« 違う形で宮城の再現・・なのか | トップページ | 一日たって »

2006年6月13日 (火)

リード時の采配は難しい--オーストラリア戦

うわー・・・・。



ジーコ、オーストラリア戦の采配でやっちゃいましたね。
後手後手というか、勝っているのに采配変えるたびにどつぼにはまり、前の交代が
意味をなさなくなるって、はっきり言って采配で負けたんじゃないかね。
一昨年のホームレッズ戦(乱入事件のあの試合)を思い出してしもた。
勝っているときは交代は難しいんだろうけど、あの展開で二点目を取りにいくのか
守りきるかがベンチも選手もはっきりしてなかったんだろう。
だから、伸二という正直明確な意図が伝わりにくい選手を、ボランチにとこれまた
メリットが出にくいポジションで使うはめに・・。


ヤナギはシュートは打たず打ってもヘタだけど、これは仕様です(爆)。
それよりも、あれだけボールをキープしていた彼がいなくなってから、ボールが
収まるところがなくなっちゃったじゃないかぁ・・。
ヤナギを下げるなら大黒または玉田を早く入れてほしかった。


鹿島ならどうするかな。
同じようにリードして深井を最後投入したナビ川崎戦など、明確に「「守ってカウンタ
ーを狙い追加点」が伝わる采配だった。
(代表ではこういう使い方ができる選手をジーコは選んでないのよね。いわゆる
 スーパーサブ。達也・大久保・松井らならこういう役割できると思うけど)。
清水戦では、ダメと思ったらハーフタイム前に青木→田代の交代をした。


アウトゥオリの交代・選手起用は早め早めで的確。明確に選手に意図が伝わる。
彼の采配で納得できなかったのはナビ川崎戦@等々力だけ。
これも、ひょっとしてアウトゥオリの狸ぶりにのせられただけの気もしてきた。


結果は残念だったけど、あと二戦は思い切っていってください。
結果は後からついてくると信じて。



アメリカVSチェコ戦の関塚さんの訥々としたしゃべりもいいけど、この間の万博の
試合の選手達の笑顔がまた見たくなったので、関塚さんは録画にまわしました。
と書いてたそばから、右サイドの高精度クロスをヤン・コラーのナイスヘッドで先制。
#駒野もあのくらいしてくれよ。


イタリア戦まで見たら明日会社に行けなくなっちゃうからこれも録画、見られるのは
いつになるんだか。

|

« 違う形で宮城の再現・・なのか | トップページ | 一日たって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/10503070

この記事へのトラックバック一覧です: リード時の采配は難しい--オーストラリア戦:

» ワールドカップ [一期一会]
4年に一度の世界大会。国と国との戦い。日本を代表する23人の戦士達がドイツへと [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 17時42分

« 違う形で宮城の再現・・なのか | トップページ | 一日たって »