« 引き継がれるもの--本田引退、そして平野氏のこと | トップページ | 日の国入り前に »

2006年12月23日 (土)

インカレ開始--流経大VS八戸大戦

さて、年末の忙しい最中ひっそりとインカレ開始。
まずは中1日のタイトなスケジュールでグループリーグ三連戦。

本日はリーグ二戦目。
Aブロックの流経大VS八戸大戦@フクアリ を観戦してきました。


一昨日の福山大戦では、攻め込むも点が取れず後半終盤船山兄君の
ペナ外からのシュートが決まり辛くも1-0で勝利だったとか。
まさに値千金のゴールだったのねー。
スロースターターとの評判どおりの第一戦だったようです。


でも、さすがに中1日の日程と明後日の福岡大戦を考慮し、船山兄君・
難波君・平木君らは温存してメンバー変更。

八戸大は福岡大戦で2-1だったため油断できないと想像していたのですが、
試合が開始するとその不安は払拭されました。


糸数君、金久保君、西君、池田君あたりが縦横無尽に動き、ボールをうまく
回しサイドをついては決定的なシーンを多く作っていました。
ここまでなら第一戦と同じかもしれないけど、今日のメンバにはセットプレーの
決定力がありました。


平木君がいなくても、金久保君の見事なFK(タイミングを外されGK動けず)や
CKからの流れで2得点。
後半は、キレキレの池田君が2ゴール。
その後は、徐君のプレーに沸いたり笑ったりで楽しんでいるうちに6-0で
勝利。


相手との地力の差があるにせよ、流経の選手達は皆基本的技術がしっかり
していて、コンタクトも強い。
さらに体の入れ方・ワンツーのパスさばきなどはとてもうまい。
なんというか、しっかりしたサッカーをするのですよね。
大学生がなかばプロのようなポゼッションサッカーができるのは素直に
素晴らしいと思います。
船山君の出番はなくとも見ていて楽しませてもらいました。



その中で、良い意味で異彩を放っていたのが徐君。
後半登場するや応援団の歓声が俄然盛り上がってました。
192cmの巨体でヘッドで期待されるだけでなく、シュートを4本放つ。
これが、皆惜しいものばかりだった。
GKに詰めてボールを奪ったりオーバーヘッド(!)をしたり、いろいろと
やってくれる。足元はうまいのかどうかよくわからないけど、意外性の
塊のプレーの連続なので、こちらも変にわくわくさせられました。
このカンジは、盛田@現広島の大宮時代と同じ気がしてきた・・・(^^)。
性格もよさそうな選手で、今後ちょっと楽しみにしようかと。



船山兄君は、結局観戦した平野氏&クマの目の前でプレーを見せられず。
四年生自らボールを運んだりしてました。
試合中ベンチでは、副審のアクションを立ちあがってモノマネしたり(笑)
楽しそうにしていましたよ。
スカウト陣で見かけたのは、(おそらく)鎌田君チェックの小見氏&下ちゃんの
柏関係者くらいでしょうか?


これで、福岡大とは勝ち点6同士で明後日対戦。
勝てばもちろんトーナメント進出となります。
本番はこちら。
今日の下級生達に負けないよう、さすが難波&船山兄のホットラインという
ところをぜひ見せてほしいです。
熊本の結果次第ではあるけど、予定は明後日も行くつもりです。頼むよ!

|

« 引き継がれるもの--本田引退、そして平野氏のこと | トップページ | 日の国入り前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13162816

この記事へのトラックバック一覧です: インカレ開始--流経大VS八戸大戦:

« 引き継がれるもの--本田引退、そして平野氏のこと | トップページ | 日の国入り前に »