« 合宿こぼれ話・フリークス | トップページ | やはりそうだったか »

2006年7月 2日 (日)

パパの魅力

---といっても、パトロンのパパさんじゃあないですよ(笑)。



ポルトガル勝利後の映像で、フェリペの父性そのもの姿が強く印象に残りました。



可愛い選手達が怪我させられそうになれば激昂し選手と一緒に戦い、勝利の後は
自分のことのように(まあ自分のことでもあるんだけど)喜び、スタンドの観客に選手
以上にアピールする姿。
同じブラジル人監督でもジーコ・アウトゥオリではちょっと考えにくい。
セレーゾもあそこまではしないだろうなあ・・。
ジーン・ハックマン似風貌、でもあんなクセ者ではなくもっとストレートに選手を鼓舞
する名監督。(もしも磐田に長くいたらチームカラーが変わっただろう)
フィーゴと抱き合う姿が一番印象的でした。



そのフィーゴを見るたびに、父ちゃんとつぶやいてしまう。
パパに父ちゃん、どんなチームやポルトガル(笑)。

この数試合、フィーゴがクリロナはじめ若い選手達を引っ張っているなあとつくづく
思うわけです。
デコともうまく言っているようで、安心しました。
デコも次のフランス戦では復帰。少しは中盤も落ち着くでしょう。


そして、フランスにもジダン父ちゃんがいます。
ブラジル戦後元チームメートとなってしまうシシーニョ・ロビーニョと抱擁する姿は
結構感動的でした。ロベカルとはしてたっけ・・・?
ジダン父ちゃん、キレキレ。
ロスタイムにあれだけ走って視野広いパスを出せるんだもの。
引退、もったいない。

ポルトガル対フランスは、一人のパパに2人の父ちゃんに注目です。
対する向こうのヤマは、どっちも今ひとつ興味持てないチーム。
ブッフォン頑張れと棒読みで言っておこう(^^;)。



(追記)
アルゼンチン・ブラジルの南米大国がいずれも敗退。これはショックです。
今回は特に、ブラジルよりアルゼンチンを応援してました。
名将ペケルマンが最後にとち狂った采配をしてしまいましたね。
リケルメを下げるならアイマールを入れるべきじゃないのか?
1トップならサビオラかメッシでかき回してほしかった。
ブラジルも、ロナウド1トップを長いことひっぱってしまいシシーニョ・ロビーニョ
投入も遅かった。
負けるチームには理由があるもんですが、ジーコだけではなく采配ミスはホント
痛手となります。
スウェーデンもアルゼンチンもブラジルも敗退、あとはポルトガルだけになりました。

|

« 合宿こぼれ話・フリークス | トップページ | やはりそうだったか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/10758653

この記事へのトラックバック一覧です: パパの魅力:

« 合宿こぼれ話・フリークス | トップページ | やはりそうだったか »