« フリークス11月号 | トップページ | プロなら仕事しろ »

2006年10月29日 (日)

日立台で柏・鹿島を思う

先日同じようなタイトルで書き込んでますけど(^^;)。
今日日立台で見た柏は、これまた鹿島によー似た戦い方を見せてくれました
とさ。とほほ・・・。


J1昇格争いの大一番、三位柏VS二位横浜FC。
先週三ツ沢で見た横浜FCは落ち着いて自分のペースにもっていってました。
ここのところ生では見てなかった柏がどこまで対応できるのかなあと不安では
あったのですが、今日は勝てる試合を監督采配で終盤二失点(これもある意味
二失点病?)、勝ち点2を失った試合となってしまいました。



序盤は横浜FCペース。
しかし前半27分の岡山ゴールあたりからはほぼ柏が主導権を取り続ける。
ハーフタイム直前に警戒すべきだったアウグストに入れられたものの、後半
フランサ投入後はディエゴとのコンビが冴え、鈴木達也もそれについていき
ディエゴが2点を追加。
こりゃ柏が勝つぞと思ったんですけどねえ。


後半35分にそれまで奮闘していた平山に変え近藤を入れて守りを固めた
とたんにアレモンに二失点。
あー、既視感ありまくりの光景が目の前で・・・(ーー;)。


アレモンにびびってシックスバック(爆)を採用、あんなにライン下げてたら、
そりゃやられるわなあ。
近藤が入ってDF陣が混乱し、近藤もやることなすこと裏目で試合を壊して
しまいました。
久しぶりに見た彼は試合勘がない様子で、ああした投入は気の毒でした。



鹿島も柏も、二得点を守りきれるほどの守備力はないわけです。
だからこそ、最後まで相手に止めを刺すような采配をしないといけない。
鹿島なら深井投入、柏なら誰なんだろう?
谷澤あたりにドリブル・キープさせる手もありかと思うけど、彼は新婚だから(嘘)
ベンチ落ちで不在でしたし。




でもね、近藤投入までの柏は見所多くて楽しませてもらいましたよ。

久々に見た山下がポストやヒール等のパス裁きにセンスを感じ、シュートを
打てなかったところ(^^;)も含め相変わらずヤナギそっくりでした。
(ポストは今のヤナギより上)

フランサが入ってからディエゴとのセクシーなコンビプレー炸裂っぷり。
三点目なんて平山がからみなんて、チケット代¥4,000の元は取れました。

鈴木達也・平山・山根・リカ、皆良く動き十分な働きだったと思う。

そして岡山。
ヘッドゴールが見られ本人もノリノリなのか、右サイドでドリブルで駆け上がり
きっちり相手に奪われたり(笑)、味方のFKでは横浜GK菅野の目の前で壁の
指示をし続け菅野につっつかれた(笑)り、カズと楽しそうに話してみたり。


そんなこんなが台無しになってしまうのだから、最後まで心して戦わないといけに
ですね。



その他ネタとしては。
・試合前、バックドライン際の目の前で岡田主審がランニングを何度も。
 岡田の走りはあまり見たくなかった(爆)。
 日立台には室内施設がないからピッチで選手と一緒に準備運動しないと
 いけ ないのかな。

・ディエゴとアウグスト、そこにカズが加わって楽しそうに談笑してました。


上位3チーム全て勝ち点1ずつで、昇格争いのゆくえは次節以降に持ち越し。
柏の2位滑り込みの可能性はゼロではないのだから、最後までくらいついて
2位狙いでいってほしい。
(今の柏には入替戦で勝てるほどタフさはないと思う)
「一心同体」の思いをサポーターが持ち続けている限り、可能性は残されている。



あー、ここまで書いてたらもう2時。
後3時間したら起きて大分へ向かわなくちゃです。
鹿島も明日こそ柏のような展開にはならないよう、最後まであきらめずに戦って
今度こそ勝利をものにしよう。

|

« フリークス11月号 | トップページ | プロなら仕事しろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/12468708

この記事へのトラックバック一覧です: 日立台で柏・鹿島を思う:

» [横浜FC]J2第47節 対柏レイソル戦@日立柏 [ウタカタ ノ ヒビ]
柏 3(1-1)3 横浜FC 14:04キックオフ 日立柏サッカー場 得点 柏 岡山(27分)、 ディエゴ(67分、69分) 横浜 アウグスト(43分)、アレモン(82分、84分) 警告 柏 山下(33分) 横浜 小野(9分)、 中島(47分)、早川(53分) 出場選手 柏 GKノグチピント、DF蔵川、岡山、小林、石川... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 09時38分

« フリークス11月号 | トップページ | プロなら仕事しろ »