« 今夜はセレッソ戦 | トップページ | セレッソ戦こぼれ話 »

2006年7月30日 (日)

セレッソ戦いろいろ

最下位とはいえ古橋不在とはいえ、とにかくセレッソはセレッソ。
客観的に見たら普通に勝つところなんだろうけど、私達鹿島サポにはそんな風には
絶対に思えません。


現に後半40分過ぎまでノーゴール。
あーあ、やっぱりセレッソには勝てないのかと思い始めた頃、やっとフェルのゴール
で先制。
直後に今度はアレックスのゴールで2-0で終了(^^)。



2アシストの本山は見事だったけど、それより何より
「できるんだからそれを早くやってよー」な結末ではありました。
お楽しみは最後に取っておいたというか、セレッソには変に希望を持たせて
すまない(?)というか。




この試合、心を揺さぶられたのはゴール云々よりも実は
①青木が凄みを帯びていた
②イバが左⇒右⇒左のポジションチェンジを着実にこなした
の2点でした。



何度スタンドで「青木ぃーー、カッコいいよーー!」って叫んだろう。
いえ、ネタでも何でもありませんから。
とにかく、インターセプトのセンスやカバーリング、クリア、スライディング、相手
(大久保と結構やりあっていた)との駆け引きやごちゃごちゃでの優位等、ボランチ
の守備が一級品でした。
とにかく落ち着いていて、指示しまくる姿は風格さえ漂ってました。
(テレビではわかりにくいかもしれないですが)



さらに、ボールを左に右に前へ裁く姿はまさに司令塔。
いったん預けた満男から「お前がやれ」とばかりにリターンが返った後が凄かった。
相方がフェルだと、お互いに上がるタイミングをわかりあえるのか、ここぞという
ところであがってもきてました。
さらに、終了間際の怒涛のカバーリングやら何やら。
まだ放送は見直してないのですが、どこまで映像に写っているか楽しみです。
オシムジャパン候補のボランチでは青木みたいなタイプって案外いないのでは・・。
まあ、地味に行ってこそ青木だから選ばれることはないと思うしアウトゥオリの元で
さらに成長していくほうが彼のためとも思いますけどね。




もう一人、時間帯で両サイドを支えたイバも、切れ味を発揮してましたネ。
篤人がいまひとつだったから前半は左サイドからの攻撃が目立つ中当然彼が
攻撃の起点でした。
後半はファビオに左をまかせ右に回り、こちらも違和感なくラインを上がり下がり
してこなし、中後投入後はまた左SBに戻り最後までパフォーマンスは落ちません
でした。
一点目の拓也に出した縦パスのセンスはさすが元MFだなあ。
両サイドをできるSBとしては駒野より上ではないですか・・・??



お尻に火のついた本山の相変わらずのセンスの良さが見られたのも嬉しい。
Jヴィレッジ合宿・水戸戦での好調さを見ていただけに、いつか爆発するはずと確信
してましたからね。
後半は久しぶりに昨年の黄金の四人が見られました。やっぱり拓也・本山・アレに
満男がからむとわかりあえているのか、攻撃が楽しい。



ヤナギも、つなぎ等ではだいぶ復活してきたようです。
ただ、もう少しキープしてほしいなあ。
それと、二列目っぽい落としやパスだったら、豪華なベンチを使ったほうがより
効果的だと思う。
ヤナギらしい動き出しの良さをもっと見せてほしい。
それとシュートの選択肢が少なすぎるのも、何だかなあ。
まだ20代、衰えるには早い・・よね。
(西澤の衰えは淋しかった)


朝日紙面には、突破力を持つファビオ加入で足元だけの中盤の潤滑油になったと
ありました。
確かに、そういう面で評価できるとは思います。
でもね、そうした役割を担うには、やっぱり足が遅くないかなあ。
どちらかというと、本山に火をつけるための存在という気がしてきてしまいますが・・。

最後に。
アウトゥオリの
「層が厚く選手はひたむき。私は日本で一番幸せな監督」
発言。
いやー、嬉しいこと言ってくれるじゃないですか。
選手達もこの言葉には励まされさらにやる気が出ることでしょう。
やっぱり名監督だと思う。

|

« 今夜はセレッソ戦 | トップページ | セレッソ戦こぼれ話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/11151239

この記事へのトラックバック一覧です: セレッソ戦いろいろ:

« 今夜はセレッソ戦 | トップページ | セレッソ戦こぼれ話 »