« 辛口・ガンバ戦 | トップページ | 行って良かったナビ川崎F戦 »

2006年4月11日 (火)

現地雑感とか

現地観戦とテレビ観戦での印象は総じて異なるものだけど、ガンバ戦はその最たる
ケースかもしれないと改めて思いました。

テレビ観戦の方の各blogなど読むと、拮抗した良い試合だったという感想が多い
ので結構とまどったりしました。「後半鹿島が押していた」との印象は驚きでした。
おそらくヒロミの両チームへの愛ある解説の影響が結構ある気もしたりして。
「どんな試合でも同じ試合はふたつとない」が信条でサッカーを愛し見る人に新たな
発見と楽しさを与えてくれるヒロミの解説は本当素晴らしいと思います。
(私もヒロミスタの端くれですから)(^^)

で、現地ゴール裏での印象で特に後半風下の鹿島が押していたとは思えなかった
のは、かなり鹿島のラインを引いて自陣に近い、つまり我々アウェイゴール裏の近く
でプレーする時間帯が長かったからでしょう。
#試合中「ラインあげてくれ」「向こうでプレーして」と何度か叫んでた(爆)。
さらに向こうは黄砂と闇でよく見えないのでカウンターもしょぼく映りました。
拓也のDF裏をついたパスから深井の飛び出しのプレーは反対側でも素晴らしいと
思いつつも、もう1人田代が絡めば決定的になったのに残念な気がしてました。

本山について触れてなかったですが、ガンバ戦の本山はシュートを意識して特に
前半はFW、1・5列目らしいプレーでよかった印象です。守備も珍しくできてました。
私の持論では鹿島でシュートのうまい選手は拓也と本山、この2人です。
ただ、最近はあまり枠にいかないのが残念。ぜひぜひ精進してください。

えー、何書いているかわからなくなってきました(^^;)。
今週のサカダイの鹿島記事を読んで勇気付けられ、やっぱりアウトゥオリ監督を
支持していきたいと思いましたよ。
選手達、特に青木・岩政らの言葉に監督への信頼と自信が見え頼もしいです。
とにかく試合中のシステム変更を選手達がくらいついてやってますからね。
自分でも何度か書いた通り今シーズンはじっくりこれから形ができてくるはず。
昨日いろいろ書いた攻撃面での課題を監督だけでなく選手達もわかっているよう
なのでその点をそれをこちらも期待しつつ見守っていきたい。

それにしてもガンバ戦の両サイドはご贔屓選手ばかり、それはそれで楽しかった。
まずイバと加地君。
去年の今頃は、加地君が鹿島に来て2人で最終ラインを築いてくれたらなあんて夢
を何度か描いてました。今思えばありえない話だったけど、でも鹿島にフィットしそう
な印象は今も変わらないな。

でそのかわりに入団してくれた篤人と家長。
家長は一昨年秋のU19合宿で見てました。確か選手権直前の慎三が怪我のまま
呼ばれ、誓志はボランチ・CB(!)を試されていたっけ。
そのとき家長は右サイドハーフだったと思うけど、その頃から結構応援している
選手です。
この2人のマッチアップは、往年の名良橋VSアレックス(三都主)を思い出し、今後
10年は楽しめそうな印象です。この2人、北京でラインを組むこともありえますよね。
そうそう、この2人を褒めるヒロミの口調から涎がたれてそうでした(笑)。

さて明日はナビ川崎F戦。何気に強豪、関塚さんに丸裸にされつつもアウトゥオリの
手腕を見せてほしいところです。また慎三の出番はあるでしょうか?

|

« 辛口・ガンバ戦 | トップページ | 行って良かったナビ川崎F戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/9537182

この記事へのトラックバック一覧です: 現地雑感とか:

« 辛口・ガンバ戦 | トップページ | 行って良かったナビ川崎F戦 »