« 隆行に名波・服部に | トップページ | 新体制発表を前に »

2007年1月23日 (火)

ブーイングはかくあるべき(笑)---澤登引退試合

昨日の日本平には、ほんわかした幸福感が溢れていました。
エスパルスとは縁ない門外漢の私もお裾分けしてもらえました。
澤登選手、改めて13年のプロ選手生活お疲れ様でした。

日本平へは一昨年11月の清水戦以来。
あの日は、帰り静岡駅で食事&新幹線の予定があり澤登引退セレモ
ニーの途中で出てきてしまったので、それが気にはなってました。
#残った鹿島サポが挨拶に来た澤登に
  「(ドドンドドンドン)さーわのぼり!」
  とコールをして清水サポは衝撃を受けつつ(^^;)も喜んでくれたとか。



国立ならいざ知らず日本平へわざわざ澤登引退試合に足を運んだ
理由のひとつは、あの時最後までいなかったお詫びの気持ち。
まあ、プレーを見たい選手達もゴロゴロいましたもんね、平岡直起とか
安藤とか安永とか  >そっちかい(笑)。
青山直晃君も事前のメンバーには入っていたけど結局出ず、残念。
あ、ラモス&名波&服部の人間関係チェックは、名波・服部不在で
果たせず。(名波はお母さんがお亡くなりになったのですね・・)
#澤登がラモスに直立不動というのは垣間見えました。



渋谷に6時半集合しエスパルスオフィシャルツアーバスで日本平へ。
10時半に到着、入場までの長蛇の列に並び45分かかってメイン入場
口に何とかたどりつきました。
Jの試合より指定席が少ないのと入場口で人数制限をしていたから
あんなことになってしまったのだろうか?
変に割り込む人もいない。「さすがサッカー処清水」と思ってしまうのは
コンプレックスばかりではないと思われ。
売店もトイレも凄まじかった。コンコース狭すぎるよね。


こんな調子で書いてると終わらないので後は箇条書きにします。

1)スーパーサッカー バナキン収録。
  ・加藤の仕切り・トークはさすがプロ。
  ・小倉は藤田にだけは先輩でもいきいきと突っ込む。
  ・その藤田はおちゃめ。拗ねる風情はやはり永遠の王子だわ。
  ・ラモスの負けず嫌いはジーコに通じるものが。さすがブラジル人。
  ・藤本がゴン・藤田と熱心に話していた。筑波OB会?
  ・ゴンは最強(放送で確認してください)。

  ・さて、主役の澤登。失敗した後のリアクションに人柄の良さが滲む。
   こういう紳士的な選手って少なくなったなー。

2)で試合。目移りする豪華メンバーでしたねえ。
・視線を独り占めした礒貝氏。昔の2倍はある体で動く---ふり(笑)。
  澤登とは東海大で同級生、そして本田主将とは帝京で同級生(森山も)。
  確か、本田と今話題の(!)奥さんの縁を取り持ったのが磯貝だったはず。
  うーん、人の世話の前に自分ですよ(爆)。
・ラモス・カズあたりはもうさすが。
 で、澤登・藤田ら非ヴェルディ組の彼らもセンスの良さを見せ垂涎ものの
  パス交換。こういうのって一緒にやった年数は関係ないんだろうな。
・武田はやっぱり武田(笑)。現役最期の頃同様、いいところまでいくけど
結局決められないのさ。
そこへ行くと城は動きが良かった。膝さえ傷めなければもっとやれたのに。
・華麗なヴェルディ組の中でキーちゃんが現役時代同様運動量多く
奮闘。オシムジャパンにぴったりの選手だよね、彼って。

・相馬は地味ーーにプレー。
前半左サイドからの伝家の宝刀クロスがゴールラインを超えた時、
2000年雨の日本平で同じプレーで仲間が「相馬にしか見えないFWが
いる」と言っていたのを思い出しちゃったよ。
ちなみに、秋田がベンチに「(ベベットを)代えて」と叫んだ試合。
途中から3バックのリベロを黙々とこなしてましたなあ。
・概して凪のようなジャパンオールスターズの中、キーチャンとともに
運動量を誇ったのは岩本テル。ダッシュのスピードは速かった。
・柱谷哲の(パフォーマンスつき)抗議は芸としてやっていける(笑)。
お酒がたたってませんか? かなり横幅が・・・。

・オール清水は藤本が下がった後半はかなり厳しくなったかな。
まあスカウト興津氏まで登場しちゃったからしかたないか。
意外にも安永がキレある動きをしていた。まだまだ現役いけるよ?

・激しく削りにくる都並・インターセプトを見せる大榎ら現監督さん達が
昔を彷彿させるプレーを見せる中、清水現監督長谷川健太氏の
サポにダメ出しされるプレーに大笑いした。
平松は日ごろの恨みを晴らすため?、縦に鬼パスを何度も出して
健太を走らせていたなあ。
動き出しは早めなんだけどそのうちDFに追いつかれちゃうー。
パスミスしようものなら清水サポから容赦ない楽しいブーイング(笑)が
飛ぶ飛ぶ。
終盤礒貝氏が再度インしたのをきっかけに清水サポから
「健太!(出てこい)」 。
なんだかんダ長谷川監督、清水サポから愛されています。
愛あるブーイング、これだよね。

とまあ、主役澤登を完全に食ってしまった礒貝・長谷川両氏でした。

引退試合はいくつか行ってますが、清水サポの思いが強く出て、かつそれ
以外の人も一緒になってお祝いする気持ちになれる試合になったのは
珍しいかなあと。これも澤登の人徳でなせることなんでしょう。

|

« 隆行に名波・服部に | トップページ | 新体制発表を前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13617098

この記事へのトラックバック一覧です: ブーイングはかくあるべき(笑)---澤登引退試合 :

» 【恐怖!】あの礒貝の変貌ぶり!! [おもしろサッカーアルゼンチン]
◆情報収集に便利なサッカーリンク集はここ! ●携帯でのグルメ・サッカー情報はここ 月10万~300万!稼ぐ!お金儲け情報一覧!! ? ◆2007年1月21日、日本平スタジアムで澤登正朗選手の引退試合があり、この日のために、多くの選手が集まりました。 この試合に澤... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 09時28分

» 今更の話なんですが・・・ [Happy?]
さんま御殿に城が出ていたので、思い出したという・・・。 書こうと思っていたのに、すっかり忘れてたよ・・・ダメじゃんあたし; で、何を書こうかと思ってたかというと、ノボリの引退の話。 去る1/22に引退試合があったんですね・・・。 ||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン|||||||||||||||| 翌日だったかのニュースで知ったんですけどね・・・私。... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 13時39分

« 隆行に名波・服部に | トップページ | 新体制発表を前に »