« さあ、新潟へ | トップページ | 今夜はセレッソ戦 »

2006年7月27日 (木)

フェル、汚名返上(新潟戦)

今、新潟市内の某ホテルから缶チューハイ片手に書いてます。


祝! ビッグスワン初勝利!!
フェルのビュティフルゴールのおかげですね。川崎戦の汚名返上ができました。
#でももっと速く縦への展開をお願いします。青木の方が気が利いていたなー。



前半は松本の再来のようで、パススピードは遅くDFラインで回しながら緩急をつける
どころか緩ばかり、あげく中盤でボールを奪われあっさりサイドを突かれる。
眠くなりそうだった・・。
(新潟も東京と同じように寄せが早く攻撃のメを積んでは逆襲していた)




まあ、後半の入りが良いのも松本と同じ。
徐々にスペースができパスをつなぎサイドからのボールを運んでシュートも打てる
ようになってきた。
後半良かったのはイバと青木かな。
イバは後半走りぬき勝負してCKを取り相手を疲労させる。守備も落ち着いていた。
青木も、オーバーラップ・スライディング、それと倒れこみながらのヒデばりのスルー
パスがカッコ良かった。
久しぶりに青木を見た新潟在住鹿サポの子が
「きょどらない青木なんて青木じゃない!」
と驚き続けたほど。
そう、やっぱり昔と比べると驚くよね。いよいよ来たかというカンジ。


本山投入後は本山が左サイドから切り崩しパスを狙い、そこにアレックス・イバ・満男
がからむ昨年までの普通の鹿島の攻撃が見られた。
そう、これですよ。ここに拓也と深井がからめばなあ。
とはいえ、ゴールは入らず、じりじりとしっぱなしのところ、フェルのあれが決まったの
だから大きな仕事をやってのけましたね。

ゴール後フェル他の選手達がいっせいにベンチにやってきて、アウトゥオリや控え選
手達と抱き合っている姿が良かった。
松本では大岩がアウトゥオリとハイタッチをしていたっけ。
セレーゾの時はブラジル人選手しか来なかった気がする。アウトゥオリの方が選手の
心を掴んでいるのか。



ファビオは二列目にしては足が遅くないか。それと当たり負けするのもよろしくない。
左SBでも難しいと思う。正直今のままスタメンを続けるのは納得できない面もあり。
(シュートやゴール前への飛び込みもあるんだけどね)


一番苦言を呈したいのは中後の守備ですね。
CKのからの逆襲に備えて最終ラインにいたのに案の定あっさりぶっこ抜かれ、
大岩の身を挺した守備(かなり痛んでいたように思う)がなければ失点くらっていた。
サイドの守備も腰が相手と距離をとりすぎて腰の引けているような守備。
本職じゃないとはいえ、あれは怖い。
篤人を下げるのなら、川崎戦のようにイバの右SB、ファビオの左SBでいってほし
かった。
まあ、何のかんの書いてますが、苦手スワンで勝てたことが大きいですよ。



そうそう、試合が終了してゴール裏への挨拶時にアルビの野澤が満男やソガに挨拶
に来た。
ソガとはかなり長いこと話し込み、私達にも手を振りつつ走りながら去っていった。
彼のファンサ・人柄の良さは知っているけど、何だか不思議なものを見た気がする。
(新潟サポはどう思っているんだろう・・・?)


トイレに移動してから「内田」コールが聞こえてきたけど、あれは一号へだったんで
しょうね。挨拶に来たのかな。



次は超超苦手のセレッソ。
古橋は出場停止のようだけど、人がいなくてもセレッソはセレッソ(爆)。
週末は覚悟してカシマへ向かいます。でも今度こそ勝利してほしいなあ・・。


明朝始発のときで東京へ戻るのでそろそろ眠らなくては・・・。

|

« さあ、新潟へ | トップページ | 今夜はセレッソ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11111261

この記事へのトラックバック一覧です: フェル、汚名返上(新潟戦):

« さあ、新潟へ | トップページ | 今夜はセレッソ戦 »