« 朝から血圧あげてくれてありがとう(爆) | トップページ | 今日は名古屋戦 »

2006年12月 8日 (金)

人事往来その1---フェル書きなぐり

ココログ停止中の間(結局バージョンアップできなかったとは・・とほほ)に、
やはりといっては何ですがアントラーズの人事往来がありましたね。

改めて今回のメンバーを思うと、皆覚悟はしていたのですが、それでも淋しさ
がこみあげてきます。

フェルナンド・アレックス(どちらかは残ると思っていた)、本田・ナラ。
それぞれに惜別の情がありますが、今一番淋しく思うのはフェル。
膝手術で帰国の報を知った時ひょっとしてとは思ったけど、そのまま契約解除
してしまうとは・・・。
フェルに挨拶する機会を作ってくれなかったフロントを少し恨みます。
せめて、8月のエコパの名波みたいにビデオレターを作ってもらえないもので
しょうかね・・?

フェルというと、プレー以外で個人的に思い出すシーンが3つあります。


ひとつは、一昨年だったかな。
練習見学の帰り高速バス停でぼおっと待っている時、何気なく左を向いたら
車を運転するフェルと目があい、満面の笑みで会釈してくれたこと。
「フェルは可愛いから許す」を作った(笑)きっかけになった天使の笑顔。
あんな顔を見られたら、何でも許しちゃうよ、フェル・・。

二番目は、これも一昨年の青森遠征の行きの便。
選手と同じ機内だったので後ろの座席から選手の様子を見ていたのですが、
フェルは静かに読書をしていました。
その雰囲気が敬虔なクリスチャンそのものの様子で、落ち着いた好青年なの
だなあと思ったものでした。
#この時は、羽田での搭乗口までのバスの中も選手達と一緒。
    赤い格好をしてない私達を一般客と思ったのか、選手達はやたらとリラックス
    して雑談に花が咲き誇り、思わずこちらが笑いをこらえる場面もありました。
   話題をひっぱっていたのはイバとイケ。肴にされていたのは金古・岩政・深井・
  青木あたりだったかな。これも懐かしい思い出です。

もうひとつは、これもどこかの遠征帰りの空港で、フェルが検査にひっかかり
スリッパに履き替えベルトを外しはにかみながら両手をあげていた姿。
何でもないシーンなのですが、こんなことが思い出されます。

何というか、どれもフェルの人柄を思い起こさせるシーンでした。

空き時間を利用して書いてるので詳しくは書けませんが、フェルへの思い出を
まず触れてみました。
(また、後ほどまとめてみます)

そういえば、昨日のレイソルオフィシャルブログにリカルジーニョの笑顔の写真が
載っていました。笑顔ゆえによけいこちらも淋しさが・・。
当人の希望かと思いきやレイソル側で契約更新をしなかったのですね。
リカのかわりに昨年ボランチコンビを組んだフェルがレイソル---なんてことは
ないよね・・・??( 日本でフェルがプレーできるならそれでもいいや)(爆)

|

« 朝から血圧あげてくれてありがとう(爆) | トップページ | 今日は名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/12982223

この記事へのトラックバック一覧です: 人事往来その1---フェル書きなぐり:

« 朝から血圧あげてくれてありがとう(爆) | トップページ | 今日は名古屋戦 »