« 一筋の光 その1(2節横浜戦) | トップページ | 若手好き用昨日午後練見レポ »

2006年3月14日 (火)

一筋の光 その2(サテFC東京戦)

サテ戦の前に、今シーズンホーム開幕戦での試合以外のことも触れてみます。

横浜戦でのお楽しみは、やっぱり食の殿堂鹿スタグルメ。
まずうなとろ丼温玉つき¥1,100。
うなぎなしのとろろ温玉丼が¥600であの大きさの鰻プラスで500円アップは高い。
次回は鰻なしにしようっと。温玉はウマイ。半熟好きにはタマランです。

これが呼び水でさらにお腹がすき、次はたこめし弁当¥680なり。
たこが柔らかくって量もあり飽きずに食べられる。
もう4回目くらいだけどこのお弁当はマジお勧めです。
昨年のレッズ戦では妹も気に入り、今回は頼まれてお土産に買って帰ったくらい。
#友人によるとキムカツも美味しい(私は豚肉がダメなのでパス)けど、同じ¥680
 ならたこめしの方が満足度が高いそうな。
その後ゴール裏のステーキ串も食べさすがにここでお腹一杯(食いすぎっちゅーの)。

選手紹介フィルム。今年は刀オンパレード、武士道を意識したのかしらん。
ちょっと笑っちゃうような。
あれって日本文化に触れたいアウトゥオリ監督の嗜好が入っているのかな。
まあ去年の宇宙船を見た時の笑撃よりはマシか。
なお、今年も去年と同じメインSOCIO席。前の方が変わりました。
試合前のセレモニーの選手お子様品評会(笑)では大岩さんお子のラブリーさと
各奥様方の美しさに見とれてました。
今シーズンはセレーゾの飛び出しが見られないのは少々淋しいけど、アウトゥオリも
時々出てきては指示しいたと思う。
録画はまだ見てない(見ないまま名古屋戦になりそう)けど、試合が進むにつれ怖い顔
になっていったってホント?


さて翌日12日、強風吹き荒れる夢の島へ。これで遂に花粉症になった(気がする)。
家を出るときはうららかなお天気につられ薄着で来てしまい大失敗。
新木場までは有楽町線で一本なんだけど途中某駅付近でビニール袋が架線に触れ
撤去作業に30分近くかかり遅れました。(13時開門なので何とか間に合った)
京葉線も強風の影響で遅れてましたね。

夢の島でのサテ戦は3年ぶり。FC東京とも3年ぶりに同グループ(B)ですね。
あとは山形・草津・新潟と遠いところばかりだから貴重なアウェイ戦。
#ホーム成田・ひたちなかも充分遠いけどね。

ユースメンバーがイタリア遠征中らしく、ベンチを含め総勢13名のみ。
鹿島はサテを若手育成の場としているからね。
でもフェルなんかも試合勘を取り戻す意味で出ても良いかもなあ。
東京はジャーン・藤山・三浦フミタケ・宮沢・浅利・阿部ヨシローと代表不在のナビスコ
メンバーのような豪華な布陣。
さらには磐田から移籍してきた川口までいる。
彼だけはどうも特別視してしまうのは水色ユニ姿が透けて見えてしまう鹿サポの性。

前半は阿部ちゃんが一対一を二度ほど外してくれたのはホント助かった。
ライン高め。要所要所でハネが一対一を頑張って防ぎ前へ出していたのが印象的。
鹿島の方は前半はなかなか厳しくシュートまでいけなかったけど、後半から徐々に
ボールも奪えるようになっってきたと思う。

後半右サイドで抜け出た慎三があげたドンピシャのアーリークロスを
田代がDF2人の間をぶち抜いてのゴール。ファインプレー2つが重なった。
田代はその直前?に見事に空ぶってくれたけど、これで帳消しに。
このチームでは彼が何と言ってもエースですからね(^^)。
でも、ボールが来ないと下がってボールをもらって二列目っぽいこともするんだけど
それは慎三・大道君にまかせた方が良いんじゃないのかと思ったり。

慎三もここから俄然元気になった。
去年よりも守備がしつこく突いて数回ボールを奪ったりいやらしくできた。
監督の指導でしょうかね。田中達也もよくこういうプレーするよね。
その分スピード突破はほとんどなく見せ場あまりなく。
成功率は置いてもスルーパスはよく出してたけどね。

大道君はどちらかというと前目でシュートを放ち攻撃にアクセントをつけてました。
中後は右SBを無難にこなしていた。プレースキックはさすが。石川よりも良かった。

最大の注目は、やはり名古屋戦に杉山・石川がイケるかどうかなのですが、
杉山へいけるかなあと思う。
相手が外しまくっていたとはいえ、一対一を綺麗に止めたりもしてたしね。
宮沢からのFKからジャーンに決められたのはついていたDFに責任あり・・かな。
石川はどうだろう。
見せ場らしい見せ場はなく無難なレベルだったように見え。
やっぱり守備が心配な点、イバに気合入れてもらうしかないのでは・・?

あれ? 何が一筋の光なんでしょ?
えーっと、田代ゴールと杉山がいけそうなことかな。
それと、半一軍の東京相手に引分けられたことね。その点は素直に誉めようかと。

やたらとファウルの多かった藤山は某サイトによると花粉症らしい。なるほどねー。
川口は再三サイドを駆け上がったりイヤらしく動いていたけど、シュートは大丈夫と
安心してしまってるのはやはり水色時代が浮かぶからか・・・!?
ヒロミチルドレンのはずの馬場憂太がこんなところに?と思ったけど、まだ本調子では
ない様子。

試合終了後は両チーム選手がいろいろと雑談してました。
杉山・塩田のユニバGKコンビ、また田代&栗澤とか。
(中後・赤嶺の駒大先輩後輩コンビは見損ねた)。
それと奥野コーチと藤山が親しげに話していたけどどこで接点が?C級ライセンス?

着替えが終りバスに引き上げる両チーム選手達に話し掛けサインを求める両サポ。
なごやかで良い雰囲気でした(ジャーンと阿部ちゃんにサインをもらったのはナイショ)。
年配者が多い(失礼!)からか東京の選手の方がにこやかに応対がきちんとしている
ようでした。(小平に数回通ったときもそうだったっけ)
フミタケのフレンドリーな雰囲気はさすがです。後輩石川も見習ってね。
ウチの選手達では大道君がユースマニア達の期待を背負って一番人気だったかも。
次は成田で山形戦。古巣相手に康平の活躍を期待してますよ。

|

« 一筋の光 その1(2節横浜戦) | トップページ | 若手好き用昨日午後練見レポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90395/9071791

この記事へのトラックバック一覧です: 一筋の光 その2(サテFC東京戦):

« 一筋の光 その1(2節横浜戦) | トップページ | 若手好き用昨日午後練見レポ »