« さて京都へ | トップページ | やりきれない »

2006年5月18日 (木)

雨の西京極--ナビ京都戦

眠いーーーー。


昨晩は雨の西京極で観戦後駅付近の居酒屋で関西組仲間と食事。
友人宅に泊まりCL決勝を見届けてからのぞみで戻り、そのまま出社しました。
バルサの優勝で西京極の憂鬱が少しだけ晴れました・・・かね?


2アシストのラーション、やっぱり素敵すぎ。
あんなポストプレー、日本人では西澤・ヤナギがたまーに片鱗を見せるくらい。
本当にバルサでは最後なの?
CL優勝を置き土産に去るとはカッコ良すぎまっせ。
W杯の活躍、楽しみです(同じスウェーデンのリュングベリもキレキレだった)。
難易度高いゴールのエトー、魂のゴールを決めたベレッチ、中盤でいきいきしてた
イニエスタ、皆よく頑張ったなあ。
後半大雨になってもほとんど滑らない両チーム選手、それに比べ西京極は・・(ーー;#)。


ナビスコ、雨のナイター、アウェイといえば一昨年の準々決勝@瑞穂。
雷を伴うこのうえない大雨が90分間振り続き、観戦仲間の最強雨男(笑)君が眼鏡を
唾でなめ手で何度も拭きつつ3分に1回は

「今何が起きた?」

と聞いてくる。いや、私だって見えてないって(笑)。
ナカシのゴール、川島退場、フェルPK失敗といろいろあった試合だったなー。


昨日は彼が来なかったので(笑)、あの時に比べれば雨量も多くはなかった。
でも、西京極のナイター照明の暗さは半端じゃなく、やっぱり見にくかった。
こちらのゴール裏付近でFKを蹴る拓也の顔がよくわからなかったくらい。


試合前あやかちゃんが亡くなったことが告げられゴール裏で喪章が配られた。
場内アナウンスとともに選手・スタンドともにあやかちゃんに黙祷をささげ試合開始。

振返って思うのは、選手達がメンタルも戦術理解も技術も若いなあと。
実際、スタメン日本人フィールドプレーヤーはイバ・本山が最年長だったし、穴だった
ボランチコンビ増田・中後ら、失敗・失点するたびに落胆しシュンとしてしまうのがこち
らにも伝わってくる。なんだか昨年の鹿島ユースッ子達を見ているようだった。


前半からDFラインのボール回しが多くしかもラインが低くてボランチで収まらないので
すぐ逆襲をくらう悪循環。
向こう側への攻撃なので見えてはいないけど、深井・篤人の両サイドが奮闘していた
のとアレックスがそれは献身的に動き守備し抜け出そうとしていたのはわかった。
本山は一本縦へのスルーパスを狙ったのがあったのは覚えている。
拓也は何してたんだか・・?    


中盤より前にボールがいかないのでCB陣が前線へフィードする気持ちはわかる。
それなら田代がいたほうが曲がりなりにも囮になってアレックスへのマークが減った
気がする。  どうも前線と守備陣とで意図があっていなかったような。


前節の京都戦のように後半早々本田・田代・慎三らの投入を期待したけど、残念な
がらそれはなく。
慎三投入直後左サイドを破られゴール前には人数いたのに途中出場の田原にゴー
ルされる。 さらに中後?のミスから二失点目。
その後30分に田代・本田投入。

田代はゴール前右でフリーの位置で深井のどんぴしゃクロスを見事に外した。
あれは外す方が難しいっつーくらいのもの。当り損ねというよりはDFのクリアのごとく
意図して外したんじゃないかというような(爆)。これでもうダメかと思ったりして・・。


深井も後半終盤のチャンス!という場面で浦和戦のようにまたもやこけた。重心が低
いのになぜ雨でこけるちゃうんだろうなあ。技術の差ではすまされない、ホント・・・。


FK・CKはほとんど拓也が蹴り確かにCKから岩政のゴールを生んだけど、中後のFK
精度にも期待したかった。
なのに唯一彼が蹴った後ろ目中央のFKは遥か右へゴロ気味でさようなら--。
素晴らしい技術は試合で見せなくては意味ないでしょう・・。

ゴール前でそこで撃てばというのをパスで回し回し、最後にイバがミドルをズドン。
当然(爆)ボールは遥か後方へ。#そりゃないよね。
イバのゴールはペナ内のポジショニングが生んだもの、ミドルの精度は「ない!」(爆)。
イバに出したのが誰かは忘れたけど、もっと早め早めに打たないと。
今ひとつ判断が遅いから思い切りが悪くてパスに逃げちゃうのだろうか。


結局、その後はチャンスもなく敗退。あやかちゃんのためにもぜひとも勝ちたかった。
唯一の光は慎三かな。右サイドを篤人とチャンスを作ってはいたと思う。

岡田の判定は相変わらず基準がよくわからない。
篤人がペナ内でシュミとられたのも微妙。普通に流せるレベルと思うけどねえ・・・。
(昨年ナビC大阪戦の慎三が吉田にのもそうだったなあ)
加藤がイエロー二枚目なのに出した岡田が二枚目と気がつかず、副審に指摘されて
から退場なんていうシーンもあった。しっかりしろよ、SR。


それとイバなんですけどね・・。
・・・どうも怪我明けでプレーを相当セーブしていた様です。
ハネに預けてもまたイバに戻してくるからイバも困っていたりして。
イバだけじゃなく中後・ハネにも問題大有りだったので仕方なかったろうけど、左サイ
ドはかなり突かれてました。決定的なものをイバが防ぐシーンもあったけどね。
残念ながら本調子にはほど遠い。
でも石川でもあまり変わらなかったかもな・・。

次の等々力でフロンタに勝たないと二位でもトーナメント進出が危うくなってきた。
うー、厳しいぞぉ・・。選手達の奮起を切に望みます。

|

« さて京都へ | トップページ | やりきれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/10126620

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の西京極--ナビ京都戦:

« さて京都へ | トップページ | やりきれない »