ。この年に近(ry)。



調整・連携不足に岩政出場停止の川崎戦直後が底だと思っていたら、
次々と怪我人情報が出る出る。
DFライン全滅との昨日スポニチ報道には目の前まっくらになり現実逃避
したくなった。



今日は今日とて田代の膝負傷発表にヤナギ腰痛説まで。
もう何でもどーんと来いや、ちょっとのことでは驚かないっつー心境にも
なってきた。
大岩は流経戦の負傷が尾を引いているのか。明日の出場は回避かな。
ファボンは背筋痛とか、何とかなるのかな・・。
篤人・イバの別メ情報も心配だ。
イバは川崎戦前半に相手との接触プレーで足首をしきりに気にしていた
ので、ハーフタイム終了後いつものようにゆっくり出てきてくれて、ほっと
したのだけど、やはりあれが影響しているのかなあ。
篤人はいつの間にというカンジではある。


一試合しただけでこれだけ怪我人が出てくるのはどういうことだ。
フィジコは昨年のジルバン氏が優秀だったということか。昨年のみは珍しく
怪我人が少なかった。
だいたい、オジーだってフィジコ出身なのに・・。頼むよ、ホント。



今日は大宮のホーム開幕戦(FC東京戦)を観戦に行ったのだけど。

ホーム開幕で大敗はやっちゃいけない(きっぱり)。
大宮は桜井が出なかったのは怪我? そのほかはそれほど怪我人は
いないと思われ、それであのサッカーはまずいと思うよ。
新外人FWはフィットせず、選手同士がどう動いてよいかわからないのか
選手同士の距離が遠くて判断も遅くボールを奪われるシーンが多い。
前線に放り込んでもあまり効果的ではなく。
自慢の大悟はFW起用も消え、早十が頑張っていたくらいか。
大宮の今シーズンが心配になってきた・・。
来年大宮公園で鹿島と対戦するのを楽しみにしてるんだから、頑張れよー。



あー、大宮が明日の我が身(鹿島)に見えてきた。
鹿島はもう少しは形になるかなあと慰めたりもしてるけど(え?)。


一方東京は、ハラ東京らしい中盤の激しいプレスからハーフカウンターが
復活、まだまだ完全とはとてもいえないけど、にしても目指す方向は見え
たカンジだった。
久しぶりに見た栗澤と石川が効いてた。今年は徳永がCBなのね。
やっぱり、東京や最近の柏のようにプレッシング&ハーフカウンター
サッカーは自分の好みにあってると再認識した次第。
だから、昨年の嵌ったときのパウロ鹿島はわくわくしたもんだけど、
今年はどうなるだろう?



試合前のスクリーンに映った両チームの選手の様子が面白かった。
小林慶行に話しかける金澤。
年は1才違い駒大と国士大とで戦った仲で埼玉出身同士。
(弟の亮は金澤と同じ武南)。
慶行はやはり亮とは全然似てない。どっちかというと岩政に似てる気が。
ボランチとしてガツガツボールを奪うプレーは健在だった。


後ろから佐伯の頭をちょんとつつく福西。佐伯はジュビロがプロ最初だった
っけ。
友人が神戸時代の頃佐伯をよく褒めていたけど、うーん、今日はぱっと
しなかった気がする。

福西と波戸は代表でも一緒だったと思うのに挨拶していた気配はなし。
そんなものか。


明日カシマで何があっても驚かないと思う(思いたい)。
名波に「誰が出ても鹿島は鹿島」とかつて言われた伝統を、少しだけでも
見せてくれれば・・・。

|

« CLもACLもあるけど | トップページ | 試練は乗り越えるもの--ガンバ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14218571

この記事へのトラックバック一覧です: 」明日は我が--:

» 腰痛防止の知恵 [腰痛防止の知恵]
腰痛防止の知恵 [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 07時46分

« CLもACLもあるけど | トップページ | 試練は乗り越えるもの--ガンバ戦 »