« 怖いもの見たさで終わらせないために | トップページ | 名古屋戦続き »

2006年9月 1日 (金)

いやはや、なんというか

2日たってしまいましたが、名古屋戦の話を。



二連敗ごとき(爆)でへこんではいられない、元気出さなくちゃと気持ちを奮い起こし
向かったカシマで見たのは、主審の一人舞台、鹿島・名古屋両チームが被害者と
いう何とも後味悪い試合でした。
ありゃーサッカーじゃなくて家本主演の不出来な芝居でしたな。



鹿島のここ数年の戦跡を振り返ると、実は家本シンドロームに直接遭遇したことは
あまりない方だと記憶してます(個々人的な感覚です)。
昨年は、ナビスコセレッソ@カシマで敗戦(ウチの自滅だったような)はあったけど、
あとは大宮戦(拓也2ゴール)で勝利、万博決戦(最後の拓也オフサイドは疑問、
でもまあ)ドロー、清水戦(深井ゴールで追いついた試合)もドローといったところ。
今年はナビガンバ戦@カシマの0-0の守りきった試合がそうだった。
どれも、ヒドイ目にあった印象はあまりなくって。
むしろ、柏原・吉田・(プラス昔の岡田・上川)あたりに被害を受けてきた印象が強く
残ってます。
鹿島も被害者友の会に仲間入りできました、うほっ(イヤじゃ)



ジャッジが全く一致してないので、カードが出るたびに「え?どっち?」って指差す
方を見るとことごとく逆。
こちらの推理力が試されているような(んな、推理は不要でしょ)
最後は接触するだけでファウル。でもそれも、逆だろうと思うのが両チーム均等に
多発しっぱなしですから。

また、メイン側副審も怪しさ連発。
前半深井のPKをCKと、名古屋クリアでCKがGKとかね。たぶんKだと思うので
即やじっておきました(爆)。




まあ、勝ちを拾ったとは言えるけど、あんな勝ち方ではこちらも欲求不満ですね。
実験室メンバーでは、やはり中後右SBが一番怖かった。
ネットで見たマンチェスター・シティ戦はロングフィードだけでなくパス&ゴーを
どんどん仕掛け一皮向けたと思ったのだけど、怪我明けだからか一応ロング
フィードを出すだけで前にあがらないのだけど相変わらず守備はアレなので、
再三杉本に侵入されてました。
左SBの篤人も、前半はあまり仕掛けずでも津田あたりに突破を許したりでした。
開始早々にこの二人にやられ失点食らったときはいったい何点取られるのかと
思いきや、名古屋も徐々に失速。
おまけに、鹿島的にイヤだった選手(増川・杉本・津田)がことごとく交代してくれた
ので、向こうの采配にも助けられた印象もあります。



以下、印象に残っていることを箇条書きに。

・増川は存在がファウル。
 実際にファウルしまくりで大岩を削ったのは一発レッドものだったけど、それ以上
 にウチのCB陣にとって難敵だった。


・代表様直志はあまり目立たず。いつもやりあうイバが不在なので物足りなかった?


・むしろ本田が怖かったかな。堂々としてるし、スペースへの好パスを左サイドから
 何度か出すのよね。運動量は前半限定だったけど。
 #鈍足本田に負けるファビオの脚力はどうなっているんだ(爆)。


・藤田は地味に中盤のそこでタマを散らしていたような。
 後半ワケわからんファウルを名古屋が受け藤田が家本に話しかけているのを見て
 思わず「藤田、ごめんよー」と叫んでシモタよ。
 試合終了後両チーム選手が家本を囲む騒然とした状況の中、家本の手からまた
 もやイエローカードがあがる。あれは藤田に出たのネ・・・。気の毒ではあった。


・秋田が後半アップ開始しだしこちらは半分そっちに目がいってしまう。
 後ろ姿も雰囲気あるなあ。
 例のワケわからんPK時に秋田にイエローが出た(秋田は案外あっさりと従って
 いた。二枚目を意識したんだろうな)ので、終了後名古屋サポから秋田がブー
 イングを浴びるのではと心配してしまったけど、選手達を拍手で迎えていたので
 ほっとした。
 秋田と鹿島選手達、大岩&藤田の談笑シーンが見たかったけどそれどこじゃ
 なかったようで。


・試合後の岩政インタビュー(カン高い声でよく聞き取れず)や鹿島選手達の挨拶
 よりも、名古屋サポの様子、そしてとにかく引き上げてくる家本ら審判団と名古屋
 ベンチの阿鼻叫喚な攻防に目がいってしまいましたよ。
 普通はセンターライン沿いにまっすぐ引き上げるだろうに、騒然としている名古屋
 ベンチまで歩いていき文句を言いい火に油を注ぐ家本。一言、「大馬鹿」。
 (フェルフォーセン監督も試合中にピッチ内に乱入したりいろいろあったけど、
  ありゃー無理ない、気の毒だった)
 相手チームの監督があんなに激昂する姿なんて私は見たくない。
 (某赤チーム監督のあれだけは別の意味で見たくないけどもはや笑いのタネか)


・しっかし、フェルフォーセンはさすがオランダ人というのか背の高い順にFWを並
 べてくる(笑)。セレーゾに通じる嗜好だわ。
 増川のFWも見ものだったけど、噂の古賀マー君のFWが見られるなんて(笑)。
 振り向きざま惜しいシュートを放っていたし、さすが東福岡のCBは得点力ある。


・鹿サポのダ・シルバの評価が結構高いようだけど、個人的にはリズムが回りの
 選手達と全くあわずダメだったと思う。ファビオとしかパス交換してないし。


・どうせ若手二人のコンビを見るなら、(申し訳ないけど)後半の誓志&慎三コンビを
 見たい。
 後半慎三が投入されてから、前線のスペースを2人のコンビで突けるようになった
 のは頼もしかった。
 リードした終盤はヘタにボールを失ってカウンターを食らうのが一番まずいけど、
 慎三は相手と勝負しながらゴールラインまで勝負するから逆襲をくらわない。
 うまい時間稼ぎができていた。アウトゥオリの指示だろうけど、それを実践できる
 慎三、成長したんじゃない?(^^)。前線での守備もしつこくいけるようになったしね。
 次もぜひ見たいですわ。


・拓也のボランチ起用はやっぱりもったいない。結構後ろでコンビがあわずロスト
 して怖かった。満男の後継者になるべき選手だからこそ、やはりFWがいいのにな。


・ハーフタイムには、その満男の原稿棒読み惜別ビデオが流れた。
 試合前にも流れたからかもしれないけど、ゴール裏の冷えっぷりには笑った。
 イイ大人があんな原稿読みしかできないんだからなあ(爆)。
 原稿を追う目線が丸見えなんだよ、こちらも冷えちゃうわ、悪いけど。


・広島戦では福田・大榎らS級講習メンバー達が座っていたあたりにプロレスラーの
 高山他数名がいました。
 写真見るたび思っていたけど、高山って大野さんによく似てるよねー。
 ヤナギと談笑している姿もありました。


・スタンド観戦組に混じってクマの姿もありました。にこにこと選手より若かった(笑)。


まあ、思いつくままにこんなところで。
いよいよ明日はマリノス戦。メンバー戻してくるとは思うけど、この試合を少しは自信
にできると良いのですが(無理か?)

|

« 怖いもの見たさで終わらせないために | トップページ | 名古屋戦続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11704572

この記事へのトラックバック一覧です: いやはや、なんというか:

« 怖いもの見たさで終わらせないために | トップページ | 名古屋戦続き »