« 八千代お疲れ様 & 人事・移籍話 | トップページ | 国立(高校サッカー決勝)より帰宅 »

2007年1月 8日 (月)

年始観戦記録---その4 西が丘爆弾低気圧との戦い(インカレ準々決勝)

「爆弾低気圧」のネーミングセンスはどうよと思っていたけど、気象庁、
お見それしました(爆)。
西が丘からの帰り赤羽で食事後某JR線に乗ろうとしたら、哀れ二つの
陸橋を長い時間渡れず。
2時間近くかかり自宅に戻りました。
#何とか風林火山初回に間に合ったー(^^;)。


でもまあ、6日の大雨に比べればまだ風だけなのはマシと思いましょうか。
風の影響を受けたのは、第二試合の流経VS福大の方が深刻でした。



前にも書いたけど、両チームの対戦は今年三度目。
7月総理大臣杯ではトーナメント初戦で0-0のままPKで流経敗退。
12月24日のグループリーグ最終戦では3-1で流経勝利。
とはいえ、点差ほど両チームに差があったわけではなく、手の内をお互い
さらした同士、厳しい戦いになりそうと案じてはいましたが。


流経は24日とスタメンが同じ。中野監督強気ですなあ。
船山兄君は難波君と2トップ、これも前回と同じ。
前半開始早々、福大が流経ゴール前に迫り2本ほどシュートを打たれる。
一方流経は、いつもは中盤をつないでくるのになぜか相手DFラインの裏
狙いをし続け、再三オフサイドにかかってました。
両チームともコンパクトなライン、中盤の攻防はガチガチでした。


普段は中盤のパスまわしから西君・平木君あたりがサイドを深くえぐり、
そこからさらにつなぐのを得意とするのに、この日はクロスもアーリーが
多め。このへんは、福大DFの応対が良かったのか変に風を意識したのか。
24日のMVP糸数君は今ひとつ攻撃にからめずイエローをもらってしまった。



しかし。
何度か書いたけど、船山兄君のFWはやめたほうが良いと思う。
徐々に消えてしまい結局難波君の1トップ気味になってしまうから。
それなら最初から船山-難波のホットラインでMF-FWの関係の方が
ずっと良いと思うのですよね。
実際、後半FW池田君が入り船山君が2列目に下がってからの方が
ボールはより回るようになりました。
それと、この日は24日ほど「左足はおもちゃ」でもなかったかな?(笑)。

ただ、彼を初めて見た11月初旬の頃よくやっていた「ボールを受けて
ターンしてからのドリブル」は最近はあまり見せないような。
よりパスに徹している気がする。(踏ん張りが利かない・・??)
まあ、彼からの展開の大きいパスから流経のチャンスはかなり生まれて
いたからこれはこれで良いのかもしれませんが。

もうひとつ気になるのは、スペースへ出たボールへの執着心がそれほど
ないように見えること。そのかわり一対一のボールの奪いあいはものすごい
んですけどね。
プロでは常に執着心を忘れないようにしてほしい。無理そうでもね。
今まで6試合見てきて期待が大きくなるからこそ、そう願うわけです。



難波君の奮闘や両チーム堅い守備ありで、両チーム文字通り一進一退のまま
0-0で延長戦へ。
前半はトイレに行ったりで半分以上見られなかったのですが、後半突入
直前に船山君アウト徐君イン。
あー、中野監督。
徐君を入れるなら風上の前半早々じゃないと意味ないのでは・・。
案の定後半は蹴り上げたボールが戻ってきてしまうほど風下できつい展開。
一度だけ徐君投入の効果が出たシーンがあり、そこからゴール前に迫る
のですが、結局ゴールできず。


このカードでは、今年二度目のPK戦。
ただ、前回はGKが阿部君。今回はU19二本代表正GK林君。
林君は例のデュデュク踊りから一本目を阻止。
ただその後はコースが逆のケース多く、アジアユース決勝がちらつく(ーー;)。
たこ踊りもほどほどにというところかな?(笑)。


流経は3本目の鎌田君が阻止されたかと思いきや福大GK赤星君が
前に動いたとの判定でやり直し、これをきっちり決める。
5人目の飯田君も阻止されるがこれもやり直しにより決め、PK5-4で
流経の勝利。
赤星君は相当悔しそうでした。GKが前に動くとの判定は天皇杯準々決勝
浦和VS磐田戦の岡田判定でもありましたね。
ど素人の私にはよくわかりませんが、赤星君は以前も動いたとの判定が
あったらしく、目をつけられてしまったのかもしれません・・。
まー、鎌田君・飯田君の両CBはPKは苦手? 次はきっちり決めてくださいな。


こんなしんどい試合も珍しいでしょうけど、とにかく総理大臣杯の借りは
返しました。
ご父兄の皆様、本当にお疲れ様でした。
#ある選手ご家族の方に選手関係者の方かと聞かれましたが(^^;)、
   いえいえ、ただの流経いちファンですわぁ・・。


次は、絶好調早稲田。
第一試合では、つなぐと言われる立命館を全くつながせず、まるでハーフコート
ミニゲームのような様相で早稲田の中盤がやりたい放題でした。
11月ひたちなかの試合では、流経は押し気味なのに決まらず兵藤にやられ
0-2で負けてます。
次はPK戦にもつれるくらいの覚悟でいきましょう。
怖いのは松橋弟と千真のゴリゴリドリブルですわ。
流経の出場停止選手は武井君だけかな・・? 穴は阿部シュー君が埋める?

|

« 八千代お疲れ様 & 人事・移籍話 | トップページ | 国立(高校サッカー決勝)より帰宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13372520

この記事へのトラックバック一覧です: 年始観戦記録---その4 西が丘爆弾低気圧との戦い(インカレ準々決勝):

« 八千代お疲れ様 & 人事・移籍話 | トップページ | 国立(高校サッカー決勝)より帰宅 »