« 長い話ですが、広島戦 | トップページ | 一筋の光 その1(2節横浜戦) »

2006年3月 8日 (水)

こちらもデビュー

開幕デビューを果たしたのは、内田篤人君だけじゃない。
私の今シーズンユニレプリカも広島戦で無事?デビューしました。
(シーズンチケの方はホーム開幕戦で受け渡しと思ったけど、 SOCIO会員なので
何とか第一節前日に自宅に届き、何とか間に合った)

SOCIO3年目にして初めてサインつきユニを12番以外を選択。
というか、鹿島観戦歴9年目にして初めて12番以外のレプリカを手にしたのでした。

12番以外を選択したこと自体恥ずかしくて、しかもいかにも私ならではの8番では
ないから仲間に意外そうに言われるのが気恥ずかしくてねー。
寒さもあってレプリカの上からジャケットを着込んだまま試合開始しちゃいました。

ところが、該当選手が空回りし始めたので思わず度胸を決め(笑)、ジャケットを
脱いだところ、仲間より

「左袖にタグが着いてるよ」

とのさっそくのご指摘が。

うわ~、ごっつハズカシすぎる~~~。

慌ててバッグから眉毛切りを取り出し(持ち歩いてるのかよ)、タグをカット。

ハーフタイムには
「えー、意外。何で何で?」
「彼のことは応援してないのかと思った」
なんて言われ放題。

そのー、何というか。
昨年最終節終了後の涙流していた姿を見て
「よっしゃ、来年こそ優勝しよう。応援すっからねー」
なんてひしひしと決意しその勢いで申し込んだ次第で。
その後天皇杯大宮戦の出来が悪くて番号変更しようかと思っちゃったけど(爆)、
それはとどまりました。








----その番号は、7番。

もともと彼の持っている雰囲気(一見ぶっきらぼうだけど関西ノリで面白くちょっと
兄貴風)が好きな選手ではありました。
俊足なところとソガを助けるゴール前での気迫ある守備とかもね。
ただ、クロスの精度(ーー;)や持ちすぎ君のところとか、集中を欠いたりするところには
何とかしろーーーってよく叫んでるんですけどね。

実は、生え抜き選手をことさら贔屓するのはあまり好きじゃなく、逆に鹿島に来てくれ
た選手こそ応援したいなんて思っちゃうところがあって(へそ曲がりだね、きっと)。

結局は心意気を感じる選手を応援したいんだろうな。
だから、イバ・深井・大岩・岩政らを応援したくなる。
逆に青木・誓志・慎三みたいなタイプにはやきもきさせられるけど、
「もうしょーがないなあ」
と母になっちゃうわけだわね。




ついでに、自称母一杯選手(笑)一号のヤナギのこと。

ヤナギって昔は隆行と一緒に本田組だったし秋田・ナラ・相馬・ハセら先輩に可愛が
られているイメージが強い選手だった。
でも今シーズンはヤナギより年上は本田(今シーズンも元気に現役!)ナラ・大岩・
小澤だけ。
同い年で仲良かった池ちゃん・平瀬も、親友の隆行も今はいないのよね。

今度はヤナギが若い選手達を引っ張り上げる番ですね。
プレーで日ごろの言動で、くれぐれもよろしくお願いしますよ。

|

« 長い話ですが、広島戦 | トップページ | 一筋の光 その1(2節横浜戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/9001780

この記事へのトラックバック一覧です: こちらもデビュー:

« 長い話ですが、広島戦 | トップページ | 一筋の光 その1(2節横浜戦) »