« 長谷川監督ごめんなさい----天皇杯準決勝 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2006年12月31日 (日)

天皇杯準決勝その2--こぼれ話

準決勝後鹿サポ仲間とお茶した時友人が言っていたのですが、伸二と本山、
仲の良い2人のプレーの差がこの結果になったのだと。
本山の後半のシュート、ボール一個外したんですよね。
残念だった。でも、次打てばいけると思って応援したけど、最後の最後には
ど外しのボレーだった。


まあ、しかたないかなあ。本山には来年も期待してます。
何だかんだ、誰とも合わせられるしキレあるプレーができる選手だもの。
#海外移籍なんて夢みたいなことは、言いっこなしで(爆)。


で、もうひとつ話題になったのが「ヤナギはいったい誰とあうんだろう」で。
即「マジーニョ」が出たのは笑うに笑えない--いったい何年前の話か?
誰ともあいそうで、実は誰ともあわなさそうな選手になってしまったのかも。

---ヤナギの話をしていると憂鬱になるのでこのへんで・・・。
とにかく、個で勝負できる選手になってくれないと話にならないですわ。
#われながらヤナギには相変わらず厳しい。でも、もうそういう年齢なのですよ。



さて、準決勝こぼれ話二題。
まず、試合終了後決勝を求めるレッズサポの節操の無さにあきれると同時に
腹がたち。
鹿島ゴール裏コンコース出口までやってきて「チケットを譲ってください」と
変に丁寧にこちらへおねだりする彼ら。当然無視しましたけどね
え? 君達はJで一番チームをサポートする力があると自負してるんでしょ?
そんな彼らが何で、準決勝終了までチケットを買ってないのよ。
ホントのサポなら決勝チケ発売直後に買っておくもんでしょうが。
妹に話をしたら「ったく、物欲しげで品がない」と言ってましたですよ。




おねだりといえば、準決勝前の高円宮杯U15決勝戦で東京Jrユースっ子達に
可愛くおねだりされました(笑)。
後半いきなり「鹿島アントラーズ!」コールがバックSA席付近で始まり、次に
出たコールが「一緒に応援!」だもんなー。

基本的にこういうのに鹿島サポは弱い(笑)。
それまでもゴール裏は東京を応援している人多数だったけど、手拍子合わせて
一挙に盛り上がりましたよ。
大人のサポを良い意味で煽ってお願いできる東京Jrユースっ子。
良い意味で東京で育った子達だなあと思う。
(彼らは、最近の東京ユースっ子でも一段と明るい世代らしいですが)。
今後も鹿島ユースと東京FCユースとは様々な試合で戦うでしょうけど、
一緒に頑張ろう。


この試合では、ガンバJrユース二年生の宇佐美君という新しい発見もあり
ました。
シュートもCKもFKもパスも何でもやってしまうキャプテン。しかも2年生。
なんと一人で8本もシュートを打ったとか。
とにかく上手い。しかも盛り上げる術も知っている。
面構えも先輩安田系のやんちゃっぽさを持っている。これは楽しみな子が
出てきました。

|

« 長谷川監督ごめんなさい----天皇杯準決勝 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13281733

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝その2--こぼれ話:

« 長谷川監督ごめんなさい----天皇杯準決勝 | トップページ | 明けましておめでとうございます »