« お肌もピッチもぼろぼろ--その1 | トップページ | 雨の日は・・ »

2006年9月12日 (火)

お肌もピッチもぼろぼろ--その2

さて、タイトルの「ピッチ」はおわかりでしょうけど、カシマスタのこと。
見るたびにヒドくなり無残な状態に、選手も芝も可哀想で仕方ないです。




で一方の「肌ぼろぼろ」ですが、ひたちなかの直射日光に晒され日焼けした結果、
顔・首下・二の腕と赤く熱を持ってしまいました。
(前半45分でギブアップ、屋根つき場所へ移動したとたんに日が翳り出したん
ですけどネ)
あそこは潮風が強くて砂っぽくジャリジャリしてるんですよね。
今は亡きひたちなかカップでは、芝バックスタンドで埃と泥に足元も目もやられ
ながら応援しましたっけね。
はっきり言って二度とあの場所では応援したくないわ。



高円宮杯鹿島ユースVS広島ユース戦では、鹿島ユースっ子達は前半・後半と別の
チームになってました。
スコアは3-5で広島ユースに負けましたが、後半の追い込みは今のトップにない
鹿島らしい粘りとあきらめの悪さを見せてくれました。
それだけに、前半のDF陣のマークの甘さが残念でした。



前半開始早々、ダッシュをかけ広島陣地を脅かす鹿島。
勢いがあって広島を圧倒するぞという気迫が伝わってきました。
個人的には小谷野ケンちゃんがキレキレで、嬉しい驚き。
3年前のメニコンカップMVPを獲得した実力が、やっとここで花開いたかな(^^)。



広島ではSBS杯で二試合見た平繁君がシャツ出し、二年生の時より動かずの
広島ユース伝統を守ってました(笑)。
ホント、所作などが前俊に似てる、ふてぶてしい態度も(爆)。
深谷君と激突したシーンも悪びれた様子はあまりなく。
(深谷君は目付近を切ったのか流血してそのまま交代終了時挨拶に出てきたので
 大事には至らなかったようですが・・)。



その平繁君は開始後しばらく様子見でほとんど動かなかったのですが、うまいこと
ボールを奪い横竹君へナイスパスを供給し、先制点を生みます。
ここからは、広島がセカンドを狙って拾っては効果的なカウンターで運ぶ展開。
平繁はトラップ・キック・抜け出し等やはりウマイ。
他の選手達もさすが技術は高いです。
飛び出してチャンスを逃さない決定力でゴールを量産し、気がついたら4-0。
決して広島のポゼッションが高いわけではなく、このあたりはホント、トップによく
似ています。 #手数をかけてしまう鹿島も同じく・・・(ーー;)



でも、広島は去年の槙野のような柱がいないからDF陣が不安定で、鹿島にも
チャンスが生まれます。
まず後半諸岡君がGKからボールを奪い一点返す。
その後もセットプレー他で追加点をあげ攻めっぱなしも、3点止まりで終了しました。



山住君・畑中のCBコンビはおそらくベストメンバーのはず。
彼らがもう少し強気にマークを外さなければなあ。
これを教訓に次の東福岡戦こそ勝利を!

第二試合の東福岡VS神戸ユースは、必然と赤ユニの東福岡を応援してました。
10番君はいわゆるセントラルミッドフィルダーなのか、思ったより低い位置でプレー
するのですが、相手を交わしながら入り込みシュートのシーンは、ファンタジスタの
名に相応しいプレーでした。
あとは、6番君@遠目に金古似に肩入れしてました。
サイドの選手だけどPKキッカーをまかされてましたよ。
(今手元にパンフがなく名前が思い出せず。わかったら修正しておきます)



広島ユースの決定力に比べてそれほど凄いとも思えなかったのですが、終わって
みれば東福岡が5-0で神戸ユースを完封。
えー、そんなに入れなくても良いのに(笑)。
広島一位抜けで鹿島は二位狙いだったのに、堂々の一位。
こりゃ17日は勝たないとね。



神戸ユースでは、10番君が遠目に藤田俊哉似なのが面白かった。
#って、何見てるんだか(笑)。

ひたちなかイヤと言いつつも、18日の神戸戦はまたひたちなかへ応援に行く
予定です。
トーナメントにあがれるかどうか結構瀬戸際になっていそうな気がするぞ・・・。

|

« お肌もピッチもぼろぼろ--その1 | トップページ | 雨の日は・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11865944

この記事へのトラックバック一覧です: お肌もピッチもぼろぼろ--その2:

« お肌もピッチもぼろぼろ--その1 | トップページ | 雨の日は・・ »