« 今さらですが、振り返りますか--千葉戦 | トップページ | テレビ観戦雑感--横浜戦 »

2006年10月20日 (金)

三ツ沢で鹿島・柏を思う

一昨日ですが、6月に続き三ツ沢で横浜FC対札幌戦を観戦してました。
ご贔屓チームのわけではないのに、横浜FCの試合を見るのは今年4試合目。
札幌2試合、草津、仙台と対戦相手が見たかったからなんですけどね。



ぎっしり埋まったバックスタンド。
キックオフ後に到着したため、アウェイ側も空席を探すのに手間取りました。
どうやら横浜市内の招待客がかなり入った模様です。
後から知ったのですが、現チェアマンの発言等いろいろあったみたいですね。
昇格目前でこんな発言が出るのは、横浜FCサイドからすれば水を注される
印象を持ってしまうでしょう。
それを意識してかどうか、バックスタンド外コンコース壁に多くの子供達の
横浜FCへの激励メッセージがたくさん張ってありました。




さて、試合はというと、6月の三ツ沢で鮮やかに横浜を葬った札幌が、昇格
争いのプレッシャーから開放されどれだけくらいつくかが楽しみだったのです
が、結局は3-0と大差で横浜勝利でした。
しかも、横浜は首位奪還のおまけつき。
柏のためにも札幌にはもう一矢報いてほしかったんだけどな。


途中からは柏の戦況が気になって始終携帯でチェックしていたのですが、
あちらもいつのまにか3失点で敗戦、3位転落。
しかも柏は一試合多い状況なんですね。こりゃ厳しいかも。
心情的には柏には何としてもJ1復帰してもらいたいのですが、観戦予定の
29日の柏対横浜FC戦で柏がきっちり横浜に勝てば展開は変わる可能性も
ありますよね。
3年連続入替戦はもうしたくないでしょう。何とか二位確保を・・。
愛媛戦は見てないけど、慎重に入りすぎて動きが悪い等柏のアウェイの
出来の悪さのパターンは、そのまま鹿島に当てはまるわけで、その意味でも
柏には奮起してほしいところなんですよね。



対して目の前で見た横浜FCは、GKをはじめとする守備の堅さが戦い方を
締めているというか、攻撃にも効果をもたらしている印象。
3得点のうち2得点がセットプレーなのも先日の千葉のようでした。
また、横浜・札幌両左サイドの出来が勝敗を分けた印象も持ちました。
キレキレでテクがあるアウグストに札幌は応対に手間取り、一方後半登場の
西谷はポジショニングこそ素晴らしいのですが、結局はDFに応対されてしまう
シーンが多かったような。
平均年齢で遥かに上回りながら、走れる選手をうまく配置した横浜のメンバー
構成の勝ちなんでしょうか。
札幌は、結局フッキ頼み。
彼を見ているだけで楽しいけど、奮闘していた上川・藤田らが砂川なみの運動量
を発揮してくれたら展開はもう少し変わったかもしれないなとは思いました。



でも、両チームともスペースへのパスまわしが結構速くて、要所ではドリブルで
運びと、きびきびした印象でした。
特に札幌はパスミスはあるにせよ、一貫してそうしたプレーを心がけているよう
に見えたのは、監督の指導の賜物でしょうか。
少なくとも、最近の鹿島よりもずっと良いサッカーができているのですよ。
この差はいったい何なんだろう・・・。
清水戦のような試合を待ち続けてます。


|

« 今さらですが、振り返りますか--千葉戦 | トップページ | テレビ観戦雑感--横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/12342402

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ沢で鹿島・柏を思う:

« 今さらですが、振り返りますか--千葉戦 | トップページ | テレビ観戦雑感--横浜戦 »