« 宮崎初日--その1 | トップページ | 宮崎2日目 »

2007年2月10日 (土)

宮崎初日--その2

これまで風邪を引かずにいたのに宮崎に来たとたんどうも風邪を引いた
ようで、咳が出てだるく熱っぽい気がします。
さらには、左眼が炎症を起こして充血がひどい。
宮崎には病気をもらいにきたんじゃありませんよぉ・・とほほ。
今日は昨日より気温が低く風が強いのですが、先ほど昨日と同じネット
カフェに入り落ち着いたところです。


こんな体調なのであまり詳しくは書けませんが、まずは昨日の鹿島合宿の
様子を。



バスが遅れたので4時前に現地に着いた時点ですでに練習は開始。
到着前には、昨年と同様宮崎の地元の方々から差し入れの儀式があった
ようです。
ソガ以外にファボンの姿もありませんでした。
(今日はソガが完全合流、ファボンは別メでランニングでした)


ニチームにわけて鬼ごっこ。機敏さや駆け引きが問われるもの?
選手達は大声をあげ笑いつつも真剣にやってましたね。
見てるこちらも笑っちゃうシーン続出。
特に、拓也が「スライディング!」と誰かのリクエストに応えノリノリで
やったのは大うけでした。
康平やイバ・竜太の足の速さはわかるけど、青木が案外速いんですわ。
顕ちゃんや船山君は真剣にやるほどおかしいという様子でした。


新人君たちはまだ先輩達と溶け込みきってはいない様子。
でも去年ずーっと大道&篤人コンビだったのに比べたら馴染んでるかなあ。
今日の練習後イバが當間君やはっつぁんと談笑している珍しいシーンもあり。


その後、メンバー6名一組の4チームに分け、2チーム同士が対戦する
ポゼッション練習。
構成は
①スタメンクラスの攻撃陣(マルキ・田代・ヤナギ・ダニ・拓也・モト)
②スタメンクラスの守備陣(岩政・イバ・大岩・篤人・青木・中後)
③サブクラスの攻撃陣  (康平・竜太・船山・遠藤・小谷野・慎三)
④サブクラスの守備陣  (誓志・當間・圭太・よっしー・石神・大道) 


①対②はお互いにさすが。①対④は①がどうしても圧倒してました。
特に①のマルキ・拓也・モトのトリオはお互いわかっているみたいで
見ていて楽しい。やっぱりマルキには期待してしまいます。
(モトは絶好調というわけでもなかったのか、終了後社長に
 「午後はダメでした!」と反省してましたけどね)
ダニはキープ力あるのはわかりました。ただテンポが・・ね。


オリベイラ監督は昨年のメンバー編成をまずは踏襲しているのか、
中後がスタメン組で誓志がサブ組のボランチ組なわけです。
このへんは変わるかもしれないけど、誓志はやっぱり前の選手でしょう?


若手組では、慎三が怪我あがりなのにキレてたのが目立ちました。
空中キックなどお得意なプレーを連発してました。
あとは、船山君の視野の広さや康平のスピードなどが目につきました。


練習終了後、イバがかなり長い時間足のマッサージをしてもらっていたの
で心配しましたが、今日も元気に合流してたので一安心・・かな。
ちょうどこのころ、誓志・篤人がU22メンバーに選出されたのを携帯で
知りました。
「篤人オメ」と独り言を言いつつ見ていると、こちらもマッサージをして
もらっている篤人に満さんが近づき談笑してました。
おそらくこのとき篤人に選出の件を伝えたのでしょうね。
入口には記者が多数篤人の戻るのを待ち構えていました。


初日はこんなところでしょうか。
篤人の選出はめでたい。
でも、水戸戦は出られないとなると誰が右SBをやるんでしょうか?
昨年末の中後システムを踏襲するなら、青木右SBが一番すんなりいきそう
ですが、はてさて・・・・。
石神君が左SBでイバを右に回す手もあるのか。
未知数の石神君を使うのはどんなもんだろう・・?
いずれにしても、イバはフル回転が予想されます。
怪我などしてられません。くれぐれも無事でいてくださいな。
---と、最後はイバオタらしく終わり。

今日の様子は後ほどに・・。

|

« 宮崎初日--その1 | トップページ | 宮崎2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13857991

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎初日--その2:

« 宮崎初日--その1 | トップページ | 宮崎2日目 »