« シンデレラボーイ | トップページ | ちばぎんカップ »

2007年2月18日 (日)

TM対河武蔵野FC

昨晩より雨が降り続いてます。この気温、いわゆる「氷雨」。
今日のちばぎんカップ、キックオフ頃にはやんでくれないものかぁ。
指定だからキックオフ直前でかまわないのですが、新レイくんのパフォー
マンスチェック(^^)はしたい。しかし風邪引きはこれ以上悪化させたくない。


スミマセン、完売でチケを買えなかった方々からすれば贅沢な悩みですね。
噂ではジェフ側から先に売れたらしいけど、ちばぎんシートは柏側が取れず
しかたなく(強調)ジェフ側を買った私みたいのもいるんですけどね。




さて昨日は横河武蔵野FCとの練習試合にCHに行ってきました。
宮崎合宿から戻った翌日に練習試合を組むのは珍しい。
(例年は合宿最後の日にホンダロックとのTMだった点も今年は違う)
シーズン直前の練習試合なせいか、見学者多数でしたね。
宮崎も昨年より人が増えていたし、期待の現われ?
あとはチケが売れてくれれば・・・。



得点結果は横河武蔵野オフィシャルに掲載されてます。
(鹿島は相変わらず今も未発表、遅いねー)。
60分×2本というのも鹿島では珍しい。他チームだと30分×4本とかは
よく見ますね。
鹿島の場合は選手数があまり多くなく3チーム編成は無理っぽい模様。



一本目は主力組。
宮崎で見た紅白戦主力組から拓也が抜け変わりに青木が入る布陣。
青木が中後のポジションに入り、中後が拓也の位置に。



うーん、昨年終盤から採用している中後システムは中後の特徴を生かしての
システムだと思うし、そのポジションを青木にして機能するわけにはいかない
ようでした。
青木には不慣れなシステムなのを考慮しても、それにしてもポジショニング
が不明確。
ファボンの方が守備時に青木より飛び出し、青木はファボンのポジションを
埋めるわけでもなく横にフラフラいたりして。
また、青木には中後ほどの左右の展開力は厳しい。
青木ぃ、いっそのこと、篤人がいない時のために右SBをやらないか?
それにしても、守備時のファボンのラインを無視した飛び出しがちと怖い
んですけど・・。

横河はパス&ゴーでうまくつないでくる攻撃が良かったですね。
あとは決定力なんでしょうね。



ゴールは篤人と中後で二点目。どちらも確か本山のアシスト。
「アレックスがいないと今年もFWが点取れないチームなのか」
とぼやいたとたん、マルキが本山からのクロスを体勢崩しながらヘッドで
ゴール左隅へ。これは見事でした。献身的な守備をするところも◎です。
そうそう、清水戦のプレーそのもの。マルキ、期待してるよー。


アシストしまくりの本山は宮崎同様キレてます。
中後は本来のポジションでなくとも宮崎で見た拓也ばりに運動量も攻撃
への絡みも多く自信を持ってプレーしているのがよくわかりました。
今年鹿島の中盤を支えるのはまさに中後。怪我だけはせんでくれぇ・・・。


篤人はバックラインやショートパスのミスが多かったのはいただけないけど、
サイドをえぐる動きを増やしはじめ、今年の活躍に期待もてそうです。
(ファボンが篤人に「前へ行けーー」って指示していたのが印象的)。
イバは出だし自分のサイドを崩され続け泡食ってましたが、徐々に目には
目を(^^;)でどんどんサイドの前方スペースへ。イバを生かすのは中後だぁ。



そのイバからのクロスを無にしたヤナギ(ーー;)、相変わらず。
味方のパスだしが遅いのもあるにせよ、オフサイドも相変わらず・・。
ファボンは今日ものっしのっし動くんだけど、動くんだけどね・・・・。


そんなこんなは雄叫びとともにあがるファボンで吹っ飛びました(^^)、爆笑。
闘莉王もあんな声出しながらあがるんかいな?
啓太・坪井はもう慣れっこなんだろうなあ・・(どーでも良いですね)



後半はメンバー全員交代。
いきなり慎三がループっぽいシュートを決める。もう一点押し込み2ゴール。
いよいよ、FWが板についてきましたな。
あとは相方田代なんですが、うーん、今ひとつボールが来ないからかイライラ
しているのが手に取るようにわかる。
ヤナギの状態からしたらチャンス到来なのだから前向きにやってほしいのよ。
#というか、早いところマルキとのコンビを磨いた方が良さそうですけどねえ。



剛ちゃんは石神君のカバーに忙しかったりしつつさすがのインターセプトを
何度か、さらには足でのゴールまで決めてくれました(^^)。
今年はベンチから睨みをきかせ出番に備えてくださいな。



遠藤君のパンチあるミドル、そして幻のゴールとなった船山君の弾丸ミドル。
この2人が今は起用で競わせてるんでしょうね。どちらも頑張れ。
船山君の方がワンタッチパスを出せる点でユーティリティ性あると思いますが。
心配なのは誓志かな。・・・頑張れとだけ言っておきます。



青木が声をかけて話しこんでいた選手は23番の浅川選手でした。
前育⇒早大に進んだ選手で前育での同級生のようですね。
確か、そろそろJFL日程発表のはず。
今年は一度くらいは横河観戦のご縁がありそうな気がします。



終了後は、大勢のファンの目の前を通らざる得ない出入り口をファンの
拍手・声かけられつつ控え室へ移動。
今年は新社長の改革したいという思いが強いのか、ファンサのしかた・
選手の出入り口など試行錯誤で変えようとしているようです。
お互い照れてしまうところでしょうけど、選手はプロなんだから普段から
ああした応対には慣れるべきと思いますね。
ファンサを期待する人にとっては選手捕獲(笑)がしやすくなったのでは?
(私はこういうことはあまり興味ない方ですが・・)



一歩一歩の改革からチーム変革、そして復活へ。といったところですね。


【追記】
竜太のスピード、あれは武器になりますねー(^^)。

|

« シンデレラボーイ | トップページ | ちばぎんカップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13949829

この記事へのトラックバック一覧です: TM対河武蔵野FC:

« シンデレラボーイ | トップページ | ちばぎんカップ »