« 宮崎より帰宅 | トップページ | 宮崎3日目--その2(鹿島編) »

2007年2月12日 (月)

宮崎3日目--その1(福岡@生目の杜編)

今朝起きてから、頭痛・鼻つまり・喉の痛みの三重苦。
うわ、宮崎から持って帰ってしまったようです。
#地鶏の腿焼きを食べまくったけど鳥インフルエンザではないっす(^^)。
ホテルが乾燥していたでしょうかね。
こんな日は何もせずゴロ寝に限ります。明日から出社…(´・ω・`) 。



こんな状態のレポなので記憶が飛んでるところも多いですが、昨日の様子
です。> えー、自分のための防備録ということで。まずは午前中編。



前日福岡VS甲府のTMに行けなかったこともあり、昨日の午前中は生目の
杜のアビスパ練習見学に行ってまいりました。
¥1,500分のタクシークーポンを利用し超過分¥400で到着。
宮崎中心地からだとシーガイアより近い。
ところが、降りたのはソフトバンク練習場のアイビースタジアム。
100M以上はある屋台村にはぐんけいの地鶏・宮崎牛などなど超豪華ライ
ンナップ。
巨人キャンプ地のマリンスタジアム(メイン練習場)のお店に比べ、出店の数
が圧倒的に多い。
スタジアム開場待ちのもの凄い長蛇の列を見て、長年巨人を誘致しようと
ソフトバンクこそ九州の星--は言いすぎとしても、宮崎にとっては二大チー
ムなのだなあと実感しました。
--というか、宮崎のトップシーズンはプロ野球・Jチームキャンプ花盛りの
2月、以上終了 なんて思えてしまいましたよ。


アビスパの練習場は敷地内反対側にある陸上競技場。
生目の杜自体が最近オープンしたものらしく、この競技場も座席・トイレ他
施設が全て新しかった。
去年の合宿をした総合運動公園サッカー場に比べたら雲泥の差。というか、
鹿島の練習場の陸上競技場よりはるかに良いです。
ダイエー練習日ならシャトルバスが頻繁に出ていますしね。


座席に着くとどピーカンで遮るものがないため、充血しまくりの眼にはとても
つらくうつむいてしまうほどでした。
直射日光って体力奪いますよね(ぼそ)。


こんな体調かつあまりみたことなチームゆえ、誰が誰だかよくはわからない
ままぼおっと見るしかありませんでした。
しかし。脹脛を見て金古はすぐわかりましたよ(笑)。


前日の甲府との練習試合に出た選手はランニング他調整メニュー。
試合に出ていないらしい久藤・布部・宇野沢(福岡に決まってよかった)・
そして同じくピントらは連携練習やミニゲーム。
ミニゲームにはレティも参加したのですが、はっきり言ってリティが一番
巧かった(爆)。
また、宇野沢も動きが良かった気がします。
逆に、ピントはヤバイ・・・。我慢できず動いちゃうんですよねえ。



「リティと惇が一緒にプレーするなんてなあ」とアビスパサポから多く声が
かかっていた鈴木惇君はU18日本代表(當間君と一緒?)選手。
ユース所属ながらトップ練習に参加するほどアビスパ期待の星らしい。
確か学業も優秀な子ではなかったかと。
地元マスコミからは俊輔二世と言われているとかで、控えめにで後ろで
プレーしていた様子からも一瞬だけ片鱗が見えたような。
今年の福岡ユースは黄金世代らしく鹿島ユースも要注意ですね。



久藤は昨年末の入替戦で後頭部を負傷してからまだ復帰間もないのでは
なかったかな、ちょっと顔が丸い気がしたけど。
本格復帰はもう少しかかるのかな。
練習終了時にはリティといろいろ話し込んでました。


アビスパの練習で話題のこれ、午前中スタッフ達がトラックとマットの
準備をしていたのは人間キャッチをするためだったのかぁ。
子供と遊ぶためかと思ってました(^^;)。


アビスパレポはこんなところで、次は鹿島編を後ほど(いつになるやら)。

|

« 宮崎より帰宅 | トップページ | 宮崎3日目--その2(鹿島編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13881008

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎3日目--その1(福岡@生目の杜編):

« 宮崎より帰宅 | トップページ | 宮崎3日目--その2(鹿島編) »