« 雨の日は・・ | トップページ | サテ草津戦 »

2006年9月17日 (日)

やればできる---清水戦

まさかの晴天(また日に焼けた~)の国立にて、若手起用の積極さが功を奏し
清水に1-2で勝利! 監督の檄が効いたのだろうか。
雰囲気としては、ナビ準々決勝ガンバ戦@万博 に似ていたのではないか。



つーことで、軽く祝勝会をして帰宅、ぼぉっと録画を見てます。



まず見たのは、フェルのゴール。
フェルのは弾道だけは昨年のナビ日本平のスーパーFKに似てましたネ(^^)。
今日のフェルは、ザ・ボランチ・オブ・ボランチでした。
インターセプト、ボール展開、つなぎ、シュート、守備への戻り等々、全て完璧
でしたぞい。いや、素晴らしかった。
エスパルスゴール裏のサンバでノリノリになった?(笑)。



次が拓也のゴール。
京都戦の幻のゴールと同じ形で決めるなんて、意地! だね。
ボールを持ってからの動きなどのセンスはさすが。ゴールを狙う発想も。
今日は最後足を痛めた(足をつった?)かと心配したけど、最後まで走れていた。



そして、イバ・ルーレット(笑)と同じくイバのノールックパス。
もひとつボールカットからイバの怒涛のドリブル。
(これはトイレに行っていて現地では見逃した)
今日のイバはキレが戻り、テクも見せ、ノッてました。
相変わらずポカもあったけど、チャレンジし続ける姿勢は気持ちよかった。
クロスはもう一歩、マイナスのパスは受け手がもっと工夫しろといったところか。
守備面でもクロスをあげられるも最後は一対一を防いでいたりね。
野沢・深井らを鼓舞する兄貴風雰囲気も見せたり。



そう、今日のスタメンでは最年長がフェル、その次がソガ&イバと清水に負けない
くらい若かったわけです。
こういうメンバーで勝つのは自信になるよねえ。
前からの守備、奪った後のスペースへの飛び出し、フリーラン、三人での動き等
みんなやればできるじゃないの。
パウロのインタビューによると、サイド攻撃を徹底して練習してきたようだから、
新しいメンバーでもコンビの連携が向上すれば、もっともっとワクテカできるはず。





青木はカバーリングがグー。前育後輩の青山にはヒケを取らなかった(とオモ)。
深井はプレーの精度はともかく、運動量で攻守に貢献できた。
康平は今ひとつボールに絡めなかったけど、積極性は見せていた。


そして、ダ・シルバ。
彼が拓也に出したスルーパスはスンバらしかった。マンチェスター・シティ戦でも
あんなパスを拓也に出していたような。この2人ってあうんだろうな。
キープもできるしうまいこと抜いていくし、今後も続けてぜひ見たい選手ですね。




とまあ、若手先発陣が皆奮闘したのだから、後半そろって出てきたアレ・ヤナギ
コンビの低調ぶりが目立つ。
特に、ヤナギの覇気の無さは尋常ではない。
まさか、ヤナギがグダグダサッカーの根源になるなんて。
播戸のように、受けてターンして足を振りぬくなんて昔は得意だったのになあ。
体調悪いのか衰えたのか、精神的なものなのか。
いずれにしても、こんな状態ではしばらく休むなりした方がいいと思う。


--でも、アレックスはお休みしてもらっては困りますよ。
なぜって鹿島のエースはアレックスなのだからー。

うへっ・・。ここまで一気に書いてどっと疲れと眠気に襲われてます。
明日は嬬恋へサテ戦観戦もあるので、明晩また続きが書けたらということで。

|

« 雨の日は・・ | トップページ | サテ草津戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11924195

この記事へのトラックバック一覧です: やればできる---清水戦:

« 雨の日は・・ | トップページ | サテ草津戦 »