« 真剣勝負の楽しさ--クラブワールドカップ決勝 | トップページ | インカレ開始--流経大VS八戸大戦 »

2006年12月22日 (金)

引き継がれるもの--本田引退、そして平野氏のこと

本田主将、本日引退発表。

長きに渡りアントラーズを牽引し続けたキャプテン、本当にお疲れ様でした。


プレースタイルからスッポンと言われ、相手チームサポに嫌われることも
多かった(爆)けど、あれだけプロに徹した選手も珍しいでしょう。


93年の頃はサントスの良き弟子として教えを請い、その後は真中・鬼木・
増田・隆行・ヤナギといった子分を率いる本田組親分として君臨。
満男らの98年組、さらには拓也@超天然、慎三@野生児とも付き合い、
ジェネレーションギャップを感じつつも今年も試合に出場すればきっちり
仕事をこなす。
最近はフリークスのお説教のキレがややなくなってきた気もしたけど、
最新号のクロとの対談では久しぶりに正統派お説教が復活したなと思った
ものでしたが。


彼のモットーは公私をはっきり分けること。
サッカーをする時と遊ぶ時のメリハリをつける。
こういう点は古き良き(?)ヴェルディの選手と考え方が似ている気が
します。キーチャンとは本田技研の頃から仲良かったものね。
#実は、キーチャンは現役の頃のイメージとは全然違って真摯かつ紳士な
   人なんですけどね。



天皇杯はまだ終わっていません。明日は熊本に来るのかなあ。
元日の決勝まで本田と一緒に戦っていきたい。
#で、もう一人ナラの去就はどうなったのでしょう・・・?
   古巣ベルマーレに戻るなんていう話があったらよいのに。
   そんなことになったら、来年は平塚へ通っちゃうよ!?



本田引退発表のあった日、インカレ会場@フクアリにて熊谷スカウトと
平野氏が一緒にいるのを見かけました。
(試合については次のエントリーで)



本田が選手達にお説教で伝えたいことがあるとしたら、平野さんは鹿島
スカウトの後継者であるクマに最後の教えをしてくださっているのでしょうか?
山形オフィシャルの発表によれば、すでに山形の強化育成部アドバイザーに
就任なさったので、今後はアントラーズとは袂を分けるわけですね。
こうして、ノウハウは引き継がれ次世代が育成されなければなりません。

それはわかっていても、平野さんが他のチームの所属になられるのはやはり
淋しいです。
平野さんとある機会にお話した友人の話だと、年少者にも律儀に丁寧に応対
され気配りをしてくださる方とのことでした。
そんな人柄をもって、今後は山形でも手腕を発揮されることでしょう。
海保さんもいらっしゃるので、今後は康平以外にもいろいろとパイプができる
かもしれませんね。



そういえば、先日参加したあるサッカーセミナーでジーコ来日秘話が話題に
出ました。
協会幹部やら当時のマスコミ関係者らはジーコを住金で引き受けてもらおうと
働きかけを平野さんにしたそうです。
思わぬところで平野さんの名前が出ましたが、スカウト以外の側面でもアント
ラーズ創世時代の最大の功労者の一人だったとも聞きました。
そうした方がまた去っていくのだなあと、改めて時の流れを感ざるを得ません。

|

« 真剣勝負の楽しさ--クラブワールドカップ決勝 | トップページ | インカレ開始--流経大VS八戸大戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13162244

この記事へのトラックバック一覧です: 引き継がれるもの--本田引退、そして平野氏のこと:

« 真剣勝負の楽しさ--クラブワールドカップ決勝 | トップページ | インカレ開始--流経大VS八戸大戦 »