« 早いけど磐田戦のこと | トップページ | 鹿島選手、中国にて奮闘す »

2006年8月 7日 (月)

週末は猛暑にめげつつ観戦--A3

いよいよ本格的猛暑が到来してしまったこの週末。
A3・日立台(柏山形戦)と2日続けての観戦予定でしたが、こうも暑いと出かける
気力もなかなか出ないもんですネ。



5日のA3は、やめようかと思いつつも5時過ぎに自宅を出たので到着したらすでに
現代VSガンバの6-0スコアで、あんぐり。
残り5分しか見てないので試合については語れません。
メインSSホームだったので終了目の前で後引き揚げてくる選手達が見られました
けど、ガンバ選手は皆憔悴しきった表情でした。
特に、加地君なんて顔色が白くて精も根も尽き果てた様子で気の毒なくらい。
その空気を読まずに「恒様ーーー!」と叫ぶ妙齢を若干過ぎた女性達にはビビリ
ましたぞ(^^;)。
#大敗の大きな要因(見てないけど)の時くらいそっとしといてやれよ(ぼそ)。



イ・チョンスが目の前でインタビュー開始。昔より男前になっていたような(笑)。
2ゴールのレアンドロって一昨年神戸にいてカシマスタで負傷退場後そのまま契約
満了で帰国したあの選手ですよね。
怪我を目の前で見て気の毒に思っていただけに、復帰できて良かったね。


第二試合の千葉VS上海はまったりと見ました。
大連といえばトラッキー(笑)。3年前のA3が懐かしかったですねー。
3年前頑張っていた平べったいマスコット君、今年はいなかったんでしょうか。
そのかわりアウエィゴール裏には子供達が黄色い声で応援してました。
大連って思ったよりつないでくるし、ボール回しが何となく鹿島っぽい気がするんです。
三年前の磐田戦と同じようにいつしか大連を応援しちゃってました。



ジェフは前半かなりメンバーを落としてきたので、売出し中の山岸らも今ひとつ。
後半、羽生・水野、そして真打巻登場で様相が一変しました。
巻のゴールは、その前の水野の飛び出しとよく見てパスを出した勇樹が見事
でした。(メインで見ていてはっとするイイシーンでした)
ラフプレー多発、一人少なくなった大連も踏ん張ってましたが、一人多くスペース
突いて来るジェフがもう一点取れなかったほうが不甲斐ない気もしました。
まあ、勇人を使わずすんだのは大きかったのかな。個人的には一番ジェフっぽい
選手だと思ってます。
それと、巻はホント頼れる選手になりましたね。これぞエースの貫禄でした。



翌日の日立台は、同時刻の上海の鹿島VSマンチェスターシティ戦がネットで見られる
と知り、パスしちゃいました。この試合については次のエントリーで。
プレシーズンマッチを含めると三連敗中だった山形に勝利。
日立台は盛り上がったんでしょうね。
(最後にオウンゴールに訂正されたけど、一時は久々の岡山ゴールだったのだもの)

|

« 早いけど磐田戦のこと | トップページ | 鹿島選手、中国にて奮闘す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11320278

この記事へのトラックバック一覧です: 週末は猛暑にめげつつ観戦--A3:

« 早いけど磐田戦のこと | トップページ | 鹿島選手、中国にて奮闘す »