« 今日は天皇杯HondaFC戦、頼むぞ | トップページ | 一本くらい蹴らせてあげて(笑) »

2006年11月10日 (金)

結果が大事と言いつつも--天皇杯HondaFC戦

昨日は残業をしていたので、試合中はほとんど社内のトイレや人目を盗み(^^;)
携帯にて某巨大掲示板実況スレなどをチェックしまくってました。
後半、岩政の4点目を知り「二失点病でも勝てるな(爆)」と落ち着きを取り戻し、
自宅へ帰る気になりました。



とにかく、FC東京線以来6試合振りの勝利。
ここまで長かった~。 45日ぶりですよ。
今シーズンは二度と勝てないのではないかと疑心暗鬼になっていたので、
まずはほっとしました。


現地観戦した友人から「不満大」・「フィジカルで負け」・「トラップできない」・
「プロか?」等々超辛口の連絡が入りました。
それでも慎三がのびのびやっていたのが楽しかったと教えてくれたので、
深夜の録画放送を楽しみに見ました。
(途中意識を失ったりで全部ちゃんと見たわけではないですけどね)(^^;)

見た印象としては、ナビ決勝に続き復調し始めてはいるけど相手がJ1チーム
だったら厳しい試合になったかもしれないなあと思いました。
先制点後も攻め続け、追加点を奪えたのが大きかったですね。
深井、グッジョブ。
昨年の日本平を思い出す得意な角度からの一振りが決まりました。



昨日の交代選手を含むメンバーでは、ファビオ、ダ・シルバの2人だけが
チームのリズムにのれていない様子でした。
ぶっちゃけ、テンポが遅くて持ちすぎ。(何度同じ事言わせるかなあ)
ミスが多かったのは誓志・青木らを加えた中盤全般でしたが、その中でも
この2人は止まってボールを受け周囲の動いている選手を見ずにステイして、
どこへボールを出すか考えてからパスを出すものだから、相手にカットされ
続けていました。


今年見学した練習では、奥野コーチが「動きながらボールをもらえ」と何度も
言ってました。
これはアウトゥオリの指導方針でしょう。
サイドのスペースを突く速いパス回しを監督は志向していると思うのですが、
それを実行できないのが、他ならぬこの2人とは皮肉な話ですね(嫌味)。


そんな中、確かに慎三はキレキレで現地で見たらよりいっそうわくわくした
だろうプレーを披露し続けました。
イバと相性が良いみたいで、後半左サイドにまわり生き返ったイバとうまく
連携を作ってました。
また、裏を狙う動き出しも守備も良かった。
シュートについては、・・・ポスト当て名人と命名しますか(^^;)。
誓志も前線に近づくにつれ慎三とのコンビでうまくからめてましたが、慎三を
一度五輪代表にぜひ選出してほしいと思いました。
残念ながら中国戦にも選ばれなかったけど、年明け早々のカタールには今度
こそ行ってくれないと・・。
#中国戦はメンバー底上げということで誓志も青山直も不在なのね、残念。
  家長と鎌田君は楽しみですけどね。



また、田代も持ち味を発揮。
ナビスコの悔しさをぶつけるようなゴール&働きを見せてくれました。
今シーズンはこのまま、慎三と田代をスタメンで起用してほしいなあ。
(ヤナギ・拓也・本山・深井とけが人続出でもあるし)(orz)。

田代がいると、明確なターゲットがあるし高さを生かした展開ができるので、
これまたイバもやりやすそうです。あとは、クロスの精度をもう少しあげないと。




一方、HondaFCには、土屋・西の大卒コンビで懐かしい顔がいましたね。

土屋は岐阜工で片桐とペアを組み旋風を巻き起こしたMF。
昨日も二列目から時折クロスやパス供給に頑張ってました。
国士大時代は全く見てないのですが、印象は高校時代と変わらず、若い
雰囲気ですね。

一方、西は市船マニアの友人が「望実ちゃん」と呼んでたのが印象に残って
ます(笑)。
立命館時代のプレーは二度見た時ともボランチの運動量が半端ではなかった。
一昨年のインカレ決勝で駒大と対戦したのですが、文字通り不動のボランチ
中後(爆)と対照的だった記憶があります。
西@磐田の弟にしては(爆)端整な風貌。
彼らが第二の古橋になる可能性もあるわけで、その時はぜひ鹿島にね。




深井・本山が肉離れの疑いがあり、拓也も軽症ながら同じ症状、おまけに
ヤナギまで足首通と、ここへきて怪我人続出です。
みんな怪我するほどきつい練習してたの?
10月の 試合では限界になるようなプレーは見なかった気がするけど
--って、-はい、毒吐きすぎですね。
ガンバ戦はお互い怪我人が多い中、どんなメンバーでいくのだろう。



インドでは篤人が奮闘中。
オーバートレ気味ながらついにアジアユース決勝まできました。
冷静な彼も、さすがにPK戦勝利直後は嬉しそうにしてました。
#槙野退場、しかも柳川はヴィッセルへ、決勝は福元と誰でいくのでしょう・・?



今日の準決勝はとにかく、GK林君の活躍あってこそですね。
春頃鹿島の練習生の経験もあるから、つい応援したくなります。
篤人、精一杯勧誘してくるんだよ(笑)。
アジアユース優勝をお土産に流経へ戻り、今度は関東大学リーグ優勝を
自分の手で勝ち取れたら最高でしょう。頑張れ。

|

« 今日は天皇杯HondaFC戦、頼むぞ | トップページ | 一本くらい蹴らせてあげて(笑) »

コメント

2人肉離れしてしまいましたね。
ヤナギと野沢は練習で負傷してでなかったそうで。。。

でも、勝ちから遠のいてたので今回の勝ちは嬉しかったです。

よかったら私のブログにも来てください。

投稿: yandou | 2006年11月11日 (土) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/12626545

この記事へのトラックバック一覧です: 結果が大事と言いつつも--天皇杯HondaFC戦:

» アジアユース決勝 [欧州サッカー談義(ACミラン)その他時事ニュース]
U19(19歳以下)日本代表は決勝で北朝鮮と対戦し、11からのPK戦で35と敗れ、惜しくも初優勝を逃した。 [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 23時06分

« 今日は天皇杯HondaFC戦、頼むぞ | トップページ | 一本くらい蹴らせてあげて(笑) »