« 準々決勝進出--インカレ流経大VS福岡大戦 | トップページ | 長谷川監督ごめんなさい----天皇杯準決勝 »

2006年12月28日 (木)

天皇杯準決勝前に

フェルの「ボクハイナカモンナンデス」(byフリークス)発言、 直接聞いて
みたかった。
天使の笑顔でそんなこと言ってくれたら、何でも許しちゃうよ(またかい)。
鹿嶋の町が大好きだったのね、そうなのね(号泣)。
青森行きの機内で静かに読書していた姿がまた思い出されます。



アレックスの茶目っ気ある最後のインタビューにも泣けた。
この2人をはじめ鹿島に来る外人は皆性格が良いのが基本ですよね。



さて、今日は会社の方は御用納め。
会議と大掃除と納会(=飲み会)と最後は最後で忙しそうだ・・。
で、明日は明日で国立の並びで早く家を出る予定となると、しばらく
書きこめそうにないので、今のうちに明日の天皇杯準決勝について
少しだけ触れておきます。


今朝のニッカン紙面によると、FWスタメンに田代とヤナギの模様です。
ヤナギは「田代の高さを生かさない手はない」と言ったとか。
田代が競って落としたボールをヤナギが拾って前線へ、そこへ走りこんだ
田代がパスを受けてシュート--なあんていうパターンかなあ。
アレックスの時もそんなパターンがあったけど、アレックスはポストやキープ
が上手かったから成り立ったけど、今年後半のヤナギはボールを奪われる
ことが多かったし、大丈夫だろうか?
まあ、自然とボランチになってしまうダ・シルバでは話にならないので、ここは
ヤナギに踏ん張ってもらうしかないですね。


田代は福大先輩の坪井に臆することはないぞ。
高さで負けるわけはないけど、スピードも自信もってよいと思う。
今週のサカマガ田代インタビューによると、パウロは田代に「ゴール前に
張っているように」と指示しているらしいです。
そう、田代の強みはゴール前で高さで勝負できることと体を投げ出す勇気。
持ち味を発揮できれば勝機が見えてくるはずです。


あとは、中後の散らしに期待。
5月のレッズ戦では終盤徐々に存在感を示した彼の成長ぶりをレッズサポに
見せ付けたい----啓太にプレーで負けないよう頑張れ。
また、拓也・本山らが向こうのDF陣を翻弄してくれますように。




向こうで警戒すべきは、とにかく鹿島戦でゴール量産中の伸ちゃん。
フリーマンになりそうなので、誰が捕まえるか決めておいてほしい。
ポジション的にやっぱり中後かな。ペナ外でフリーにさせちゃうと5月のような
ことになるので、ゴール前を固めるだけの守備はやめてほしい。



元日にサッカーが出来る幸せ、サポートするチームを応援できる幸せを
皆で味わいましょう。そのために、あとひとつ、踏ん張りどころです。

|

« 準々決勝進出--インカレ流経大VS福岡大戦 | トップページ | 長谷川監督ごめんなさい----天皇杯準決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/13232228

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝前に:

« 準々決勝進出--インカレ流経大VS福岡大戦 | トップページ | 長谷川監督ごめんなさい----天皇杯準決勝 »