« こちらもデビュー | トップページ | 一筋の光 その2(サテFC東京戦) »

2006年3月13日 (月)

一筋の光 その1(2節横浜戦)

昨年11月に続きまたもやマリノスに完敗。


前回は満男、今回はソガが不在。ベストメンバーではなかった。
とはいえ、またもや力の差を大きく感じる。
今回はブラジル人の差とチーム熟成度の差がモロに出たように思う。
マグロン、素晴らしいボランチですなあ。終盤には満男があしらわれてたっけ。
#ウチにも欲しいよ、スーパーボランチ(切実)

今朝オサスナVSバルサ戦をWOWOWで後半途中まで見たけど、オサスナの守備も
マリノスのように最後まで徹底して早い寄せと囲いこみができていた。
こういう約束事を徹底させるにはやっぱり時間がかかるんでしょうね。

昨年11月の書き込み(「完敗・・・でもまだわからない)を読みかえしてみたんだけど
タイトル含めデジャブーですなあ。



以下、箇条書きに。

・あの寄せの早さ(鹿島こそやるべき)に対抗するには、回りがもっとボールを呼び込
む動きを見せてワイドにボールを展開させるとかドリブルしながらパスするとか、とに
かく 動かなけりゃマークされ、ハイ、終了となってしまうのだよ。
青木・増田の若いボランチ陣が思い切ったことできずすぐにマークされている満男に 
出したりもたもたして後ろからかっさわれたり、うーん・・。あれで青木はキョドリだし
ちゃったように思う。#第2戦にして早くも「青木ぃ、しっかりしろー」を言ってしモタ(ーー;)
監督の言うことをまず聞いて果敢にいってほしいよ、2人とも若いんだから。

・最悪だったのは、やっぱり小澤とイバ。
イバー、7番着ている私のためにももっと集中してくれよぉ。
それと逆サイドの新人君の思い切りのよさを見てほしいよぉ。
回りとはあわないわ、ハユマに抜かれたあの守備は何たることだ(怒)。
小澤については・・・。これが限界なんでしょうか。

・一番の敗因は深井を使わなかったことでしょう。その点では采配ミス。
広島戦の時にも書いたけど深井がいないとまず中盤の守備が崩壊する。
やっぱり広島戦とメンバーを変えない方が良かったと思う。
彼は、プレッシャーのキツイ中相手を嫌がらせる動きができ、守備へ切替っても
しつこくしつこく追いまわせる。コースを切るだけの消極的守備ではなくもっともっと
アグレッシブな守備ができるんですから。
気持ちでも負けてないから最後までハードな戦いをできるはず。
本山はやっぱりFWで使うしかないと思う。またはスーパーサブでいってくれ。

・広島戦のメンバーから唯一変わったアレックス。
コンディションもまだまだながら、どうもヤナギとあってないような遠慮しているような。
最後まで引っ張る必要はなかった。

・岩政は篤人のカバーに追われていたかもしれないけど、簡単に抜かれすぎ。

・広島戦からだけど相手CK時に3名残してますね。ヒロミと同じで嬉しい(笑)。
コボレ球からのカウンターはどんどん意識してください。

・最後のイエローモノの遅延を含め、むかつくのはやっぱり松田。
中沢二人してガンガンあがるのにも腹立たしいーー。
リードしてDFがあがるって、要は鹿島FWは怖くないからほっとけって言われてる
ようなもんでしょ(現に栗原には大口叩かれてしまった)。
  DFがあがってる時こそ素早くボールを奪ってカウンターを仕掛けたら可能性も
あったのに、それもあまり意識してる様子はないように見えた。

あれよね。
きっと2000年CSでマリノスは鹿島に対して同じような悔しさを味わった
んでしょうね。今は力関係が逆転してるけど次の対戦では必ず勝ってやる~。

さて。
タイトルの一筋の光といえば、大岩の奮闘と何といっても篤人君ですね。
ドゥトラ・マルケスの強力おじさんブラジル人相手に腰が引けたりせず、特にドゥトラ
には3点目を除けば決定的なことはあまりさせず、逆に果敢にあがりドゥトラを下げ
させるシーンが多かった。
前半唯一の決定的シーンも誓志?からのパスを受けた彼の果敢なアガリから。
もう唯一の攻撃の起点になってた。
守備でもドゥトラに抜かれた後加速し追い越してラインにボールをきったプレーは
賞賛できる。何せ17歳がやっちゃうんだから。
彼のアガリはナラの時と同じように「キターーーーー!」と叫びたくなる。やっぱり
俊足っていいなー。
もちろん、回りのカバーがあってだろうけどこれから組織的な守備連携を覚えれば
もっともっと成長できるはず。ホント彼だけは楽しみです。

癒されたくて、翌日は夢の島のサテFC東京戦へ。こちらは後ほど。

|

« こちらもデビュー | トップページ | 一筋の光 その2(サテFC東京戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/9059058

この記事へのトラックバック一覧です: 一筋の光 その1(2節横浜戦):

« こちらもデビュー | トップページ | 一筋の光 その2(サテFC東京戦) »