« 雨の西京極--ナビ京都戦 | トップページ | 準々決勝に向け忘れちゃいけないこと »

2006年5月21日 (日)

やりきれない

川崎Fに2-1で敗戦ながら千葉が清水に勝ってくれたおかげで、得失点差により
グループ2位の三位となり予選通過、ガンバとの準々決勝に進出。


---予選突破すればいいというもんではない。
いやはや、やりきれず納得できない結果であり試合展開だった。
暑さのせいにしたらあかんよ、お互いさまなんだから。
まあ、4日前の西京極の戦いを見てれば出来の悪さは想像はついていたけど。
少しはメンバーを変えてくるかと思ったけど、田代・大岩の先発はなかった。


それでも、試合開始直後はサイドノスペースを突いたり誓志が飛び出したりといろ
いろ工夫はしていたように見えた。
ただ、チャレンジし続けられないのが今の鹿島の限界かと。
そのうち、パスの出し手と受け手がバラバラになって相手にポゼッションされまくり。


それと、一転守勢に回るとラインが低くてボランチもあれなので、そこから攻撃に切り
替えられない。
今日も小澤のファインセーブに何度も助けられたけど、DFラインが去年より下がって
いるのが彼のポジショニングによるものなのもたぶん事実だろうと思う。
ラインが低いのなら引いて守ってカウンターを徹すればいいけど、それもできない。
意識統一されてないから途中でノッキング、味方のランが遅いのでパスを出す時には
相手DFも追いついてしまう。

あとね、アレックスにあれだけポスト・守備をさせるのは彼に気の毒すぎる。
足を上げ警告二枚目で退場したのは軽率ともいえるけど、さすがに今日の献身的な
彼にはそんなことは言えない。
他の選手、要は本山は一体何やってんのかと今日はさすがに怒ってしまった。
あの消えっぷりはヒドい。
かといって深井も動き回り守備にも奮闘するものの、どうもキレが悪い。
この2人を後半早々に、せめてアレックス退場後にはすぐに田代・慎三に交代して
ほしかったんだけど、今日のパウロは動かず。あれって我慢だったのかねえ・・。
おかげで、前線の起点が全くなくなってしまった(本山の散発プレーでは役に立たず)



攻める気なさそうでかといって明確な意図はなさげな守備をちんたらしてるうちに
結局失点。
ここであわてて田代・慎三を投入しても、もう時間がないっつーの。
田代ーー、もっと中央で張ってほしいよ。流れてドリブルなんてほかの選手にして
もらってくれ(結局これも役にたってないのだから)。


最近の出来の悪さは、昨年のヴェルディというよりはレイソルに似ている気がして
きた。何をしたいか皆バラバラで全然つながらないところとかねえ・・。

逆に考えれば、準々決勝は鍛錬の場にできるのだからコノチャンスを生かさない
手はないと思う。
個々の選手が意識と運動量を少しでもあげないと。
ここで奮起しなかったら鹿島の未来はない。
それとは別に、強化部他フロントはすぐにでもボランチ・CBの補強に奔走して
ください。「現有戦力の底上げ」なんてもうごまかされませんよ。


準々決勝の万博、仕事休めるかまだわからない。行きたいんですけどね・・。

|

« 雨の西京極--ナビ京都戦 | トップページ | 準々決勝に向け忘れちゃいけないこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/10176367

この記事へのトラックバック一覧です: やりきれない:

« 雨の西京極--ナビ京都戦 | トップページ | 準々決勝に向け忘れちゃいけないこと »