« 宮崎初日--その2 | トップページ | 宮崎より帰宅 »

2007年2月10日 (土)

宮崎2日目

ホテルにチェックイン後、非鹿島の某チームも同宿と知りびっくりしました。
エレベーターでは某選手と二人きりになるなど、心臓に悪いです(^^;)。
狭いエレベーターで声をかける雰囲気ではなく、心の中で
「合宿頑張って」
と声をかけておきました。
朝食時も数名の選手を見かけキャンプ地に来ていることを実感。


さて今日のニッカンには、社長と誓志が昨日東国原知事を表敬訪問したと
ありました。
ありゃりゃ、まだ訪問してなかったのね。
訪問したのに報道に無視されてたのかとスネてました・・・(^^;;)。
昨日の何時に訪問したのかわからないけど、U22選出の日と重なり
誓志も感激したことでしょう。
宮崎出身選手としての訪問。あ、イノハも宮崎出身で選出されたのか。
あとは、慎三が呼ばれる日が早く来ますように・・・。


お隣には、チュンソンが日本国籍を取得の記事。
チュンソン、おめでとう!
彼の場合は同じ日にU22選出とはならず残念だけど、合宿中の追加召集が
ありそうです。28日が俄然楽しみになってきたぁ。
梶山とは東京ユース時代一緒にやっていたからイキもあうでしょう。
でも、誓志もいるからね(^^)。
「り」とか「ただなり」とは呼びにくい。「チュンソン」ではダメなん?



さて今日の鹿島練習は、午前のみでした。
10時近くまで室内練習でなかなか選手が出てこず待ちくたびれたところに
どどっとやってきました。
鵬翔の監督&生徒達が見学に訪問、監督と誓志・慎三は長いこと話して
いました。
その間の鳥かごでは、ソガ・拓也・モト・田代の4名組のテンションが異様に
高い。というか、ソガ以外の3名が一緒のことが多い気がします。
鳥かごをしない岩政と竜太が楽しそうに話してました。竜太、バースデー
ケーキの恨みは晴れたのか?(笑)。



フィジカルをこなした後、待っていたのは鬼のシュート練習。
ピッチ四ヶ所にゴールマウスを配置。
ポジションでか3名一組で8組に別れ、センターサークル外周を全員で
何周か走った後にその三名でシュート練習。
休まず5分もしないうちにまた中央でランニング、そしてお隣のマウスへ行き
シュート。
これを延々と1時間近く繰り返していました。
(そうそう、鵬翔の生徒10名ほどにボール拾いをお願いしてました)

メイン側はヘディングシュート場所。
やっぱり拓也・モトはうまくこなしますね。田代もまあまあ。
ヤナギは最初は全然ダメ(そのうち良くなったけど)。
マルキがGK正面多発。確かに彼のゴールは足が多いような・・・。
ダニもあまりうまくはなかったような。


レベル高かったのは誓志・青木・中後組あたりか。
キックシュートはバック側・両サイドで日差しが眩しくろくに見てません(^^;)。



これで午前練習終了。
ピッチ脇で選手達がお湯に浸かって足をほぐしているように見えたのは、
氷ありの水だったのか(!)。
マルキ・田代のセクシーショットが見えたのが今日一番の収穫(笑)。
あ、ファボンは足長! つーかパンツ短い!
で、ひょっとして俊足?  ランニング姿だけで期待大となりました。



午後は福岡対甲府の練習試合に行く予定だったのですが、思いのほか
鹿島の練習が延びたので間に合わず断念。
かわりにサッカー場の東京V練習場に行き、フェルヴォローザ石川との
練習試合を後半途中まで見学。
フェルボローザってどこかで聞いたことあると思ったら、横浜-山形の
阿部祐大朗が今年加入したチームだったのか。
ええ、彼も出てました。がほとんど印象に残らず。

ヴェルディは昨日清水とTMをしたため、今日のメンバーはサブ組。
スタメンで知ってるのは広山・大野・一柳くらい。
ポゼッションでは上回るものの石川もプレスが効いて抜け出す場面もあり。
ゴールはロングフィードに裏抜けした大野?がシュート。
前半はあまりシュートシーンもなく。

後半、メンバーが数名交代。
昨日清水戦で赤紙退場の平本が出場、前半で出場停止終了?(笑)。
あとは、齋藤・柴崎あたりも入り、攻撃の形ができてきた模様。
齋藤は昨年見た時と同様スピードあるドリブルからシュートを放ってました。


当方、1月の日本平で見られなかった名波・服部をはじめ萩村・長井、
そしてディエゴ&フッキを楽しみにしていたんですが、彼らはホテル付近で
調整に変更になったようで、現地には現れず。
唯一土屋が訪れ試合を見守ってました。
知合いらしい人に
「バウル、来たのかぁ。わざわざ来なくてもよかったのに」
と言われていたくらいだから来る方が珍しかったんでしょう。
律儀でチームを思うお人柄の良さが見えました。
#こんな彼だから、大宮での暮らしは苦労したんでしょう・・・・。



なんだかんだ豪華なのがヴェルディのスタッフ陣。
ラモスに柱谷弟に臨時コーチの武田まで。
こういうところはまるで強豪ですが、昔の名前で出ていられるのも
今のうちだけかもしれません。
まあ、今年のヴェルディは外人が大当たりなのでそれだけで突っ走り
そうな気配はありますが、高みの見物させてもらいましょ。

あー、一気にここまで書きなぐりました。
明日は午前中は福岡の練習へ午後は鹿島、そして夜の便で帰京します。
腹がすいたのでそろそろ失礼・・。

|

« 宮崎初日--その2 | トップページ | 宮崎より帰宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13858728

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎2日目:

« 宮崎初日--その2 | トップページ | 宮崎より帰宅 »