« 庭には芝生-ー岡山劇場   | トップページ | リード時の采配は難しい--オーストラリア戦 »

2006年6月12日 (月)

違う形で宮城の再現・・なのか

サッカー観戦の醍醐味は、とにかくスタの雰囲気・臨場感。
鹿島以外でも、海外リーグのテレビ観戦よりは高校サッカー・ユースの生観戦の
方が自分では高い価値を置いてます。
#岡山に顔を覚えられたし(^^)、水戸戦@柏の葉もML席を購入しました。
   翌日、体力残ってたら鹿島のJヴェレッジ合宿見学に行きたいところ・・。



 
そんな自分も、いざ開幕すればさすがにワールドカップは追いかけたくなります。
予習はしない方なので毎朝DVD録画を慌ててしている状態ですが。
最初のドイツ戦・イングランド戦はあまり興味なく見なかったですが、それ以降の
試合は見られる試合は寝惚けながら見ています。




今回、開幕前から唯一応援しているのはスウェーデン。
四年前、宮城のアルゼンチンVSスウェーデン戦を観戦し、蛇腹のような4バックの
ラインコントロール&ポジショニングに惚れ惚れとし、アルゼンチン応援のはずが
試合終了後はスウェーデン勝利に感激しました。
何と言うか守備が美しく切替え後のゴールへの執念も感動しました。
バティの涙に衝撃受けたけど、仙台駅までの車中喜び方が紳士だったスウェーデン
サポにすっかり共感し、それ以降はスウェーデンサポに。
(日本戦以来ウィルモッツのファンとなりヴェルギーも応援してたけど、彼も引退し
  今回は出場してないですからね)




二年前のEUROではラーションにプラス イブラヒモヴィッチ出現。
二人でどんどん攻撃しかけていく姿にでさらに興奮しました。
ラーションがバルサに移籍してからは楽しい二年間でした(遠い目)。




そのスウェーデンが、圧倒的に攻めながら一人少ないトリニダード・ジバコに
無得点で引き分けるとは。
宮城でのアルゼンチンの再来かと思いましたよ・・。


でも、攻撃力は圧倒的だったと思う。ラーションのヘッドがちょっと浮いちゃったり、
最後まで途切れなかった相手の守備力を誉めるべきかなあ。
(先日の万博ガンバ戦の鹿島の前半もこんなだった)
まあ、二位抜けはあるとは思うんですけどね・・。
エリクソンに手柄を渡すのはシャクなので4年前同様イングランドには絶対に勝って
ほしいです。



一方アルゼンチンはクレスポ・サビオラと点を取るべき人がらしいゴールをきっちり
決めたのはさすがでしたネ。



いよいよ、あと3時間あまりでオーストラリア戦開始。うーん、起きてられるかな(笑)。
ヤナギの勇姿を楽しみに、さあ、帰ることにします。

|

« 庭には芝生-ー岡山劇場   | トップページ | リード時の采配は難しい--オーストラリア戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/10495783

この記事へのトラックバック一覧です: 違う形で宮城の再現・・なのか:

» サッカー ワールドカップ ドイツ大会 日本初戦 [漫画とかドラマとかネタとかアレとか.com]
いよいよ今日は日本の初戦。 なんかケガ人がけっこういるみたいだけど、 果たしてどうなるかな〜? ブラジルに負けるのは確定とすると、 最悪でも引き分け、出来れば勝っておきたい1戦だ。 前回のワールドカップのように甘くはないからなぁ。 せめて全敗だけはしないでくれよw ところで、どうでもいいがこれちょっとカッコイイな・・・... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 22時57分

« 庭には芝生-ー岡山劇場   | トップページ | リード時の采配は難しい--オーストラリア戦 »