« カシマ&フクアリ観戦小旅行終了  | トップページ | 明日はいざ甲府 »

2006年8月21日 (月)

痛いドロー  レッズ戦

ではまずレッズ戦から。



痛い痛いドロー、気分はすっかり負け気分ですね。
ヤナギゴール直後大笑いしながら(ヤナギ、スマン!)も昨年のレッズ戦を思い出し
「昨年と同じにならないよう、もう一点取りに行けーー!」
と叫び続けていたのに、残念ながら追加点は奪えず最後に追いつかれてしまった。
まあ、今夜のジェフにいたっては2-0とリードしたのに最後は3-4で逆転負けな
わけで、2-0リードが難しいのはわかっているつもりですけど、それにしても。

そういえば、試合終了後引き上げてきた柏原他審判団に、珍しくパウロが右手で
左腕を何度も叩きながら食ってかかっていたのに驚いたのだけど、あれはワシントン
のハンドを抗議していたのですね。彼にしては珍しい姿ではありました。



だけどね、学習能力はどうなってるのかと問いたいですわ、監督にも選手にも。

監督には磐田戦の交代の遅さからくる失点は反省材料になっとらんのかと。
後半15分くらいから、もうヤナギもファビオもヘロヘロだった。
ヤナギはゴールこそしたけどパスミスが多かったし相変わらず守備ではほとんど
(一回だけかな)役にたってなかった。
ファビオも、ヘロヘロ度は同様。
運動量は今の鹿島では貴重だけど悲しいことに利点にならない。
今ひとつ動き出しが遅いからか鈍足だからかほとんど相手に取られてしまう。
また、パスもほとんど味方に通していない。


こんな状態の時こそ例の「深井過労死システム」が役にたつと思うんですよ。
攻守ともに相手の嫌がるところを突いていけるはずだから。


それなのに、最初の交代は本山。かつ後半30分過ぎから。
まあ、本山投入はさらに攻撃しようというメッセージだとは思う。
(つーかベンチには攻撃的選手しかいないから)(笑)。
それにしても、遅すぎますよねえ。
どうせ30分過ぎなら磐田戦のように深井・拓也も同時に投入してほしかった。
ロスタイム近くに出てきた深井・拓也のコンビですぐにあわやというチャンスを作る
のだからね。まあ、深井の絶好のクロスを拓也が決めなかったのはイカンけど、
でも、この2人ならこうしたチャンスを即作れたということですよね。
少なくとも2-1のままでいけたんじゃないだろうか。



それと。
2-0でリードした時点で、疲れてるとはいえあの(悔しいけど)浦和がこのまま
無得点のわけはありえないと思うべき。
昨年を知らない監督はともかく選手達は覚えてるでしょ?(篤人以外)
鹿島の今の守備で浦和の攻撃を無失点に抑えるのは現実的には無理というもの。
だからこそ、さらにアグレッシブに、さらに点を取りに行ってほしかった。
遅いにしろ、監督はそのつもりもあったと思うのだけど、選手達は足が止まり、
中途半端だった。



一失点目の原因となったイバの集中力を欠いたパスミスは手痛い。
前半平川はよく抑え、永井にも最初は応対していたと思うけど、肝心のところ
であれはイカンよーー(二失点めもか・・)。
せっかく磐田戦の好調さがあれでは水の泡。甲府戦での汚名返上を願うばかり。



ただあえてイバをかばうと、あの時さらにイバは攻撃しようと前がかりだったように
思う。プレーの工夫がほしいにせよそういう姿勢は私は支持するぞ。
だって、両SBがリスクをかけても攻撃的にいくサッカーが今年のアウトゥオリのサッ
カーで、今の私の望みなのだから。




はっきり言って浦和は代表疲れと暑さからか動きが悪く連携もなかった。
だからこそ勝ちたかった・・。
それにおつきあいしてしまったというか、必要以上に警戒して前半は耐える展開に
なってしまったと思う。前半から足元プレーの多用はそれが原因だったかと。
それにしても、今ふたつ思い切り良いプレーが少なかったように思う。
(フェルの飛び出しからのポスト直撃シュートは惜しかったけど)




良かった点を言えば、とにかくアレックスのプレーには涙が出てきそうになる。
運動量が多く、献身的な守備もポストワークもこなし。体がキレているのでしょう。
#そうした貢献度では今日見たルーカスも同様だった。


ヤナギは、とにかく結果は出した。これを続けなければ意味がない。
それとゴール以外の動き・前線からの守備・ポスト全てまだまだですわ。
厳しいことを言うようだけど、皆が120%の力を出し続けtないと優勝はないわけで。
とにかく、篤人不在の甲府戦は昨日よりもさらに暑いはずだけど、走り抜いて必ず
勝とう。



書いてるうちに悔しい気持ちがよみがえり支離滅裂ですが、なぐり書きでした。

|

« カシマ&フクアリ観戦小旅行終了  | トップページ | 明日はいざ甲府 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11535622

この記事へのトラックバック一覧です: 痛いドロー  レッズ戦:

« カシマ&フクアリ観戦小旅行終了  | トップページ | 明日はいざ甲府 »