« 今日は名古屋戦 | トップページ | サハラカップ準々決勝名古屋戦 »

2006年12月 9日 (土)

お手本はそこにある---天皇杯名古屋戦

いや、いいもの見させてもらいました。ヨンセン、彼は凄いわー。


プレーを見たのは初めだったけど、ホント恐くて良い選手だった。


岩政と競い続ける高さを誇る。でもただの電柱じゃない。
サイドに流れ、また引いてポストをこなしそこからのダッシュが速い。
彼の先制点、岩政は彼のスピードについていけなかった。
高くて強くて速い。ポストもこなせる。素晴らしい限り。


まさに、田代が目指すべき選手なんじゃなかろか。


その田代もスピラールにはほぼ競い勝っていた。これはきっと自信になる。
ただ、後半ソガやDFのフィードがなぜかアレックスにわたるものだから、
名古屋DFに奪われるケースが多発してしまった。
あれは田代のポジショニングが悪かったのかなあ・・・?



雨でスリッピーだったためか、鹿島は今ひとつポゼッションがあがらず。
また、一対一をアレックス・田代・拓也他何人もはずしていた。
ああいうのを決めないと後で響くから、肝に銘じてほしいところだな。


ファビオがここへきて凄く効いてきた。
前半から積極的に枠を捉えるミドルを複数本放ち運動量も半端じゃなかった。
初めて手放すのが惜しく思えてきたりして・・・。


今日は拓也・本山・ファビオらがアレックスにゴールを決めてほしかったようで
彼にどんどんパスを出していた。
CKからの先制点だけでは足らないということよね。
まあ、そういうボールはうまく名古屋DF陣にカットされることも多かったけど。
アレックスの献身的な守備やポストには相変わらず感謝。
彼のモチベーションは全然下がってなかった。よかった・・。


監督が褒めた中後、今日は磐田戦ほどではなかったかも。
もっとサイドチェンジをしてほしいんだけどな。
でも彼はテンポを落とさずパスをワイドに散らせるのが強み。
この展開力は魅力です。あー、パウロが来年もいてくれたらなー(愚痴)。
そうそう、CKからニアに技ありバックヘッドは見事だったと思う。

後半秋田登場時、鹿島ゴール裏のブーイングの大きさで皆秋田を応援して
いるのだなあとじーんとしてしまった。
あのブーイングがあったからこそ、秋田は田代にガツンといき、鹿島サポは
普通に敵として秋田を見ることができたのだと思う。



続いて本田登場。もうこちらはすでにうるうる。
最後の遅延行為のイエローに本田らしさを見た。選手達、よく覚えておくんだよ。



試合後、鹿島ゴール裏から永遠に続くかというような本田コール。
一方名古屋ゴール裏からは秋田コール。
このコラボにはメインの私も泣き出してしまった。
名古屋サポ、ありがとう。秋田をそうやって見送ってくれて・・・。
「秋さんのために」弾幕もぐっときた。
#ナラコールは熊本でしてほしい。帯同しないかな。


これで、熊本往復航空券がぱあにならずすみました。
清水は兵働が復帰したようですね。兵働、おめでとう。
9月のウチの試合で途中交代後闘病、ここで復帰ですか。
でも手加減しないからね。


入れ替え戦も壮絶な試合だったようで、試合後テレビ観戦した妹から
「アツが・・」との絶句メールが届いた。アツがインタビューで泣いたらしい。
アツはホント責任感だけでこの一年戦ってきたのだろう。


個人的には神戸にまた行けるからという理由で神戸昇格を願っていたけど、
福岡も最後の最後につらい展開になってしまった。
福岡サポの知合いにどういう言葉をかけてよいのか今すぐは言葉が出ない。
来年頑張ってください--今言えるのはこれだけかな・・・


寒くて頭が回転してないので、今日のところはこのへんで。
明日は長居第二でサハラカップ準々決勝対名古屋戦。
今度は「ユースもトップに続け」ですね。

|

« 今日は名古屋戦 | トップページ | サハラカップ準々決勝名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13000180

この記事へのトラックバック一覧です: お手本はそこにある---天皇杯名古屋戦:

« 今日は名古屋戦 | トップページ | サハラカップ準々決勝名古屋戦 »