« 美徳と背徳のあいだ---ポルトガル、お疲れ様 | トップページ | 暑さはつきもの--オールスター »

2006年7月 9日 (日)

ファビオ初お目見え--水戸戦

昨日は、ナビスコG大阪戦以来久しぶりのカシマスタへ、水戸との練習試合見学に
行ってきました。
Jヴィレッジで鹿島選手の練習は見てるものの、試合となればそりゃ待ち遠しかった
ですからね、キックオフ二時間前には現地に着いてました(笑)。
水戸は今週は試合がない週とはいえまさにシーズン中。先々週柏の葉で見た
ミトナチオの固い守備やロスタイムゴールの粘り強さ等かなり手強い相手です。



昨年の順天堂大との練習試合ではメイン閉鎖でゴール裏のみ開放、陽射しがきつ
かったのですが、今回はメインのみ開放、日陰で助かりました。
お知り合いの方に練習での面白写真を頂戴したりユース話をしたりで、まったり
まったりと開始まで。
水曜の横河武蔵野FCとの練習試合は豪雨で20名くらいしか見学者がいなかった
らしいですが、さすがに昨日はキックオフ直前には水戸サポを含めメインはかなり
の数の観客が入りました。知り合いも多数おめみえ。
やっぱり皆、鹿島の試合に飢えてるものね(笑)。



サテ戦が翌日新潟であるため午前練習後サテメンバーは移動した模様で、
この試合のサブは、杉山・羽田・本田・中後・深井・田代・本山・野沢の面々。
はっきり言ってかなーーり豪華なサブでした。
このメンツで楽しそうに歓声をあげながらの鳥かごにこちらも微笑んでしまう。

一方スタメンは、ソガ・篤人・岩政・大岩・イバ・青木・フェル・満男・ファビオ・
アレ・ヤナギ。
カシマ初見参のファビオと代表帰りのヤナギ・満男・篤人が注目ポイントでしたね。


注目点1。
ファビオは二列目左で満男とコンビを組んでみました。
出だしは、一人ワンツー(三都主がよくやるあれ)とかサイドを抜いたドリブル等
見せ場を作っていたんですが、イバとかぶるようになり、右サイドに移動。
やがてソガの「ファービーオ!」の声が何度も何度も鳴り響くうちに消えてしまい
ました。15回以上は叫んでたんじゃなかろか? 3分に1回、ゴングか?(笑)。
あれって攻撃時のポジショニングの注意だったのかなあ。

持ちすぎ君というほどではなくフィットすれば楽しみだけど、少なくとも今本山・拓也を
下げて使うほどではないなあというのが実感でした。
左右ともCKを蹴ってました。決定的なものはなかったな。

注目点2、満男。
あまり動けてもないし、とにかくファビオとのコンビに気を使っているのがありあり。
ボランチの位置まで下がりボールキープしようとして後ろからかっ触れーーと
代表でも何度かやらかしたミスをしたり、判断が遅かったりーーまだまだ本調子
ではないですね。
前方のライン裏へ浮き球でパスを出しヤナギを動かしシュート。さすがヤナギの
使い方をわかっている。でも、ヤナギは相変わらずGKへパスだった(爆)。



注目点3、ヤナギ。
うーん、正直言って今の調子ではスタメンで使えないかも・・・。
ミトナチオとはいえ日本人相手に競い負けるし、今ひとつ動き出しが遅く緩慢な
印象が残ってしまいました。
こちらの思い込みかもしれないけど、怖がってプレーしているように見えたんですね。
厳しいことを書いているのは、後半メンバー、本山・拓也が素晴らしかったからです
けどね。



注目点4、篤人。
彼もまた代表遠征疲れが残っているのか、キレはあまりなかった印象が。
ヤナギ、そして特に青木は篤人の使い方をよくわかっているようで、サイドスペース
へ再三パスを出しそこへ追いつくシーンが何度か見られたのは今後に期待が持て
ると思います。
ミスが多かったので、そのあたりは守備の約束事を思い出せば・・。

で、後半メンバー。
ヤナギ・満男・ファビオ・篤人アウトで、深井・本山・野沢・中後イン。
後半早々のメンバー(中後は篤人で)が今のベストメンバーでしょうね。
Jヴィレッジでも思ったけど、アレックス・拓也・本山に深井が入った攻撃は連動性
がありスペースへ入るスピードもあるので、見ていて楽しいし攻撃の形ができて
います。
そう、ナビガンバ戦を戦ったメンバーの方がいいということかな。
本山は合宿の好調さを維持してます。心中期するものがあるんでしょうね。
切り替えしてのサイドネットを突き刺す見事なゴール(今朝のドイツ選手も同じ
ようなゴールがあったような、悔しいから見返してないけど)。


この攻撃陣を支えているのは、岩政・そしてフェル。
フェルはこれぞボランチという働き。レイソル時代のリカを彷彿とさせるボール奪取
からドリブル、スケール大きい展開と完調ではないかな。期待してるよ、フェル。
青木もやっと独り立ちできたような印象です。
得意の逆サイドへのロングフィードや前線への走りこみなど、相方がフェルなので
安心して攻撃参加できるのが良かったのかな。



そして、岩政はいつもの岩政。アンデルソンとのやりあいにも動じず。
拓也からのFKから見事に流しゴール。だんだん風格が出てきましたね。


イバは、攻撃ではミスもあったけどサイドを活性化させ、カウンターのロングドリ
ブルはさすがに迫力ありましたね。終盤守備でミスが出たのは隣がハネになり
連携がうまくいかなくなったからか。


心配なのは、そのハネと中後。ハネはかなり不安定なカンジ。中後は守備で競い
負けるのは仕方ない(^^;)として、右サイドから精度良いボールを繰り出してほしか
ったけど、あまり見せられず。まだまだなのかなあ・・・。
それにしても、ナラは合宿では完全合流だったのにどうしたんでしょう?
サテ戦にも出てないしなあ・・・。
田代は、攻撃の組立てに参加するもののうまくいかず。
アレックスとは違う持ち味を自覚して前で張っていてほしいのですけどね。


再開の川崎戦にはまだ10日あるのだから、代表組もコンディションをあげてキレと
連携を高めていくでしょう。
あとは、「健全な競争」(by アウトゥオリ)でスタメンが決まることでしょう。

そのアウトゥオリは、ベンチに姿を見せず、奥ちゃんが指示をしてました。
よく見ると無線を持っていたようなので、どこかにアウトウォリがいるはずーーと
探したところ。
一階最上段のプラチナ席(ガラス張りの室内)で頬つえついて見学なさってました。
まだ日本にいたのねーーーって、あたりまえだ。
そうそう、ブラジル協会に取られてたまりますかってねえ。


後半ベンチに下がったはずのヤナギがゴール裏スペースでフィジコと一対一で
トレをした後、ベンチ横に体育座りしてほぼ最後まで試合を見ていた姿が、ヤケに
せつなかった。
何だって、観客から丸見えの場所で一人ぽつねんと見てたんだろう・・?

|

« 美徳と背徳のあいだ---ポルトガル、お疲れ様 | トップページ | 暑さはつきもの--オールスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/10860608

この記事へのトラックバック一覧です: ファビオ初お目見え--水戸戦:

« 美徳と背徳のあいだ---ポルトガル、お疲れ様 | トップページ | 暑さはつきもの--オールスター »