« 一筋の光 その2(サテFC東京戦) | トップページ | 名古屋戦@豊田スタ »

2006年3月16日 (木)

若手好き用昨日午後練見レポ

昨日15日午後、今年初めてクラブハウスへ練習見学に行ってきました。
名古屋戦のメンバーが気になっていたのですが、どうやら午後練習は今後は若手
のみの参加でいくようですね。
(携帯オフィシャルやスポ新でちらっと情報流れていたので薄々はわかっていたけど)
となるとトップ練習は午前中しか見られなくなるんかいな(残念)。

着いた時にはすでに練習は開始、メンバーは首藤・後藤・吉澤・山本・興梠・大道・
田中・佐々木の8名でまさに(増田・内田篤を除く)U22メンバーでした。
見学者は鹿ガーデン内を含めて30人くらいかな、平日とはいえ少ない・・・

最初は、ボールを運ぶ練習。
AがBに渡し、Bは前にいるCにはたき動きながらワンツーを受ける。
これはBが重要と思うけど、もう少し最後まできちんと走ってうける練習をしてほしい
なんて素人ながら思ってしまった。
走りながら受けるのって練習であまりやってないのか皆さほどうまくなかったような。

その横ではセンタリング練習。
全員右ききからか左からのクロスは右よりも皆ヘタかな。
でも皆左足でクロスをあげてました。竜太が右からのクロスではうまかったかな。

その後は、三対三でボールを奪って攻守切替の練習。
慎三がうまくボールカットしては前に走りこみながら巧く出していた。サテ戦でも
二列目の守備がうまくなったと思ったけど練習の成果が出ているのかな。

最後はベンケイを置いてのFK練習。
とにかく大道君がうまくていきなり連続3本決め、両手ガッツポーズで喜びを表現。
一方イケテなかったのが慎三で、半分以上がベンケイ直撃の殺人キック(爆)。

選手同士の雰囲気はというと、康平は一人黙々と。
他のメンバーではヤマタクと慎三、よっしーと圭太の仲のよさや大道君のとけこみ
方が印象的でした。

サテで対戦したFC東京系某サイトを見ていたら、ウチと同じような悩みを抱えて
いるようですね。
ポゼッションサッカーを標榜し今野・梶山・伊野波の若い3名で鹿島がついに
モノにできなかったトリプルボランチをやろうとしてるけど、そうは簡単にいくわけなく。
ポゼッションサッカーはパス受け手と戦術が大事。パスは手段で目的でない。
トライアングルを意識しながらいかに動きながらうまく受けるか。
---といったサポの意見が素直に勉強になったりします。
サテ戦ではアウトゥオリ・ガーロ対談が見られたんですが「お互いこれからだ」
なんて言いあっていたんでしょうか・・・?

アウトゥオリ監督のいくつかの発言から、攻守の切替の早さ・動き出し・サイド攻撃等
課題は把握しているようで、若手にも一貫した指導があるのだと思う(信じたい)。
まあ、これからですよね。

以上、名古屋戦メンバーは全くもってわからないままの見学でした。

|

« 一筋の光 その2(サテFC東京戦) | トップページ | 名古屋戦@豊田スタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/9118168

この記事へのトラックバック一覧です: 若手好き用昨日午後練見レポ:

« 一筋の光 その2(サテFC東京戦) | トップページ | 名古屋戦@豊田スタ »