« 」明日は我が-- | トップページ | ガンバ戦こぼれ話 »

2007年3月13日 (火)

試練は乗り越えるもの--ガンバ戦

ガンバ戦。結果は残念だったけど。


前日の大宮を見て「明日は我が身」と覚悟しまくりながら観戦したからか、
0-1の敗戦にも落ち込み度合いは川崎戦ほどではなかった気がする。



まあ、試合後帰宅してネットや放送はほとんど見ずに、「風林火山」の今川
三人組の密談シーンを何度も再生してるうちに眠ってしまった。
今年の大河、面白いわー。
お気に入りだったてるてる家族・クライマーズハイのホンを書いた大森氏の
脚本がすごくいいし、主役の内田聖陽ほか役者陣がまた揃ってます。
今川三人組の伊武雅刀・藤村志保・谷原章介(彼は良い意味でイメージを
裏切ったなー)は怪しさ満載、また石橋蓮ちゃんの使い方が渋い。
#今年は、風林火山に癒され週末を多く迎えそう・・・




値段の安さ(5日で¥8,000、¥1,600/日)に惹かれ縁がなかった青春
18切符を購入し、今回はカシマスタまで自宅のJR駅より往復してみました。
武蔵野線に乗り換え、新松戸-我孫子-成田-鹿島神宮-カシマスタジアムと
いうルート。
乗り換えを繰り返していくのがゲーム感覚で結構面白いもんでした。

途中新松戸で乗換え2分はわかっていたので常磐線ホームに飛び込むと、
下りホームに停車していた電車車両の「松戸」行きとある。
え? ホーム逆だけどこれは上りか、下りはこの後かと発車した車両をやり
過ごしたら後ろの車両には「我孫子」行きと。
えーーー!! なぜあの車両だけ松戸なんて書いてあるんだーー。
JRのあほーーー。


次の我孫子行きを待ちながら携帯の某ソフトで乗継ぎ確認をすると我孫子
で30分以上も待たないと成田から先がないらしい。
まあ、次の我孫子行きに乗り我孫子でもとりあえず普通に来た成田行きで
成田に向かうと、もともと予定していた鹿島神宮行きが2分後に出るでは
ないか!(^^)。
大慌てで乗り込み、ここで失敗を取り戻し予定通りの時間で鹿島神宮駅へ
向かえたのでした。


成田で近くに座ってきた人たち、会話から察するにマリサポだった模様。
昨晩の横浜ダービーで中沢・菅野のやり取りを話し菅野に怒っていた。
#私も後半からテレビで見たけど、難ちゃん登場で俄然横浜FC応援モー
   ドに。菅野のあのプレーはGKならあるっちゃーあるでしょう。
   乾のドリブルは面白いしアーリアは大型ボランチ、2人とも楽しみでしょ。
彼らに神宮駅からの行き方を問われ、電車はJRでないから別料金になる
と答え、結局彼らはバスを利用したようだった。


が。青春18きっぷでカシマスタジアム駅まで行けるんですね。
あらー、彼らに悪いことしてしまった。アウェイの洗礼--今回は違うのにね。
帰りも同じ電車のようだったから会ったら謝るつもりだったけど会わず終い。
百万が一ここを見ていたら(んなわけないか)ごめんなさいです。


こんな調子で書いていたら試合にたどりつきそうにないわ(^^;)。

両チームに退場者を出し試合が壊れた要素が大きいけど、あのガンバ
には勝たないといけなかったかもしれない。
こけたりミスしつつも奮闘したよっしーや左サイドでフィットしだしたダニーロ。
このあたりはプラス要因だと思う。
マルキの攻守ともに走りまわる姿には涙が出てきた。
イバのミスを疾走してカバーしてくれイバに声をかける姿には、もう・・。
(イバ、しっかりせいよ。足首痛なんだろうけどミスや諦めちゃうシーンが
多すぎるよぉ・・)
PKゲットのはずなのにかなり後ろから見ていたくせに躊躇せずイエローを
出す西村。このお方、無駄にハンサムなだけによけい腹立つ(爆)。
マルキは西村ととことん相性が悪かったなあ。
ダニーロを左サイド・本山トップ下、で田代とマルキの2トップ。
これがベストな気がする。



10対10になってからスペースができたせいかお互い動きがでて速い
攻撃ができていた。
でも、攻撃の交代選手は自分でスピードで持ち込める慎三や康平を
使ってほしかった。組み立てを目指すヤナギでは・・。
オリヴェイラって3トップ好きみたいで。今の鹿島のメンバー構成では無理
と思うけどねえ。
慎三の使い方も変。彼にボールを預けりゃよいのに、高さがない中パワー
プレー優先した選手たちもよく考えてみようよ。
#ヤナギの使い方はかなり難しい。田代の早期復帰を待つしかないな。

中後は、疲れで後半はどうしてもプレースキックの精度が落ちてしまう。
あんなにCKのチャンスがあったのに、(微妙な判定もあったとはいえ)
一本くらいは決めないとねえ。
今の鹿島では替えがきかない選手だからこそ苦言。

青木のDFラインで切り返すプレーはもう怖くて見てられない。
(一昨年の万博を思い出したよ・・)
フィードも今ひとつだった。青木、ここで踏ん張らないでいつする。



そういえば、西村に猛抗議したモトに「やめて」と叫んだら友人に
「キャプテンだから」と指摘され、初めて彼がキャプテンと気づいた。
そっか、そうだったのか(^^;)。周囲を鼓舞して頑張ってくれ。

もっといろいろ感想はあると思うのだけど、とりあえずこのへんで。
とにかく、川崎F戦よりは前向きになれそう・・な気がする。
次のジェフ戦って、もしかして裏天王山か? ひゃー・・。
怪我人復帰を待ちながら今いるメンバーで一歩ずつ進むしかないよね。

|

« 」明日は我が-- | トップページ | ガンバ戦こぼれ話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/14235400

この記事へのトラックバック一覧です: 試練は乗り越えるもの--ガンバ戦:

« 」明日は我が-- | トップページ | ガンバ戦こぼれ話 »