« 長居勝利のために私ができること | トップページ | ガーナ戦 »

2006年10月 2日 (月)

やろうとしていることは見えたと敢えて言おう--C大阪戦

セレッソ戦用に変えた赤仕様のデザインは縁起悪い(爆)ので、3日間限定として
元に戻しました。
#もともと好きなデザイン・色合いで、セレッソ戦結果の懲罰ではないです・・(汗)。




昨日は通天閣&新世界・日本橋・道具筋とディープ大阪を案内してもらい(じゃりん
子チエやふたりっこの舞台)(^^)、千日前「はつせ」でお好み焼きを食べ、伊丹より
午後便で帰宅となった次第。
(天候の影響でJALはかなり遅れました。 山形へ行った友人の情報だと、奥野
 コーチ・慎三ら選手は長居⇒サテ山形への移動が間に合わなかったそうな)


関西組の観戦仲間のみんな、どうもありがとうございました~。
「上方の笑い」を大学卒論にしたほど上方落語・お笑い・大阪が好きだったクセに
通天閣・新世界は実は初めて、感慨深く大学時代を思い出したりして・・・・。
ちょうど通天閣では、10月1日が「展望の日」に制定されたとか。
よみうりテレビが取材に来てました。
ひょっとして今夜のニュースに取り上げられ阿呆面が関西で晒されるかも・・(爆)。





話を試合に戻しますね。
いつも通り、伊丹で551豚まんを仲間用に購入後長居へ。
並びの時は9月末とは思えない日差しがさんさんと照りつけかなり暑かったけど、
試合開始時にはひんやりと風が冷たいくらいでした。
いつものように、ゴール裏の上段(応援中心よりやや下目に)に席を取りました。





今度こそは長居で絶対セレッソに勝つぞという意気込みのはずが、何と!
7番レプリカを忘れる大失態(オーマイガ)。
ショップで販売している鹿島コンフィットTシャツはサイズ切れ(何とは言わない)
のためやむを得ず赤いカーディガン着用で応援。




こんな私のチョンボのせいか、鹿島は後半終盤に追いつかれるいつものパタ
ーン(ーー;)。今シーズンいったい何度目なんだ。
学習能力がないなあと情けない気分満載ではありました。
オフサイド云々の前に、ソガ、動いてよ。(あんなに抗議したイバは初めて見た)



名波のゴールはしかたない、あそこで打った名波のファインプレー。
その後なんですよね、問題は。
ボランチ二人の足が止まったせいもあるけど、引きすぎて前がかりになれず、
押し込まれっぱなしのパターン。清水・ナビ横浜・東京戦、皆そうですからね。
特に、誓志が疲れてくると視野・判断が遅くなってプレーが雑になり、ミスが
増えるのが気になります。
正直誓志のボランチはあまり見たくないような・・(ごめん)。
やっぱり青木をボランチに戻してほしい。
青木だったらゼ・カルロス応対に四苦八苦していた篤人を少しはカバーできたと
思うのだけど。

また、何度も言ってるけど二点リードを守れるような守備力は今はないのだと皆
自覚してほしいですよ。
深井が投入された意味は、カウンターで相手に留めをさすことのはずなのに右で
打てないばっかりに(嘆)。
深井ーー、右足の練習を徹底的にしてくれ。
中後も、あの時間帯で無謀に鹿島っても味方のフォローがなくては奪われるのは
目に見えているよ。
もっともっと貪欲に点を取ろうとしなくては。
終盤の誓志のシュートは良かったと思う。
少なくともボール奪われてカウンターの可能性は減るわけだし。

・・・しかし。
あーだこーだ書いているわりには意外に思われるかもしれませんが、実は
セレッソ戦の戦い方に少し希望を持てたのも事実でした。
まだ映像は見てませんので現地での感想でしかないですけどね。
上から見下ろしていると、フォーメーションや動きが結構わかるもんですね。


出だしはそうでもなかったのですが、徐々に前からアタックに行く寄せの早さが
かなり見られ、ボールキープ率があがりボールをまわせていました。
東京戦の解説ヒロミ氏が
「鹿島の方が早めに連動してプレスをかけている」
と言ったのが頷ける出来だったと思います。
(東京があまりにも遅くてフリーにさせっぱなしだったのも事実ですが)。
#ハーフタイム「前からのプレスがよくなっているよね」と言ったら仲間に
「相手がひどいから」と言われちゃったけど(爆)。




攻撃面では、特にイバ・青木らのロングサイドチェンジで前線に飛び出している
篤人・拓也(ファビオ)を使おうとする意図がよく見えました。
また、イバは再三前線サイドのファビオらへ縦のスルーパスを試みていました。
約束事がきちんとしてくれば、あれも有効だと思います。
#ただ、某サイトで見たように足が痛むのか積極的上がりはあまりなかったです。



そして、拓也・ファビオのゴールデンコンビができたのも収穫でした。
二人とも同じように右からのボールを見事なボレーでゴール。
特に拓也はアイディアが素晴らしい。
まさかあんな角度で打つとは、ファンタジスタそのものですわ。
(ヤナギだったらバックパスしちゃうんだろうな)
FKも惜しいのがあり、得点の匂いをさせる選手になってきましたね。



ヤナギも、一本だけ(違ったらゴメン)シュートを放った。
打っただけで良しとしておこうと仲間と言っていたのだけど(爆)。



アレックスは献身的な守備・ボール裁き・つなぎと復帰の兆しが見えてました。
あのプレーがあるから彼は欠かせないですよね。


と、あえて良いところを見つけようとしてみました。
実際、名波ゴールまでは鹿島の試合だったと認識してますからね。

福岡戦の反省は、選手だけでなく采配に責任を持つ監督もぜひしてください。
今夜にでも放送を見て感想があればまた・・。



■ 追記
ファビオゴール直後、ついにあのコールが復活。
そう、「ファービオ! ファビオ! ファビオサントス!」 
最後が違うけど、まあ、いいや。
もう楽しくて大笑いしながらノリノリで歌っちゃいましたよ。
一昨年FJ版コールを聞き衝撃を受けたらしい東京サポに先週カシマで聞かせ
たかったなー(笑)。

|

« 長居勝利のために私ができること | トップページ | ガーナ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/12122661

この記事へのトラックバック一覧です: やろうとしていることは見えたと敢えて言おう--C大阪戦:

« 長居勝利のために私ができること | トップページ | ガーナ戦 »