« クロアチア戦 | トップページ | スウェーデンに続け--三ツ沢の夜 »

2006年6月21日 (水)

さすが!--(ネタばれあり)スウェーデンVSイングランド戦

鹿島VSC大阪、鹿島@カシマVS名古屋などなど、特定チームとの相性って
存在するもんですね。


早朝のスウェーデンVSイングランド戦、イングランドはスウェーデンに38年も
勝ってない。
そして今回もそのジンクスは破られなかった。
地力を出した強敵イングランドに、これしかないっつー戦い方をしたスウェーデンに
朝から元気をもらいました。



EURO2004の時も、デンマークに似てると言われてた気がするけど、実際は
デンマークよりもFW2人によるボール回しが際立っていたスウェーデン。
そうそう、4年前も堅守速攻&セットプレーで勝ってきたのでした。


今回は、イブラヒモビッチが不調、ラーションもお疲れということもあり、
また中盤もリュングベリの縦の突破をうまく抑えられると苦しい展開になる。


前半はイングランドがこれまたないくらい出来が良くて、早いパス回しと
ジョー・コールの機動力で再三スウェーデンゴールを脅かす。
何とかしのいでいたけど、ジョー・コールの素晴らしいドライブシュート炸裂(orz)。
#Jで伸二もあんなシュート決めてたっけ・・・。


さすがにハーフタイムに修正してきて、ボールが少しずつつながるようになった。
ノーゴールを築いてきた(爆)アルバックがCKから見事なバックヘッドでゴール、
追いつく。
その後もイングランドのボール回しがもたもたすると、怒涛のセットプレー攻撃。


のはずが、途中出場のジェラードにヘッドで決められる。ゴール前の彼のフリー
ランニングは見事だった。


その後も何度もスウェーデンがCKを取りまくる執念が実り、ロスタイム、こぼれ球を
ラーションとメリベリのツインカンフーキック(笑)でゴール、追いついちゃいました。
どっちのゴールとも言えるように見えてもいの一番にこぶしを上げて喜んだ
ラーションの貫禄勝ち(笑)。やっぱりステキだよ、ラーション。


凄いよなー、伝統を守り抜こうとする執念だろうか。
タレントではイングランドには及ばないけど、堅守速攻とラーションの気の利いた
ボール裁きと執念で勝ち上がる。これぞスウェーデンです。
次はドイツ・・・。
イングランドよりは守備が甘くないんだろか?そこに期待するしかないかな。
ズラタンも負傷した足も少しは休めたのだから、次こそ爆発を。

|

« クロアチア戦 | トップページ | スウェーデンに続け--三ツ沢の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/10618633

この記事へのトラックバック一覧です: さすが!--(ネタばれあり)スウェーデンVSイングランド戦:

« クロアチア戦 | トップページ | スウェーデンに続け--三ツ沢の夜 »