« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

セレッソ戦いろいろ

最下位とはいえ古橋不在とはいえ、とにかくセレッソはセレッソ。
客観的に見たら普通に勝つところなんだろうけど、私達鹿島サポにはそんな風には
絶対に思えません。


現に後半40分過ぎまでノーゴール。
あーあ、やっぱりセレッソには勝てないのかと思い始めた頃、やっとフェルのゴール
で先制。
直後に今度はアレックスのゴールで2-0で終了(^^)。



2アシストの本山は見事だったけど、それより何より
「できるんだからそれを早くやってよー」な結末ではありました。
お楽しみは最後に取っておいたというか、セレッソには変に希望を持たせて
すまない(?)というか。




この試合、心を揺さぶられたのはゴール云々よりも実は
①青木が凄みを帯びていた
②イバが左⇒右⇒左のポジションチェンジを着実にこなした
の2点でした。



何度スタンドで「青木ぃーー、カッコいいよーー!」って叫んだろう。
いえ、ネタでも何でもありませんから。
とにかく、インターセプトのセンスやカバーリング、クリア、スライディング、相手
(大久保と結構やりあっていた)との駆け引きやごちゃごちゃでの優位等、ボランチ
の守備が一級品でした。
とにかく落ち着いていて、指示しまくる姿は風格さえ漂ってました。
(テレビではわかりにくいかもしれないですが)



さらに、ボールを左に右に前へ裁く姿はまさに司令塔。
いったん預けた満男から「お前がやれ」とばかりにリターンが返った後が凄かった。
相方がフェルだと、お互いに上がるタイミングをわかりあえるのか、ここぞという
ところであがってもきてました。
さらに、終了間際の怒涛のカバーリングやら何やら。
まだ放送は見直してないのですが、どこまで映像に写っているか楽しみです。
オシムジャパン候補のボランチでは青木みたいなタイプって案外いないのでは・・。
まあ、地味に行ってこそ青木だから選ばれることはないと思うしアウトゥオリの元で
さらに成長していくほうが彼のためとも思いますけどね。




もう一人、時間帯で両サイドを支えたイバも、切れ味を発揮してましたネ。
篤人がいまひとつだったから前半は左サイドからの攻撃が目立つ中当然彼が
攻撃の起点でした。
後半はファビオに左をまかせ右に回り、こちらも違和感なくラインを上がり下がり
してこなし、中後投入後はまた左SBに戻り最後までパフォーマンスは落ちません
でした。
一点目の拓也に出した縦パスのセンスはさすが元MFだなあ。
両サイドをできるSBとしては駒野より上ではないですか・・・??



お尻に火のついた本山の相変わらずのセンスの良さが見られたのも嬉しい。
Jヴィレッジ合宿・水戸戦での好調さを見ていただけに、いつか爆発するはずと確信
してましたからね。
後半は久しぶりに昨年の黄金の四人が見られました。やっぱり拓也・本山・アレに
満男がからむとわかりあえているのか、攻撃が楽しい。



ヤナギも、つなぎ等ではだいぶ復活してきたようです。
ただ、もう少しキープしてほしいなあ。
それと、二列目っぽい落としやパスだったら、豪華なベンチを使ったほうがより
効果的だと思う。
ヤナギらしい動き出しの良さをもっと見せてほしい。
それとシュートの選択肢が少なすぎるのも、何だかなあ。
まだ20代、衰えるには早い・・よね。
(西澤の衰えは淋しかった)


朝日紙面には、突破力を持つファビオ加入で足元だけの中盤の潤滑油になったと
ありました。
確かに、そういう面で評価できるとは思います。
でもね、そうした役割を担うには、やっぱり足が遅くないかなあ。
どちらかというと、本山に火をつけるための存在という気がしてきてしまいますが・・。

最後に。
アウトゥオリの
「層が厚く選手はひたむき。私は日本で一番幸せな監督」
発言。
いやー、嬉しいこと言ってくれるじゃないですか。
選手達もこの言葉には励まされさらにやる気が出ることでしょう。
やっぱり名監督だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

今夜はセレッソ戦

明けそうで明けない梅雨末期の週末。
妹は先ほど埼玉県内某所発レッズ応援ツアーで甲府へ向かいました。
食事情を中津に小瀬近辺の様子を報告するように指示しておきました。
ついでに勝ち点3を甲府へ置いていくようにとも(^^;)
#当然受け入れるわけないけどねー。



さて、今日はカシマでセレッソ戦。
J1再開4連戦の最後は勝利で飾り上位3チームに勝ち点を話されないように
しなくては。
できることなら大量得点で淋しい得失点差を少しでもアップしたいところです。



とはつくづく思うのですが、そこは相手が超苦手なセレッソ。
前半に失点くらい最後まで守りきられてジ・エンドな展開を何度も経験してきた。
・・・選手よりサポの方が苦手意識が強いかもしれないですネ。
でも、Cerezoはもういないし、相手を知らないアウトゥオリならビッグスワンの
ようにジンクスを吹き飛ばしてくれるはず(^^)。
それに期待しましょう。 
鹿島で期待するのは青木。攻守の要として二列目のモリシを抑えてくだされ。
大久保はベンチスタートらしく西澤&徳重の2トップらしいですね。
西澤の日本一うまいポストに私が見とれてしまうことないよう(爆)、岩政、
しっかり頼むよー。


ではそろそろ出かけます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

フェル、汚名返上(新潟戦)

今、新潟市内の某ホテルから缶チューハイ片手に書いてます。


祝! ビッグスワン初勝利!!
フェルのビュティフルゴールのおかげですね。川崎戦の汚名返上ができました。
#でももっと速く縦への展開をお願いします。青木の方が気が利いていたなー。



前半は松本の再来のようで、パススピードは遅くDFラインで回しながら緩急をつける
どころか緩ばかり、あげく中盤でボールを奪われあっさりサイドを突かれる。
眠くなりそうだった・・。
(新潟も東京と同じように寄せが早く攻撃のメを積んでは逆襲していた)




まあ、後半の入りが良いのも松本と同じ。
徐々にスペースができパスをつなぎサイドからのボールを運んでシュートも打てる
ようになってきた。
後半良かったのはイバと青木かな。
イバは後半走りぬき勝負してCKを取り相手を疲労させる。守備も落ち着いていた。
青木も、オーバーラップ・スライディング、それと倒れこみながらのヒデばりのスルー
パスがカッコ良かった。
久しぶりに青木を見た新潟在住鹿サポの子が
「きょどらない青木なんて青木じゃない!」
と驚き続けたほど。
そう、やっぱり昔と比べると驚くよね。いよいよ来たかというカンジ。


本山投入後は本山が左サイドから切り崩しパスを狙い、そこにアレックス・イバ・満男
がからむ昨年までの普通の鹿島の攻撃が見られた。
そう、これですよ。ここに拓也と深井がからめばなあ。
とはいえ、ゴールは入らず、じりじりとしっぱなしのところ、フェルのあれが決まったの
だから大きな仕事をやってのけましたね。

ゴール後フェル他の選手達がいっせいにベンチにやってきて、アウトゥオリや控え選
手達と抱き合っている姿が良かった。
松本では大岩がアウトゥオリとハイタッチをしていたっけ。
セレーゾの時はブラジル人選手しか来なかった気がする。アウトゥオリの方が選手の
心を掴んでいるのか。



ファビオは二列目にしては足が遅くないか。それと当たり負けするのもよろしくない。
左SBでも難しいと思う。正直今のままスタメンを続けるのは納得できない面もあり。
(シュートやゴール前への飛び込みもあるんだけどね)


一番苦言を呈したいのは中後の守備ですね。
CKのからの逆襲に備えて最終ラインにいたのに案の定あっさりぶっこ抜かれ、
大岩の身を挺した守備(かなり痛んでいたように思う)がなければ失点くらっていた。
サイドの守備も腰が相手と距離をとりすぎて腰の引けているような守備。
本職じゃないとはいえ、あれは怖い。
篤人を下げるのなら、川崎戦のようにイバの右SB、ファビオの左SBでいってほし
かった。
まあ、何のかんの書いてますが、苦手スワンで勝てたことが大きいですよ。



そうそう、試合が終了してゴール裏への挨拶時にアルビの野澤が満男やソガに挨拶
に来た。
ソガとはかなり長いこと話し込み、私達にも手を振りつつ走りながら去っていった。
彼のファンサ・人柄の良さは知っているけど、何だか不思議なものを見た気がする。
(新潟サポはどう思っているんだろう・・・?)


トイレに移動してから「内田」コールが聞こえてきたけど、あれは一号へだったんで
しょうね。挨拶に来たのかな。



次は超超苦手のセレッソ。
古橋は出場停止のようだけど、人がいなくてもセレッソはセレッソ(爆)。
週末は覚悟してカシマへ向かいます。でも今度こそ勝利してほしいなあ・・。


明朝始発のときで東京へ戻るのでそろそろ眠らなくては・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

さあ、新潟へ

久しぶりにどピーカンの東京からそろそろ出発、新潟へ向かいます。
現地も暑いんでしょうねー。
予報では夜半に雨だったけど、試合中は持つのかな。


まだ勝ってないビッグスワン。
三度目の正直、今回こそ絶対に勝たなくては!
平日夜に超3万の動員にめげず、ゴール裏は少数精鋭で熱くいきたいですね。
(新潟在住の鹿島サポと2人で観戦予定)


松本から直接新潟入りしこの3日現地で練習してきているので移動の疲れだけは
ないはず。
フェルも無事合流したようで、今日は当然青木との2ボランチなんでしょう。
青木も相方がいた方がより攻撃的になれるので、これは楽しみです。
(フェルが川崎戦のような出来では困るんですけどネ)


篤人は慎吾と対面。オールスターでクセをつかんでいるよね(笑)。
アレックスはエジミウソンに負けないで奮闘してくれるはず。
で、ぜひとも拓也とのコンビを最初から見たいんですけど、やっぱりヤナギスタメン
なんだろうなー・・・。
スタメンというなら、後から振り返り今シーズンのターニングポイントとなるような出来
でなくては、ホント困りますよ> ヤナギ。あちらには矢野貴章がいるのか・・・。


もしかしてうっちーのベンチもあるわけで、イバとの対面の可能性もあるんですね。
イバ、前節石川ナオの応対で苦労していたけど、今回は先手必勝で行ってください。
5月までのパフォーマンスを取り戻してほしいところです。


それでは、行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

90分の戦い方--FC東京戦

サッカー観戦つき一泊二日松本・上高地旅行(笑)より昨晩9時頃帰ってまいりました。



試合終了後は仲間うちと松本某ホテル(数多い鹿サポに遭遇)室内でスーパー
サッカーを肴に祝勝会決行。
そしてどよよーんと二日酔いのまま今日は上高地へ。
河童橋で写真を撮り上高地帝国ホテルでランチ、あとはビジターセンターの
長椅子でひたすら居眠り(オヤジ化さらに加速・・・・;アーー)。
上高地の涼しさと比べると下界(笑)は夜でも蒸してます。




アルウィンは松本空港のすぐ隣にあり360度山に囲まれた風景明媚なスタジアム。
さすが球技専用で見やすくしかもゴール裏はピッチがサッカー専用なみに近い。
昔のカシマスタに似ているとの意見もあるけど、メインや周りの山などむしろ日本平
に似た印象を持ちました。

ただピッチが半地下に掘り下げられているため前段は風が全然抜けないんですわ。
しかも西日がガンガンと照りつけ、試合前はコンコースの日陰に避難してビール。
外はかなり強めの風が抜け心地よかった。さすが山麓ですね。





で試合の方は、鹿島的には「終わりよければ全てよし」な勝利を掴みました。
前半と後半で両チームともそれぞれまるで別チームでしたネ。
トータルの運動量は両チーム同じくらいとしたら、鹿島は前半動かず、いえ動けず
後半は走りきった。
一方の東京は前半ガンガン来たけど、後半の入りを間違えたのか鹿島に出足が
遅れボールを奪われて支配率がさがり、最後は「まさにガス欠だね」(爆)状態。
これ以上ないほど対照的な展開でした。




選手で言えば、まず1アシスト1ゴールの篤人を誉めるべきでしょうけど、その前に
何と言っても川崎F戦に続き青木の存在感の大きさには嬉しい驚きです。
鳥目の私でも「あのプレーは誰?」と思うとだいたい青木(か拓也)でしたよ。
まず体を入れてボールを奪うのがホントうまくなりました。やればできるのよねー。
それと後半の怒涛のドリブル、あれは凄すぎる。
ショートパス主体の鹿島であんなスケールの大きいドリブルができる選手がいるのは
大きな武器です。そう、良い時の青木はスケールが大きいんですよね。
A代表の加藤新GKコーチに少しはアピールできたんじゃないでしょうか?
(今野もそれなりだったけど、ずっとよかったと思う)




それと、アレックスと拓也の仲は引き裂いちゃいけないとしみじみ思いました(笑)。
前半孤軍奮闘だったアレックスが後半頭から拓也が入ったとたん(ヤナギアウトとも
言う)(ーー;)とたん、いきいきとしてそこに本山もからんで縦へのコンビネーションが
多く見られるようになるのを見てはね。



ヤナギは川崎戦以上に消えてました。体が重そうで抜け出しがなくマークされ続け。
そもそも彼にボールが入らない。(昨年の隆行のようだった・・・)(涙)
だから、下がってボールをもらいにくる気持ちはわかります。
でも、効果的な展開にはならないんです。ヤナギに展開力を求めるのは間違って
ますしね。
「イエローをもらったからヤナギ交代」とのアウトゥオリの発言は気を使ったんだと
思います。



アレックス・ルーカスともに守備につなぎに日本人以上に献身的で、心を打つものが
ありました。
満男は足を痛めたけど最後まで走りぬきカウンターを組立てていた。
中後も接触で空を吹っ飛びながらアレックスにパスを出し深井4点目の起点となる。
あきらめない気持ちがこちらにも伝わる展開で、こうした試合をものにしながら強く
なるんだなあと勇気をもらえた気がします。


明後日はもう新潟戦。午後半休して私も行きます。
観戦仲間は誰も行けないので初の一人ゴール裏になりそうですが、頑張りますヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

松本行き前夜

敗戦の記憶が消えきらないうちに、もう東京戦当日となりました。


いや、不謹慎な話ではありますが、松本&飯田への交通情報収集に腐心している
うちにフロンタ戦のことは遠い記憶になってくれました(^^;)。
あずさが20日運全面運休だったためあさまも予約しておいたところ、21日は終日
あずさが動き大丈夫そうなので、結局あさまの方をキャンセル--と、またもやムダ
金使ったり。



お墓参りの飯田方面は、高速バス・飯田線ともに運休のため今回は結局中止。
試合後祝勝会でとことん飲み、翌日は帰京するだけといったパターンになりそう
です。
うほ、何だかオヤジ入りすぎっすね。
(白線流しゆかりの地を見に行く手もあるのか・・・・ふむふむ)



晴れて暑くなりそうなので選手達の体力が心配ですが、フレッシュな選手の起用が
見られるか采配に注目します(フロンタ戦の采配が失敗しただけに・・・)。
選手個人では、青木の好パフォーマンスが本物かどうか(仲良し今野と比較したく
なる)と青木の相方は誰? といったあたりが気になります。誓志か中後か・・?



今年は東京の試合を全然見てないのですが、最近は3バックを始めたとか。
FC東京といえば4バックだっただけに、驚きました。
ノリオのSBはやっぱり無理あるか。
大熊・ヒロミ時代からの伝統がなくなるのは他人事ながら淋しいなあ。
大宮・甲府はぜひとも変わらないでいてもらいたい。



もしかして、イバVS伊野波の似た顔対決が見られるか?(笑)。
真面目な話では、青木VS今野だけじゃなく篤人VS徳永、(出場すれば)誓志VS
梶山 等楽しみな同ポジション対決がありますので、注目です。


さ、早く寝ないと明日起きられませんぞぉ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

フロンタ戦から一日たって

フロンタ戦から一晩たちました。
負けたときはいつもモヤモヤとやるせない思いがするものですが、今朝になっても
そんな気持ちが強く残っているのは、打つ手を使い切らず残したまま戦い終わって
しまったように見えたからなんでしょうか?
グダグダと長くなりますが、吐き出してしまおう・・・。





前半の入り(特に攻撃面)の良さが続けば良かったんですが、結局あそこで無得点
だったのが後まで響いたと思います。
その後は不可解なPK判定、フェルの不用意な退場に基準のはっきりしない判定。
(吉田に当たるといつも退場者の出ているイメージが・・・)
運動量で負ける相手に一人少ないまま45分戦うことの過酷さ。



ここでアウトゥオリならではのベンチワークがあるはずと思ったんですけどね。
豊富な運動量で一人少ないハンディをカバーし最終ラインから最前線まで走りまわり
攻守ガツガツいける選手---、そう、広島戦で機能していた深井過労死システム(爆)
を昨日こそやるべきだったんじゃないんでしょうか。
残念ながら本山一人では役にたちませんでした。
本山を出すなら深井に野沢をプラスして水戸戦後半のような連携が見たかった・・・。
交代枠を一名残したまま2点差で負けるのが納得いかなかったです。
うーん、試合展開を整理しましょう。

続きを読む "フロンタ戦から一日たって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

さあ、今夜川崎F戦

一ヶ月以上の中断期間を終え、いよいよ今日からJ1再開。
(先週のG大阪VS磐田戦は自分のところじゃないから、対象外っつーことで)

中断期間中の鹿島は、ブラジル人2選手の新加入、石川&うっちーの移籍、
Jヴィレッジ合宿、代表選手達のW杯出場&帰国(大卒新人2名の入団内定
発表も)等々、いろーんなことがありました。
ついでに、アウトゥオリのブラジル代表監督候補?の報道も・・。
まあ、これは静観するしかないとして。

結構前向きなニュースが多いし、再開後は競争を全面に出した激しいアント
ラーズが見られるはずです。
二列目あたりに人材が集中しているのが気になりますけどね。
CBとボランチの層の薄さは変わらないわけで・・・。
フェルが怪我したらハイ終了なんてことにだけはならないようにしてほしいです。
(フェルの水戸戦の出来が良かっただけに、期待と不安がとても大きい・・・)
  

一昨日の柏VS神戸戦でも思うけど、やっぱりリーグ戦の真剣勝負は迫力あり
オールスターとはダン違いに面白い。
それが鹿島ならなおのことです。
いきなり首位川崎Fとの対戦はキツいけど、ここを乗り切れるかどうか合宿の
成果が問われるところ。ぜひとも連勝でつっぱしりましょう。

全てのポジションに競争原理を。
最近の二試合見る限りヤナギスタメンには疑問大だけど、悪ければすぐに
控え選手と交代するはず。(このあたりはアウトゥオリを信じていますが・・・)
自分の立場の危機感をぜひとも持ってほしいものです。
我那覇にスポットライトをかっさわれないように奮闘してくれ。


今日はキックオフぎりぎりの到着予定。風邪気味なので気をつけなくては。
再開後いきなり連戦が続くので、観戦される方も体調には気をつけましょう。
あとは、柏原or岡田に会わないことを祈りつつ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

鬼神リカ復活(柏神戸戦)

祝!!   鹿島ユース、高円宮杯出場決定!!


市船との三位決定戦では延長前半に諸岡君のゴールで勝ち越しそのまま終了。
盛り上がったようで何よりです。
(もともと町内世話役会のため延長戦までは見られない予定だったから
秋津に行けずともアキラメつくか・・・)
秋がとても楽しみです。(そうそう、全クラも出場決定してますよね)



で、風邪気味でぼぉっとしつつ夕方町内世話役会に出席。
夏・秋の行事(納涼大会とか秋の祭り参加とか)を知り、A3や10月の
リーグ戦二試合(千葉戦・横浜戦)が観戦不能と知りがっくし。
・・・まあ、毎年持ち回りの町内会、昨年は鹿島戦をフル観戦できたけど
こういう年もあるわとあきらめるしかないですねえ。




さて、日がたってしまったけど1ケ月強ぶりの日立台観戦記を少し。
席はバックALゴールライン際、前から15列目。
このあたりだとアウェイ側バックライン際は人の頭で見えにくいです。
まあ、より見易さを取るならメインにすべきで、臨場感を取ったのだから
それはそれでヨシ。
リーマン風の地味目のお兄さんが汗ふきながらコールにあわせ手をあげて
ていたので、思わず団扇で風のお裾分け。
(気温はそれほどでもないけど湿気がねー)


相手は現在J2最強と噂の神戸。
平瀬がポストをこなし変わったという風評を楽しみにしてたんですけど。

試合序盤は神戸がやや押し気味で、神戸近藤のシュートが入っていたら
展開は変わったかもしれません。
そこを乗り切り、徐々に動きの良い柏がボールを奪えるようになってきました。
何よりイ・チュンソンの献身的なチェイス・動きのよさが目だち、そこにリカ・
ディエゴ・谷澤がからむからむ。
そしてFK。リカがいったんディエゴに落とし再度リカが蹴り右サイド角ゴール。
このあたりから、主審の判定に両チーム選手がエキサイト。確かに基準が
しっかりしてないし私にもわかるようなミスジャッジ多発。
紳士のはずのバクスターがワイシャツ姿で手を上げ激昂してましたが、
ノブリンは落ち着いてました。このあたりに勝敗の分かれ目があった??
前半終了間際、トーメ退場とイ・チュンソンのヘッドゴールと試合が動きました。

後半は近藤アウト茂木(こんなところにいたのね)イン。
FC東京出身の両FW、明暗が別れた形になりました。
変わった茂木も惜しいシュートを外す。
「茂木ーー!!」(by 大熊氏)の幻聴が聞こえたりして・・(^^;)。



で平瀬はというとですね。
うーん、基本的には鹿島の時と変わってないなあ。
サイドに流れ後ろへのバックパス。ポストとしては機能してない。
前線でも優雅にファーで待つ---って、そのままやん。
ただ、GKに激突しにいったのは進歩!?
(飛び込むなんて考えられなかったもの)
ファウルが増えたのは、いいのか!?(柏サポはむかついたろうなー)


後半は圧倒的に柏が一人多い有利さを生かし攻めまくりました。
これって案外難しい(鹿島でも有利を生かせないケースが多々ある)。
それができたのは、山根・大谷の両ボランチが拾いまくりリカが全盛期の
鬼神ぶりを発揮できたからなんでしょうね。
あー、こういうリカに昨年鹿島で出会いたかったよー。
感情を表に出して喜ぶリカを見て「、あー、やっぱり彼は柏の人なのだ
から・・」とアキラメつつも応援したくなります
(ゴメン、平瀬より思い入れが強くて・・)(爆)


谷澤の変態ドリブルも目の前で何度も見られ興奮。あとはシュートが枠に
行けば。ホント、「決めてくれー、谷澤」ですね。


岡山が終了真際腰を痛め、勝利後のイベントでは笑顔がなく立っている
のもつらそうに見えました。
イ・チュンソンが「冷やしチュンソンあります」ゲーフラを掲げ一人で歌い
だし、皆にはめられたと気がつく姿が可愛かった。(結構高い声なのね)


そうそう、忘れてならないレイ君。
マスコットの域を越え、サポーター代表のような彼の姿を一昨日オール
スターで見たかったなあ(ファンキーさはロビー君とイイ勝負)。



さて次の日立台観戦は8/6の山形戦かな・・? (こんなに行くとはなー)
とはいえ、明日からは鹿島観戦モードに戻ります。
長い中断期間でした-ーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

オールスター書き漏れ 

予定では今頃秋津でプリンス三位決定戦(鹿島ユースVS市船)観戦のはずだった
んですけどね。
昨晩の日立台観戦後武蔵野線の冷房にやられ、鼻水が止まらず。
夏風邪のようでぼおっとしてきたので、友人に応援を託しおとなしく自宅静養中です。
某所の速報では延長突入の模様。頑張れーー。
#あ、夕方から町内の世話人会があるんだった・・・(^^;)。



昨晩の柏VS神戸戦の前に、オールスターで書き漏れたことを。


・パウリーニョってJ2の時からうまいなと見ていて思っていたけど、さすがでした。
 ボール一個分の外し方なんて職人芸(爆)。ミドルもうまかった。
 いえ、ボールの受け方、フィニッシュへのもっていき方などさすがブラジル人。
 あとはボール一個だけなので、ぜひリーグ再開後活躍してください
 (なんだかんだ、結構好きな選手です)


・古橋のゴール、あれってウチがさんざんやられてる形だったような・・。
 相手が違うとはいえ、カシマスタでやらんでくれよーー。
 それでなくてもキミの事は苦手なんだから。鹿サポはキミのこと認めてますって。
 今年は調子悪いと聞いていたけど、7/29は大久保よりやっぱり古橋に警戒
 せねば・・・。


・岡田主審、柏原四審、現地でそれを知った時いやーな予感が。
 ま、まさか、明後日の川崎F戦の下見っつーことはないよね・・・?
 (どっちかというと四審の方が可能性ありそうな)
 2月の水戸とのプレマッチが岡田主審で、次の開幕戦も岡田だったのを思い出し
 ガクブルです・・。
 柏原氏は、ぜひレッズ戦にしてくださいな。
 これまた悪い冗談のようですが、妹が
 「鹿島戦で柏原主審だけはやめてほすい」
 と何度も言うもんだからつい・・。 #昨年の闘○○再び・・・(ごにょごにょ)


ここまで書いたらさらにぼぉっとしてきた。後は夜にでも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

暑さはつきもの--オールスター

ココログのメンテ終了後初めて書き込みますが、少しはアクセス等速くなりましたで
しょうか・・? (かなり乗り遅れてます)  


ちょうど同じ時期、仕事も職場人間関係でも忙しいやらシチ面倒くさいやらで、結構
ドタバタとしんどい日々でした。
関係者が多い仕事が平行して進むと、うっかり連絡し損ねてしまうこともあり、そこで
トラブルになったり・・・・はぁ・・・。
この三連休、結局仕事を自宅にお持ち帰りしました。
なれど、オールスター・柏VS神戸戦・プリンス関東三位決定戦と三日連続で観戦
予定。
いったい、いつ仕事するんだよー。 ・・・たぶん今しかない(笑)。



さて、昨日のオールスターはバック1F中央での観戦でした。
普段がメイン席なのでバック席はベンチが見えて新鮮でしたね。
アウアウの隣にちゃんと蘭堂さんがいるとか、後半ベンチの伸二と野澤は清商と
清水ユースで同学年、よく知っているだろうに会話してない風? とか。
ただ、陽射しがキツイのとトイレが少ないのがちょっと・・・でした。



昨年こそ10月だったけど本来オールスターは真夏の祭典だものね。
何だかんだやっぱりカシマはメインの方が自分にはあっているんだなあと。
正午に埼玉某所から友人の車で移動、渋滞に巻き込まれつつ試合後まで不思議と
雨には当たらず、その点では恵まれてました。Hさん、どうもありがとう。



マスコット対決はPK戦の一部しか見られなくて残念。
初登場の甲府のヴァン君、可愛いかったなあ。
お辞儀しまくる姿が初々しいー。アルディ君もあんなカンジ。
デフォが笑顔だもの、怒っちゃいけないのね(^^)。
当方ぬいぐるみはクマ好きです。
でも、ジェフィ君もだけど犬も可愛いもんですね。
(噛まれた幼少体験から実物はいまだにダメなんですけどネ)(^^;)。



J-EASTが前半・後半と全然違った印象になったのは、やっぱりFW2枚と中盤が
交代したからでしょうね、きっと。
前半のヤナギ・久保ともに、公式戦に出るようなコンディションではなかったよう
です。
ヤナギは先週の水戸戦の出来で想像はついていたけど、でも一週間たてばもう少し
コンディションあがるかとの期待は残念ながら外れました。
競い負け、ボール収まらずでは・・・。
久保にいたっては、出だし5分で消えてました。(ナビスコで活躍したというのに・・)
今までさんざヤナギ久保の2トップが見たいと思っていたけど、こんな形で実現しても
何だかなあ。もうこのコンビは期待しちゃいけないのか・・?(ぼそ)



そして、伸二もあんなプレーしかできないのかとがっかりでした。
オシムの前でわざと曲芸見せてるのかと思ってしまったくらい。
サイドは慎吾と篤人が結構かき回していたけど、慎吾の方が年の功からか周囲との
コンビが取れてたように見えました。



後半はFWが巻&ガナピーに変わりそして何より、伸二→大悟に変わっって
がらっと様相が変わりました。
それまで沈滞ムードに巻き込まれていた満男も動きと判断がよくなりました。
やっぱり相方次第の部分はあるんですかね。



巻・ガナピーのポストプレーとチェイスは一線級。
日本一ポストがうまいのは西澤、その次が北嶋という持論なんですけど、巻もガナピ
ーもうまいもんでした。ヤナギもあのくらいできるはずなのにねえ・・(まだ言う)



慎吾が下がりバレーが入り、一体どうなるかと思ったら、同タイプ3名の3トップが
案外と機能してたのは、皆動きながらボールを収め前に出ていけるタイプだったから
なんでしょうね。


で気がついたら篤人が左サイドをやってました。
佐川急便との練習試合でイバ負傷後左SBに回ったとネットで見た時はどうなんだ
ろうと思ったもんですが、できるものですねえ。
シュートは右足、クロスは左だったような。  こりゃ、イバもうかうかできません。
篤人→坪井のサイドチェンジとか、篤人→巻とかいろいろ面白かった。


3月の甲府戦に続き、「バレーは体の大きな子供」シーンが見られましたよ。
自身二点目を入れた後、気がついたらバックタッチライン外で蹲ってるんです。
関DRと一緒に来た蘭堂さんに甘えるような様子だったのが可愛かった。
しっかし二得点のバレーに個人賞なしってかわいそう過ぎますねえ。
中沢、牛の足一本くらいはバレーにあげてね。
(実はイースト選手の自宅住所を調べて送るつもりとか。さすが気遣いの人だ)


それにしても、大悟と青山はイイ選手でした。
この2人や篤人ら若手の有望希望株の溌剌としたプレーが見られたのが一番の
収穫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

ファビオ初お目見え--水戸戦

昨日は、ナビスコG大阪戦以来久しぶりのカシマスタへ、水戸との練習試合見学に
行ってきました。
Jヴィレッジで鹿島選手の練習は見てるものの、試合となればそりゃ待ち遠しかった
ですからね、キックオフ二時間前には現地に着いてました(笑)。
水戸は今週は試合がない週とはいえまさにシーズン中。先々週柏の葉で見た
ミトナチオの固い守備やロスタイムゴールの粘り強さ等かなり手強い相手です。



昨年の順天堂大との練習試合ではメイン閉鎖でゴール裏のみ開放、陽射しがきつ
かったのですが、今回はメインのみ開放、日陰で助かりました。
お知り合いの方に練習での面白写真を頂戴したりユース話をしたりで、まったり
まったりと開始まで。
水曜の横河武蔵野FCとの練習試合は豪雨で20名くらいしか見学者がいなかった
らしいですが、さすがに昨日はキックオフ直前には水戸サポを含めメインはかなり
の数の観客が入りました。知り合いも多数おめみえ。
やっぱり皆、鹿島の試合に飢えてるものね(笑)。



サテ戦が翌日新潟であるため午前練習後サテメンバーは移動した模様で、
この試合のサブは、杉山・羽田・本田・中後・深井・田代・本山・野沢の面々。
はっきり言ってかなーーり豪華なサブでした。
このメンツで楽しそうに歓声をあげながらの鳥かごにこちらも微笑んでしまう。

一方スタメンは、ソガ・篤人・岩政・大岩・イバ・青木・フェル・満男・ファビオ・
アレ・ヤナギ。
カシマ初見参のファビオと代表帰りのヤナギ・満男・篤人が注目ポイントでしたね。


注目点1。
ファビオは二列目左で満男とコンビを組んでみました。
出だしは、一人ワンツー(三都主がよくやるあれ)とかサイドを抜いたドリブル等
見せ場を作っていたんですが、イバとかぶるようになり、右サイドに移動。
やがてソガの「ファービーオ!」の声が何度も何度も鳴り響くうちに消えてしまい
ました。15回以上は叫んでたんじゃなかろか? 3分に1回、ゴングか?(笑)。
あれって攻撃時のポジショニングの注意だったのかなあ。

持ちすぎ君というほどではなくフィットすれば楽しみだけど、少なくとも今本山・拓也を
下げて使うほどではないなあというのが実感でした。
左右ともCKを蹴ってました。決定的なものはなかったな。

注目点2、満男。
あまり動けてもないし、とにかくファビオとのコンビに気を使っているのがありあり。
ボランチの位置まで下がりボールキープしようとして後ろからかっ触れーーと
代表でも何度かやらかしたミスをしたり、判断が遅かったりーーまだまだ本調子
ではないですね。
前方のライン裏へ浮き球でパスを出しヤナギを動かしシュート。さすがヤナギの
使い方をわかっている。でも、ヤナギは相変わらずGKへパスだった(爆)。



注目点3、ヤナギ。
うーん、正直言って今の調子ではスタメンで使えないかも・・・。
ミトナチオとはいえ日本人相手に競い負けるし、今ひとつ動き出しが遅く緩慢な
印象が残ってしまいました。
こちらの思い込みかもしれないけど、怖がってプレーしているように見えたんですね。
厳しいことを書いているのは、後半メンバー、本山・拓也が素晴らしかったからです
けどね。



注目点4、篤人。
彼もまた代表遠征疲れが残っているのか、キレはあまりなかった印象が。
ヤナギ、そして特に青木は篤人の使い方をよくわかっているようで、サイドスペース
へ再三パスを出しそこへ追いつくシーンが何度か見られたのは今後に期待が持て
ると思います。
ミスが多かったので、そのあたりは守備の約束事を思い出せば・・。

で、後半メンバー。
ヤナギ・満男・ファビオ・篤人アウトで、深井・本山・野沢・中後イン。
後半早々のメンバー(中後は篤人で)が今のベストメンバーでしょうね。
Jヴィレッジでも思ったけど、アレックス・拓也・本山に深井が入った攻撃は連動性
がありスペースへ入るスピードもあるので、見ていて楽しいし攻撃の形ができて
います。
そう、ナビガンバ戦を戦ったメンバーの方がいいということかな。
本山は合宿の好調さを維持してます。心中期するものがあるんでしょうね。
切り替えしてのサイドネットを突き刺す見事なゴール(今朝のドイツ選手も同じ
ようなゴールがあったような、悔しいから見返してないけど)。


この攻撃陣を支えているのは、岩政・そしてフェル。
フェルはこれぞボランチという働き。レイソル時代のリカを彷彿とさせるボール奪取
からドリブル、スケール大きい展開と完調ではないかな。期待してるよ、フェル。
青木もやっと独り立ちできたような印象です。
得意の逆サイドへのロングフィードや前線への走りこみなど、相方がフェルなので
安心して攻撃参加できるのが良かったのかな。



そして、岩政はいつもの岩政。アンデルソンとのやりあいにも動じず。
拓也からのFKから見事に流しゴール。だんだん風格が出てきましたね。


イバは、攻撃ではミスもあったけどサイドを活性化させ、カウンターのロングドリ
ブルはさすがに迫力ありましたね。終盤守備でミスが出たのは隣がハネになり
連携がうまくいかなくなったからか。


心配なのは、そのハネと中後。ハネはかなり不安定なカンジ。中後は守備で競い
負けるのは仕方ない(^^;)として、右サイドから精度良いボールを繰り出してほしか
ったけど、あまり見せられず。まだまだなのかなあ・・・。
それにしても、ナラは合宿では完全合流だったのにどうしたんでしょう?
サテ戦にも出てないしなあ・・・。
田代は、攻撃の組立てに参加するもののうまくいかず。
アレックスとは違う持ち味を自覚して前で張っていてほしいのですけどね。


再開の川崎戦にはまだ10日あるのだから、代表組もコンディションをあげてキレと
連携を高めていくでしょう。
あとは、「健全な競争」(by アウトゥオリ)でスタメンが決まることでしょう。

そのアウトゥオリは、ベンチに姿を見せず、奥ちゃんが指示をしてました。
よく見ると無線を持っていたようなので、どこかにアウトウォリがいるはずーーと
探したところ。
一階最上段のプラチナ席(ガラス張りの室内)で頬つえついて見学なさってました。
まだ日本にいたのねーーーって、あたりまえだ。
そうそう、ブラジル協会に取られてたまりますかってねえ。


後半ベンチに下がったはずのヤナギがゴール裏スペースでフィジコと一対一で
トレをした後、ベンチ横に体育座りしてほぼ最後まで試合を見ていた姿が、ヤケに
せつなかった。
何だって、観客から丸見えの場所で一人ぽつねんと見てたんだろう・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美徳と背徳のあいだ---ポルトガル、お疲れ様

当blogアクセス解析によると、「美徳と悪徳のあいだの少年」で検索してくださる方が
時たまいらっしゃいます。
プラド美術館展を見て、あの少年が篤人に似てるなと書いていたんですけどね。



今朝ドイツVSポルトガル戦を見ていて、縋る様な上目使いで上川主審(グッジョブ
でしたね)を見つめるロナウドがあの少年に表情が似てることに気がつきました。
表情も、そしてプレーもある意味美徳と悪徳のあいだ・・・・だったかな・・?
#上川さんも、あんな目で見られて内心困ったろうなー。
 フェリペが「きかん気だけどそこが可愛い」と言うだけあるわ。


ポルトガル、最後は力負けでした。
出場試合和が少なかったデコ、不完全燃焼だったことでしょう。
いつの間にか悪役にさせられたポルトガル。小国の悲哀を感じる。
解説者の変な恣意でよけいイメージが悪くなってしまったような・・・。
特に次期五輪監督はちょっとなあ・・・。
今年の名古屋戦の解説では名古屋が気の毒になるくらい偏見強かった。
新潟監督時代もウチは結構イヤミ言われていたよなあ。
--男前氏のことは、まあいいですね。


今回のポルトガルは、一昨年くらいの鹿島に似ててシンパシーを感じてしまう。
中盤がそれなりに散らしてるんだけどFWがさっぱりで。
動き出しが遅れてパスは回ってもゴール前まではなかなか運びきれないとかね。


ロナウジーニョもメッシもプジョルもマルケスもそんな思いに違いない。
この悔しさは、12月の東京でぶつけてくださいな。
そして、リーガももちろん連覇目指していくはずですからね。
エトゥーやジュリのプレーが待ち遠しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

やはりそうだったか

ブラジル戦直後の映像を見てひょっとしたらそうなるかもと予感のあった、ヒデの
現役引退。
11年半のプロ選手人生、お疲れ様でした。今後の人生に幸あれと祈っとります。

わぉー、われながら棒読みなメッセージだ。
うーん・・・。


結局ヒデに対してはプレーも選手としてもデビュー当時から最後までシンパシーを
強く感じることがないままだった。
これは私が満男サポだったから云々は関係ない気がする。
ブラジル戦後の姿を見ても、それでも私のような「臍曲がりなのに単純」な人間の
心を開かせる何かが感じ取れずに彼は去ってしまったのだった。
まあ、個人的な感情なので、ヒデファンに理解してもらうのは難しいだろうけど。



ヒデは苦労したかもしれない。
でも、悲劇のヒーロー扱いする風潮は控えてもらいたい。
代表ではヒデ一人が皆とすれ違って苦労したわけではないはず。
(79年組が可愛いからとかそういうわけではないです)
79年組も魅力的なメンバーではあったけど、ジーコに最後は信頼されるべき何かが
欠けていたから最後は使われなかったのだと思う。
要はどっちもどっちなのだ。
皆のモチベーションをあげることができないまま終ってしまったことを思うと、やはり
選手選出・采配・チーム作り全てで監督ジーコの責任は大きい。
この間書いたジダン・フィーゴが日本代表にはいなかった。ヒデの任ではない。
一番現実的だったのは藤田か三浦アツか。ベンチを支えるベテランがいたら、
少しは変わったろうなあ。
(土肥自身は頑張っていたように見えたけど一人では厳しかっただろう)

ヒデはとことん不器用な人なのだろう。
素直な感情の見せ方がヘタで誤解を生みやすいのかと思う。
満男も変人だけどヒデとはだいぶ違う。
満男の方が意外性はあるけど愛すべき子供っぽい部分(=困ったちゃん要素)が
時に強く出る。良い悪いはともかくとして。



しかし、ヒデ引退そのものよりも川渕氏の「ヒデらしい鮮やかでさわやかな決断」
発言に反応してしまう。いけしゃあしゃあとよくこんな発言できるものだ。
自分はさわやかじゃないってわかっている(爆)ところがよけいに。
自分の進退無視してどの面下げて言っとんのじゃーー!!!   ・・・はぁはぁ。

オシムジャパンへの期待と不安・アウトゥオリ行かないでぇ(^^;)・再開後の鹿島
等々は、また夜にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

パパの魅力

---といっても、パトロンのパパさんじゃあないですよ(笑)。



ポルトガル勝利後の映像で、フェリペの父性そのもの姿が強く印象に残りました。



可愛い選手達が怪我させられそうになれば激昂し選手と一緒に戦い、勝利の後は
自分のことのように(まあ自分のことでもあるんだけど)喜び、スタンドの観客に選手
以上にアピールする姿。
同じブラジル人監督でもジーコ・アウトゥオリではちょっと考えにくい。
セレーゾもあそこまではしないだろうなあ・・。
ジーン・ハックマン似風貌、でもあんなクセ者ではなくもっとストレートに選手を鼓舞
する名監督。(もしも磐田に長くいたらチームカラーが変わっただろう)
フィーゴと抱き合う姿が一番印象的でした。



そのフィーゴを見るたびに、父ちゃんとつぶやいてしまう。
パパに父ちゃん、どんなチームやポルトガル(笑)。

この数試合、フィーゴがクリロナはじめ若い選手達を引っ張っているなあとつくづく
思うわけです。
デコともうまく言っているようで、安心しました。
デコも次のフランス戦では復帰。少しは中盤も落ち着くでしょう。


そして、フランスにもジダン父ちゃんがいます。
ブラジル戦後元チームメートとなってしまうシシーニョ・ロビーニョと抱擁する姿は
結構感動的でした。ロベカルとはしてたっけ・・・?
ジダン父ちゃん、キレキレ。
ロスタイムにあれだけ走って視野広いパスを出せるんだもの。
引退、もったいない。

ポルトガル対フランスは、一人のパパに2人の父ちゃんに注目です。
対する向こうのヤマは、どっちも今ひとつ興味持てないチーム。
ブッフォン頑張れと棒読みで言っておこう(^^;)。



(追記)
アルゼンチン・ブラジルの南米大国がいずれも敗退。これはショックです。
今回は特に、ブラジルよりアルゼンチンを応援してました。
名将ペケルマンが最後にとち狂った采配をしてしまいましたね。
リケルメを下げるならアイマールを入れるべきじゃないのか?
1トップならサビオラかメッシでかき回してほしかった。
ブラジルも、ロナウド1トップを長いことひっぱってしまいシシーニョ・ロビーニョ
投入も遅かった。
負けるチームには理由があるもんですが、ジーコだけではなく采配ミスはホント
痛手となります。
スウェーデンもアルゼンチンもブラジルも敗退、あとはポルトガルだけになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »