« やろうとしていることは見えたと敢えて言おう--C大阪戦 | トップページ | ヘトヘトな身に朗報(^^) »

2006年10月 5日 (木)

ガーナ戦

雨が気がかりで気乗りはしなかったのですが、チケットがもったいないので
ガーナ戦、行ってきました。
2週間ぶりの日産、観客1万2千人のナビの4倍以上も集まれば、そりゃー
新幹線も道中も混むわな。キックオフぎりぎりの到着でした。
(着席してから19:20キックオフと知った。あれ、19:00って告知してなかった?)



鹿島選手はゼロだし、間近に戦うジェフ選手偵察のつもりで見てました。
以下、適当な感想を箇条書きで。


・巻はどんどん隆行化してる。ミスも多かった。
 それでもスタメン起用ということは ターゲットが欲しいからなのか。

・山岸は3月に対戦した時と同じ印象(あの時は右サイドだったけど)。
 前半果敢にゴール前へ再三飛びこんで怖さをもっていたけど、結局最後は
 消えちゃうんだな。前半耐えれば何とかなるんじゃないか。

・良い意味で意外だったのは水本。一対一に強く落ち着いている印象。
 ちょっと手ごわいなあ。でもジェフの失点が多いのはなぜ?

・羽生はあまり印象に残らず。
 (交代選手では、とにかく憲剛に目を奪われてたので)

・勇樹は水本・今野に指示しまくり。頼もしかったと思う。
 急造3バックというと、2000年ニューイヤーユースカップ@駒場だかで、
 勇樹・茂庭(ともう一人誰だっけ)と組んで可愛そうなくらい連携できず
 大量失点くらい悄然としていたのを思い出す。成長したね。
 しかし、水本・今野がサイドを途中で変えていたのはマンマークだから?
 それとも、マークにつくべき選手を途中から水本にまかせたのか?
 よくわからなかった。 



試合としては、とにかくガーナの懐の深いボール扱いに目を奪われてました。
はっきり言って余裕で交わされ、子供扱いっぽかった。
身体能力だけじゃなく足元も点差以上に力の差があったと思う。
まあ、ヘタなのを自覚してるからこそ走力・連携強化なんでしょうけどね。



目についたのは、やっぱりすでに触れた憲剛ですね。
パスセンス・スペースへの動き両方できる選手はそうそういない。
遠目に見ると、姿形などホント俊輔に似ている。
2人が一緒にプレーして混乱してみたい(笑)。


播戸はゴールならず、でも良さは出ていた。二川は何してたかな。
長谷部は確かに最近あまり良くないと聞いていたとおりだった。
(ドリブルであがってのシュートで期待させたけど、その後は判断遅くてね・・)



結局、青木もイバもそれ以外の選手も選ばれず。
まあ、今日のメンバーにもし入るとしたらこの2人が途中交代で一度は入っても
面白いかもとも思ったけど、まあ、どうしてもというレベルではないしなあ。
馴染むのに時間かかりそうだし、やっぱり今の代表には選ばれなくて良いという
か選ばれるほどの活躍はしてないですわ。
ウチの選手達が「鹿島にいる限り代表に選ばれない」って疑心暗鬼になったと
したら残念だけど、そんなこと思う前に、まずきっちり最後まで積極的に戦って
きっちり勝利を収めてくださいな。
14日の千葉戦・ナビ決勝と代表様千葉軍団と二度も戦うことができるのだから、
そこで好パフォーマンスを見せてまず
「鹿島のあの選手が選ばれないのはおかしい」
くらい言わせないとね。

|

« やろうとしていることは見えたと敢えて言おう--C大阪戦 | トップページ | ヘトヘトな身に朗報(^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/12147288

この記事へのトラックバック一覧です: ガーナ戦:

« やろうとしていることは見えたと敢えて言おう--C大阪戦 | トップページ | ヘトヘトな身に朗報(^^) »