« ヤナギ! 言わずにはいられない | トップページ | お肌もピッチもぼろぼろ--その2 »

2006年9月12日 (火)

お肌もピッチもぼろぼろ--その1

昨晩は都内に戻ってから例によって某ホテルに泊まったまま出社したので、夜帰宅
してから、京都戦を見返しました。




意外だったのは、デキが悪いながらも案外と良いチャンスは作っていたんですね。
ただシュートまで持ち込めないだけで。--って、それが最大の課題なんですが。
それと、誓志が案外とシンプルにボールを裁いていたことかな。
現地ではパスミスが目立ち、てっきり中後と交代は誓志と思ってましたからね。



全般的には、京都の浅いラインに苦しんだ印象です。
ああいう時はもっと二列目・ボランチから飛び出さないといけないけど。
オフサイドの多さは、疑惑ジャッジを除けば出し手と受け手の息があっていない気が
しました。出すタイミングがワンテンポ遅れていたような。
ただ、フェルはイバをうまく使い、相手のラインの裏を突いていけてたと思います。
こういう展開力こそフフェルの持ち味。やっと少しずつ復調したかなあ。




拓也はやっぱりFW起用の方が良いでしょうに。2トップと拓也が連動してなかった。
あれなら、素直に拓也とアレックスの2トップでいけば相手は脅威でしょう。
二列目起用としても、何も満男のマネをする必要は全然ない。
1.5列目の動きで自分から仕掛けていけばいいんです。
京都戦は、それが結構できていました。
幻の一点目ループなんて、拓也じゃなきゃできない。
よく動き、終盤はインターセプトでも奮闘しチームを引っ張ってました。
消えていた横浜戦と比べると頼れる存在でいてくれました。
顔が痩せ引き締まった印象、プレッシャーは相当でしょう。
ここからが踏ん張りどころ、拓也、ホント頑張ってくれーー。




以前から感じていたけど、2列目で満男のようなタメを作れるパサーがいるチーム
ってそうそうないでしょう。
ドリブラーだったり飛び出すのがうまい選手を置くケースの方が多い。
それでも、ゲームは成り立ち迫力ある攻撃を作っている。
じゃあ誰がゲームを作りボールを裁くのかというと、それがボランチなんですよね。
京都だって斉藤が奮闘していました。




その展開力をCBに回っても発揮してほしかったのが青木なんだけど、残念ながら
岩政に預けるシーンばかりで、ホント宝の持ち腐れでした。
U21代表でリベロ・DFだった頃、何戦かは忘れたけど、角田らと一緒に広報から
ロングフィード連発していた姿が目に焼きついているんですが。
まあ、本職の守備で精一杯だったんでしょうか。
マークを外すシーンが多く怖かったけど、カバーリングは忠実にしていたので、
ギリギリ及第点かなあと。でも、やっぱり青木はボランチで見たいです。


イバは、先週までの絶不調からは少しずつ抜け出したように思う。
再三ライン裏を狙う飛び出しから相手に脅威を与えていた。
決勝点のオウンゴールもイバの飛び出しからのクロスに深井がニアで飛び込み
合せようとしたからこそ相手が慌てああした結果になったわけで。
田代の幻のゴールもイバからのフィードから。私の中では2アシスト(笑)。
守備でも青木をカバーし決定的なものを防いでいたシーンがいくつかあった。
いや、もっともっとやれるはずですぜ。




一方、京都の選手もネタ満載でした。

・足が黒い選手が暴れていたと思ったら、テッシーだった。
 あんなに色黒だったっけかぁーーー!?
  雰囲気も昔のおとなしめな雰囲気があまりなくって、なんだか残念(笑い)。
 ガンバで苦労して揉まれたんでしょうかね。


・オールスター@カシマで外しまくっていたパウリーニョ。
 結構好きな選手と前にも書いたけど、孤立しているように見えた。
 おまけに、角田とやりあっちゃっって。
 角ちゃんの強烈キャラは変わらんかったね。


・キャプテン斉藤大介は去年見た頃からMr.京都は彼だと思ってました。
 人となりそのものは知らないですが、プレーする姿を見ていると誠実できちんとした
 人なんだろうと想像できます。
 昨日もコイントスの主審・岩政に対して腰が低く丁寧な応対がとても好印象。
 それでいて、ドリブル・ミドル・ロングパス・FKと相手のイやなところをどんんどん
 突いてくる。いやー、良い選手です。


・林のスピードは相変わらずで、またもや苦しめられました。
 ウチのCB陣はこうしたタイプ(寿人・モリシ・古橋etc)に弱いからなあ。
 2000年ジェフ戦@福井で小倉のパスに裏抜けて見事に決められたのがトラウマ。
 (帰りの空港レストランで2人楽しげに話していたのがしゃくにさわったっけ)(笑)。
 なぜ千葉は彼を出しちゃったんだろう。
 そういえば、深井に声をかけていたのは共通の友人巻がいるからなんだろうか。


・中払は篤人の清水東の先輩、中払にとっては可愛い後輩でのはず。
 そんな彼をアフターで削るんだから(怒)。ったく将来のある選手に何てことする。
 去年三ツ沢で見直したと思ったのはなかったことにしよう(爆)。


・他にも、石井・三上とレッズサポなら懐かしい選手ゴロゴロだったけど、そちらは
 頑張ってるねーくらいの感想しか無し(笑)。






そういえば、ハーフタイムに見た岩政の頼もしいシーン。
青木を捕まえて身振りつきでいろいろ話しながら下がってきていた。
イイヨイイヨー、とことん話し合って連携良くしてちょうだい。
ピッチに戻る際は、柏原といろいろ話し込んでいた。いろいろ確認したんだろう。
それが効いたのかどうか、岩政へはファウルを取ってくれていた。
(ジョージは守備陣寄りのジャッジが多いからなあ)



田代幻のゴール時誓志がジョージに文句を言ってカードもらいそうでビビリました。
到底「ヘイ!」ですんでるわけなさ気で。
深井が割って入って止めてくれている様子だったので助かりましたが。
誓志のああいう熱さって意外でした。 



ちょっと気になったのは、終了後のソガ・岩政のコメントが微妙にずれていたことで。
心情的には岩政に賛同しちゃうんですが。ソガ、いない人のことを言っても仕方
ないし、今のメンバーでできるサッカーを目指すべきと思うよ。

|

« ヤナギ! 言わずにはいられない | トップページ | お肌もピッチもぼろぼろ--その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11863848

この記事へのトラックバック一覧です: お肌もピッチもぼろぼろ--その1:

« ヤナギ! 言わずにはいられない | トップページ | お肌もピッチもぼろぼろ--その2 »