« ヒロミジンクス終了 | トップページ | 辛口・ガンバ戦 »

2006年4月 9日 (日)

夢の島観戦

さて眠気に教われないうちに再度家を出て、昨日とはうってかわって陽光眩しい
夢の島で関東大学一部リーグの筑波VS国士舘戦、駒沢VS明治戦を見てきました。
4週間前のサテ東京戦時より遥かに暖かく日焼けしました。

筑波といえば、私的には野本君@鹿島ユース出身。今年度見るのは初めてです。
相変わらず色黒で野性味溢れる風貌。
パンフの「和製カフーは二年目ですでにベテラン」とのコピーどおり、確かにやんちゃ
風だった昨年より大人っぽくというか余裕が感じられるようになったかな。
でも試合前の練習では笑顔満開でこの辺雰囲気は変わらないね。
#日大へ進んだ滝川君のコピーは「和製ロベカル」でした。なるほどねえ。


昨年鹿島トップに一番あがってほしかった選手だけに右SBとして篤人とプレーを
つい比べたりしてたんですが。
野本君はもともとCBだっただけに、守備面に秀でているタイプだと思う。
それと、ロングキックは健在でした。このへんは徳永に似てるんじゃないかなあ。
篤人ほどのスピードや攻撃センスはないかもしれないけどいざとなれば馬力で押して
くる。CKでのヘッド以外に右からFKも蹴ったりする。

ただ残念なことに、今日はたぶん彼がペナ内のファウルを犯しPKを与えてしまうい、
追いつかれる。
その後2-2のままのロスタイム、筑波セットプレーで目の前に来たボールをちょこ
んとヘッドで押し込めばよいところをどかんと打ち上げてしまい頭を抱えてました。
このまま試合終了、引分けに終わる。
対人でパワフルなあたりや相手とのやりとり等見てて目が離せないシーンが結構
あるんですよね。地味ながら見ていて楽しい選手だと思います。
#3年後は鹿島には帰ってこないかなあ・・?
 筑波とのパイプが最近太い清水で市川の後継者とか・・・!!??
 (あくまでも勝手な妄想です)

そうそう、国士舘には篤人とU17時代一緒にプレーしてた藤枝東出身の中村選手
が一年生ながらFWで先発。決定的なシーンは作れなかったけど、ガタイが良くボ
ールに結構からんでました。


第二試合はやはり駒沢の三栗君@鹿島ユース出身と原・巻コンビが気になる。
三栗君は3年前のU20合宿@読売ランドで見たのが最後かな。
風貌は年齢よりずっと落ち着いているんだけど、コーチングはすごかったな。
飛び出して最終ラインのリベロ状態になるのはソガ譲りか。
残念ながらファンブルしてしまい失点。相手FWにGKをぶつける危ないシーンも
あったけど後はだいたい落ち着いていた。
原君はサイドのスピードスターのイメージだったけど、今日はボランチからのロング
フィードやら長い威力のあるスローイン等、中後みたいな一面も見せていた。
後半途中で交代、あまり良い出来でもなかった。でもさすがという面も見せてくれた。
駒大が後半終盤押し込んで最逆転してそのまま2-1で勝利。

ハーフタイムに清雲氏を見かけました。大宮は誰を狙っているのだろう?
兄に続き巻弟にも行くのかな。
他のスカウト陣は見かけないなあと思ったら試合終了後椎本さんを見かけほっと
一安心。ウチは原君にいってるのかなあ・・?  深井・中後コンビ、頑張れ(笑)。

|

« ヒロミジンクス終了 | トップページ | 辛口・ガンバ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/9508919

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の島観戦:

« ヒロミジンクス終了 | トップページ | 辛口・ガンバ戦 »