« 天皇杯準決勝前に | トップページ | 天皇杯準決勝その2--こぼれ話 »

2006年12月31日 (日)

長谷川監督ごめんなさい----天皇杯準決勝

新年直前に何とか復活しました。
今年のことは今年のうちに振り返らないと、新しい年に向かっていけない
気がするので、あと5時間を切った中急いで頑張りましょう。



一昨日の国立準決勝後は鹿サポ仲間と外苑付近でお茶し、その後
恒例のサッカーオタクらとの飲み会は結局朝まで貫徹、年齢も体力も
省みず無茶したあげく、朝帰り。
眠りこけた仲間も数名いたというのに、若いふりしてみた(笑)。
結局今年も高校サッカー開会式&開幕戦には行けず、昨日はひたすら
眠りこけたのでした。---そうなる予感はあったわな(^^;)。




何とか今日は復活し、おせち料理等の買い物をすませてから柏の葉に
向かったのですが、八千代が地元千葉代表ということを忘れてました。
ものすごい数の観客。17000人だったとか。
(流経柏の選手達や鹿島ユースっ子ぽい子も見かけました)
昨年の柏水戸戦より動員多く---あらら。

結局、国見・鵬翔の九州強豪ともにスコアレスドロー後のPK戦負け、
一回戦で敗退。戦国時代を実感しました。

第一試合の八千代は、昨年は鹿島ユースも苦戦した記憶がありますが、
攻撃的で面白いチームでした。
#シュート決定力の異常な無さは今年の流行なのか?(爆)。
さすが、関塚さんの母校?
ゴール裏観戦で個々の選手がいまひとつわからなかったので、二回戦も
八千代を見に行こうかなあ・・?  (今度は早めに着かないと)





さて、天皇杯準決勝も振り返っておかないといけませんね。
エスパルスの長谷川健太監督に「鹿島は強いから優勝してほしい」との
お言葉を熊本でいただいたというのに、次の試合で敗退してしまいました。
鹿島を認めてくださった長谷川監督に何だか申し訳ない気持ちですわ。



前半の多くのCKチャンスで一点も取れなかったのが結局響きましたね。


鹿島が相手陣地に攻めている時、何度ネネが邪魔と思ったことか。
当のレッズサポにダメ出しされている選手なのに。
田代が競い負けているシーンが何度かあったのがショックで。
たぶん、風で目測誤ったジャンプをしていたんでしょうね。
ちゃんと競い合ったらそんなことはなかったでしょう。
そういう面も、今後の良き勉強と思うしかないのだろうか。


というか、田代がなぜあんなに引いてサイドにいたのか?
まるでアレックスのポジションだった。
サカマガのインタビューでもパウロから中央にいるように言われていた
はずなのにねえ。

田代がいてほしいポジションにはヤナギがでーんと。
で、残念ながら予想通りフィジカルで競い負けてポストできず。
田代がヤナギに気を使ってしまったような気がする。
どう考えても二人のポジションは逆でした。


後半かな、田代が中央で見事なポストからパスを前へ出したのを見て
これだこれと来年への希望を持てたのが救いでした。
やっぱり来年は、田代とマルキーニョスのコンビを磨く他ないですね。


ヤナギは、この間も書いたように引退前のハセを目指してくださいな。
これはこれで、ものすごく難しいはずだよ。
でもそれでなきゃヤナギの居場所はないと思うよ・・・。


全般的に、レッズの選手に比べて競い負けたりフィジカルが弱く感じた。
ジウバンコーチのおかげで今年は怪我人が少なかったけど、やっぱり
走り負けない持久力と少しでも筋力を身につけてほしいなあ。


個人的にボールを狙われたのは、中後かなあ。
二人で囲まれパスの出しどころがなく苦し紛れになった部分があった。
受け手と連携して動きながらパスを出し合えると良いと思うのだけど。
ああなると、中後ワンボランチは厳しいのだろうか。
#というか、フェルがいないのに即戦力ボランチを補強せず、中田浩二
 復帰を目指すというフロントの楽天的、筋を通さない考えにはモノ申したい。
 (つーか、SOCIO更新申込書にはすでに書いた)。



両SBの出来の悪さはレッズにしてやられた部分もあるでしょうが、イバに
ついては昨年に続き今年も年末に失速、何とかしないとまずいでしょうに、
あまりにも残念すぎる。
来年は、石神君と競い合う気持ちでいてくれないと、ホント困る。
来年も7番ユニ着る予定なんだからねーーー。



結局今年の最終戦まで二失点病治らず。
岩政は何か勘違いしてないだろうか(J'SGOALのコメントとか)?
自分のポジショニングのまずさ・フィードのへたっぷりをまず反省してくれ。
青木も、前半相手カウンターを一人で走りぬいてとどめたプレーは素晴らし
かったけど、その後は何だかなあだった。
来年剛ちゃんの出番は多いと思う。
ファボンとの高齢コンビだってありえると思う。
オリベイラ監督が公平に見てくれることを願ってます。



ここまで一気に書いてみました。忘れていること、多そうだなー。
アウトゥオリへ監督には新しい鹿島の可能性を見せてくれたことに大いに
感謝しています。
願わくは来年も鹿島を見てほしかったけど、逆に言えば来年監督が変われば
後半重用されなかった深井・増田・大岩らにもチャンスがあるわけです。
ダニーロ・ファボン・マルキ、そして船山君・石神君らの新人が加わる来年の
メンバーを早く見たくなりました。--来年も宮崎合宿行きまっせー(笑)。






|

« 天皇杯準決勝前に | トップページ | 天皇杯準決勝その2--こぼれ話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13280475

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川監督ごめんなさい----天皇杯準決勝:

« 天皇杯準決勝前に | トップページ | 天皇杯準決勝その2--こぼれ話 »