« さあ、今夜はナビ準決勝横浜戦 | トップページ | 国立は爽快な観戦日和--横浜FC対草津戦 »

2006年9月20日 (水)

決勝進出しちゃいました

延長戦・PK戦を想定して横浜のホテルを予約したのに、9時半にはホテルに
チェックインしてしまった管理人です。
ナビ準決勝マリノス戦、2-1で鹿島敗戦ながらアウェイゴールで第一戦無失点が
効き、決勝進出決定しました。


とにかく勝ち上がったのは良かったです。ほっ・・。




・・・・でもなあ、あんな内容では心から喜ぶわけにはとてもいかないですわねえ。
正直、大いに不満。みんな、しっかりしろーー。
試合直後「こんな出来では次のFC東京戦に勝てるのか」と心配になったぞい。




ヤナギのゴールだって、フリーでほとんどフェルのFKが決まったみたいなもの。
ヤナギには悪いけどレッズ戦同様ゴール直後笑いこけてしまったよ。
それ以外のプレーは90分を通してさっぱりだったからね。
あんなゴールでも自信になればいいけど、だとしたらとことん精神的なもので
プレーの幅が縮こまっていたということなんだろう。
ここ最近と同様、覇気GAなく判断ミスは多い、勝負しない。
ゴール中央から離れていることが多いのにいざクロスがあがる時はファーにも
いないんだもの。イバのクロスも厳しかったけど、少しは競ってほしかった。



だから慎三のコメントは笑っちゃったけど納得ですわ。
慎三、あれ打っちゃえば良かったのにねーー。
慎三は攻撃アクセントをつけ守備もしつこくいき持ち味を発揮していたと思う。
彼くらいかなあ。それなりに良かったのは。



他の選手達も疲れからなのか、動き出しは遅い、パスミスは多い、セカンドは
拾えないと出来は非常に悪かったですね。
おまけにソガのキックがひどくてリズムが作れない。
あれなら小澤のキックとレベル変わらないんじゃないの?



疲れからかもしれないけど、相手は16日福岡でナイターをこなし、翌日台風の中
移動してきている。
国立でプレー後夜には鹿嶋に戻れた鹿島より相手の方が疲労度は大きいはず。
また、慎三は17日のサテ戦にフル出場しているのだから彼が一番疲れている
はずと思うよ。


まあ、それでも、押し込まれ松田に決められながらも最後まで何とか守備意識を
もっていたと思う。拓也・慎三・中後あたりがそう見えた。



残念ながら、前エントリーで書いたような個人対決云々までいく話ではなかった。
というか、日産ゴール裏はやはり遠くてとても見にくいので誰のプレーなのかよく
わからないばかりで。



映像を見たらまた発見があるでしょうから、今夜はこのへんで。
最悪の試合をこれ以上繰り返さないよう、チームを立て直していこう。
とにかく次のFC東京戦に全力投球!
まあアレックスが背中の張りで急遽欠場、何のかんのこれが一番痛かった。
今後は本山・田代・大岩ら怪我人も復帰してきますからね。




【追 記】
読み返してみると、我ながらかなりネガってますね。
まあ、試合に負けて勝負に勝ってと試合そのものは敗戦なので、不愉快になった
方がいたらお許しください。
あのゴール、ニュースの角度から見るとちゃんと首を振ってのものだったのね。
(私の目が悪いのか、ゴール裏からはたまたまボールが来たくらいにしか見えて
 なく、失礼しました)。



しかし、自分でもヤナギに厳しいなーって思う。
昔からヤナギサポではないにせよそれなりに応援してきた歴史はあるんですが・・。

まあ、一つはイタリア時代の選手のあり方や鹿島への戻り方に甘さが見えた。
鹿島のために心中する覚悟がこちらに伝わってこないんですよね、正直。
これも性格的なもので仕方ないのかなあ・・。

それと、ゴールだけがFWじゃないという当人のプレースタイルは認めているけど
そのプレーが今は全然できていないからというのもあるような。

さらに、性格的に無理な要求かもしれないけど、リーダーシップを発揮して若い
鹿島の選手達を引っ張ってほしい点で歯がゆさを感じてしまうんですね。



でも、先ほどヤナギゴール後慎三らがヤナギに飛びついている映像を見て、
彼らを盛り上げていってくれーーって切実に思いました。
こうして好転すれば良いんですが・・・。

|

« さあ、今夜はナビ準決勝横浜戦 | トップページ | 国立は爽快な観戦日和--横浜FC対草津戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11975918

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝進出しちゃいました:

« さあ、今夜はナビ準決勝横浜戦 | トップページ | 国立は爽快な観戦日和--横浜FC対草津戦 »