« 名古屋戦続き | トップページ | どうしよう »

2006年9月 3日 (日)

ナビ準決勝第一戦 まず勝利

レッズ戦からの中2~3日ペース5連戦の最後となるナビスコ準決勝横浜戦。
ホームで1-0の完封勝ち、第二戦を睨みまずは有利な展開となったといえます。



これで京都戦まで一週間あき、その次からはデーゲーム中心となります。
上海遠征後の6試合は観戦するほうも体力的・経済的・精神的にきつい連続(特に
広島戦直後はどん底)だったけど、最後の2試合を連勝できてこちらもやっと上向き
になれますわ。




いや、99年の連敗地獄に比べたら、下位チームとはいえたかだか2連敗なんて屁
でもないはずなのだけど、あの頃は未来を託せる98年組がいたから救われていた
面もありました。
今はなあ、極論すれば篤人一人にその期待がかかってしまうような現状で。
他にも誓志・慎三ら若手はいることはいるんだけどね。
(大卒組は若手とは言わない、また青木・拓也・深井は主力なのでやはり対象外)
まあ、来年入団する舟山はとても楽しみにしている選手ですけどね。



あれ、話が脱線してしまった(^^;)。



横浜戦、内容には不満はまだ多々あるけど、とにかく最後まで完封するんだと
いう一人一人の気持ちが見えて選手達が頼もしく見えました。
これで、ぐっとチームの士気も結束力も高まるでしょう(じゃないと困るヨー)
スカパー録画はこれから見るので現地観戦で覚えている印象ですけど。



はっきりいって前半の横浜は中盤がしょぼく、「こりゃ勝たなきゃいけない試合だ」と
思いました。
窮屈そうにぶきっちょなボランチ川合。
ここぞというところで精度を欠きミスが多かった塩川。
慎三と同期の狩野に消えていた上野だもの。
栗原が鎮座する右に比べ、那須と衰えたドゥトラがいる左の方がねらい目に見え、
対面する篤人には一際期待しました。
(イバの方はどこまで調子が取り戻しているか不安だったしね)


(そういえば、狩野と慎三・誓志は3年前高円宮杯静学VS鵬翔戦で同じカシマで
 対戦したことがあった。
 あのときは静学勝利。入団内定していた誓志が案外体ががっちりしていたのに
 驚いたな。平野スカウトが鵬翔父兄と談笑していたっけ)




実際前半はほとんど鹿島ペースだったと思う。
たまに久保にボールが入ってもシュートまでいかなかったりで(オーバーヘッド一発
だけはびびったけど)、すぐさま鹿島が攻撃に転じていた。



そして、問題にされている先制点シーン。
あれについては、とにかく「文句は岡田に言ってくれ」ですわ。
自陣のクリアから皆がだーっとあがっていき鹿島のチャンス開始。 
ふと見ると誰かが鹿島陣地付近で倒れていたのを見ました。
誰だかわからず、でも主審が止めないのだからこのままいいんだよねと思い、
マリノスの選手もボールを奪ったあとボールを外に出さずそのままプレー続行。
あ、そっちもその気なのねと思っているうちにフェルの見事なミドルがズドンと炸裂。
そうしたら、水沼や横浜選手達が文句言っているわけです。
自分達でボールきらないでいて、何だそれ。


気がついたら岩政・吉田ともに頭に包帯を巻きだしたので頭の接触とわかりました。
頭の場合は命の危険の可能性もあるから、それをとめなかった主審に非があると
思います。
でも、選手達がセルフジャッジや相手に期待するのは間違ってるよ。
審判の笛が鳴るまでプレーはとめちゃいけない。
オシムだってジェフ監督時代
「選手が倒れていても選手達が止めるべきじゃない」
と言ってたし、確か昨年から選手は止めなくてよいと通達が出たじゃないの。



残念なのは、あの後追加点を鹿島が奪えなかった。
それがあれば、試合が終わってもあーだこーだ言われる度合いも減ったと
思うんですけどね。
監督も追加点を取るつもりで、深井・田代・慎三を投入したはずなのにね。
ロスタイムの深井追加点--これが理想的な展開だったなあ。


誓志はフェルとの距離感は微妙だった。でもボランチとして新境地を見せた。
ファビオも攻守にやっとフィットしだしたかな(鈍足は相変わらずだけど)。
ヤナギは前半はあまり役に立たなかったけど、後半徐々にボールを散らし
ドリブルで運びとエンジンになっていけた。
あとはシュートの意識。まるで意地でも打つもんかと思ってるんじゃないだろうなー。



中心と期待される拓也が消え気味。やっぱりFWの方が良いのか。次、次。
イバは、磐田戦の獅子奮迅ぶりからするとまだまだ全然戻ってない。
早期復活と90分集中力をきらさないで頑張ってくれよ。



なんだかんだ言ってもこの試合は篤人の守備が光った試合でした。
CKからの大島の決定的なヘッドを中でクリア、清水戦の誓志と一緒だね。
そうそう、若手はああいうプレーで自信をつけていくよね。
彼、とんでもない大物になりそうですわ(^^)。

今、もう一つの準決勝川崎VS千葉戦を見てるのだけど、フロンタ怖いなあ。
向こうはウチが勝ちあがって2002年の雪辱をしたいのだろう。
絶対そうはさせない。 その前に20日は絶対に勝たないと。

|

« 名古屋戦続き | トップページ | どうしよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11746262

この記事へのトラックバック一覧です: ナビ準決勝第一戦 まず勝利:

« 名古屋戦続き | トップページ | どうしよう »